株式会社FIELD OF DREAMSが、経済産業省「未来の教室」実証事業「学びと社会の連携促進事業」)の事業者に採択

株式会社FIELD OF DREAMS 2018年07月25日

From PR TIMES



NEWS RELEASE

2018年7月25日
株式会社FIELD OF DREAMS

 株式会社FIELD OF DREAMS(代表取締役社長:山羽教文)は、この度、経済産業省「未来の教室」実証事業(平成29年度補正予算「学びと社会の連携促進事業」)の事業者に採択されました。“遊び”かつ“ゲーム”であるスポーツのワクワク感を活用し、子ども達の「主体的・対話的で深い学び」に繋げるプログラム(教材、手法)開発を行います。今回、その一環として、東京都千代田区にて「タグラグビー×数学・プログラミング」ワークショップを開催いたします。

~「未来の教室」実証事業の概要~
2018年1月~6月に開催された『経済産業省「未来の教室」とEdTech研究会』での議論内容を踏まえた「未来の教室」(新しい学びの社会システム)を具現化するために必要となる新たな教育プログラム・手法開発を実証します。実証を通じて、成功例または成功に繋がる足掛かりを創出するとともに、開発・運営にあたっての課題を抽出し、解決の方向性を見出すことを目的としています。

(※経済産業省プレスリリース: (リンク ») )

~採択事業の概要~
“遊び”かつ“ゲーム”であるスポーツのワクワク感(うまくなりた、勝ちたい)を活用し、子ども達の「主体的・対話的で深い学び」に繋げるプログラム(教材、手法)を開発します。今年度は「2019年ラグビーW杯日本大会開催」に因んで、タグラグビーを中心に、小・中学生向けのプログラム開発を実証し、来年度以降、競技や対象者の領域を拡充しながら多様化を図ります。スポーツシーンにおける問題解決を支援する新しい学びの場として、“STEAM×SPORTS”教育の実現を目指します。

(※STEAMはScience、Technology、Engineering、Art、Mathematicsにフォーカスした横断的教育で、これからのAI時代に求められる問題解決力やクリティカル思考、創造力を実践的に養う方法として世界的に注目されています)

▪︎事 業 名:未来の教室実証事業
     (平成29年度補正学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」学びの場創出事業))
▪︎事業内容:スポーツのワクワクから学びへの連結(❶タグラグビー×数学・プログラミングの
      プログラム実証、❷陸上×物理・生物のプログラム実証、❸将来的な多様化の検討)
[画像: (リンク ») ]



~ワークショップ概要~
▪︎名  称:「タグラグビー×プログラミング」ワークショップ(経済産業省「未来の教室」実証事業)
▪︎対  象:小学校5年生~中学校2年生(先着40名)
▪︎日  時:2018年8月5日(日)13:00~17:00、8月6日(月)10:00~17:00
▪︎会  場:千代田区立麹町中学校
▪︎費  用:無償
▪︎主  催:STEAM×SPORTS事務局(株式会社FIELD OF DREAMS)
▪︎協  力:千代田区立麹町中学校PTA、Social Sports Park
▪︎講  師:中島さち子(株式会社steAm)、田中香津生(東北大学)、石川安彦、五郎丸歩
▪︎詳細情報:五郎丸オフィシャルサイト( (リンク ») )にて公開

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]