西菱電機、トランシーバーアプリ「Transceiver」の提供開始

西菱電機株式会社 2018年07月25日

From PR TIMES

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、『Seiryo Business Platform(SBP)』の現場コミュニケーションサービスの第三弾として、携帯電話アプリケーション「Transceiver(トランシーバー)」を2018年7月25日(水)より提供開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]



■サービス内容
 Androidスマートフォン(5.1以降)に対応しておりますので、現在ご使用しているAndroidスマートフォンにインストールすることで初期投資を抑えることが可能です。
 機能としては、一斉通話、グループ通話、マルチ(複数)グループ通話、個別通話などの基本機能に加えて、強制通話、地域通話、近隣通話、マンダウン、一人安全サポート(Lone Worker)、音声モニター、録音、位置情報などのプロフェッショナル機能も備えており、堅牢型スマートフォンにインストールすれば過酷な環境下の業務でトランシーバーをご利用されているお客様にも最適です。また、インストール済みのアプリ、インターネット、外線電話もそのままご利用できます。
 利用方法としては、利用端末の接続制限(セキュリティ対策)によって許可した協力会社をグループに追加して通話することも可能です。
[画像2: (リンク ») ]


■利用例
 運送業、タクシー、バス、建設業、メンテナンスなど、音声ですぐに連絡を取り、指示を出すようなシーンに最適です。
[画像3: (リンク ») ]


*DURA FORCE(R)は京セラ株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]