AWSコストを日本円で管理できる!AWSのコストマネジメントツール『Mobingi Wave』が為替レートに対応。

モビンギ 2018年07月25日

From PR TIMES

クラウド構築・運用自動化サービスの開発をしているモビンギ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Wayland Zhang)は、AWSのコストマネジメントツール『Mobingi Wave』を7月25日にアップデートし、AWSコストを従来のドル建て管理に加え、新たに円建てでも管理できるように対応いたしました。コスト表示を日本円にも対応したことで、AWSコストをより直感的に把握できるようになり、経理処理にともなう煩雑な作業を削減できるようになりました。



プロジェクトごとにクラウドのアカウントをつくることが、クラウド活用の主流になっています。その一方で、アカウントの管理や、プロジェクト単位での正確なコストの計算はとても煩雑になってきており、管理会計を導入する企業にとって、クラウドコスト把握のための工数は膨らむ傾向にあります。

Mobingi Waveは、AWSにおける複数アカウントを一元的に管理し、コストをプロジェクトや任意のタグ単位で正確に分類することを可能にします。そのため、インフラエンジニアやインフラ部門の経理担当者のコスト管理や、経理処理にかかる負荷を大幅に軽減します。

今回、日本円でのコスト管理が可能になったことで、毎月の為替レートの変動によるコスト計算作業を自動化し、ドル建てのコストと円建てのコストが一元的に管理できるようになりました。

Mobingi Waveのダッシュボードは、すべてのアカウントの使用状況を横断的かつ、柔軟に可視化する機能を提供し、管理会計のために必要な、プロジェクトごとの正確なコストマネジメントをサポートする次世代のコスト管理ツールとして今後も開発を進めてまいります。


■開発の背景

組織内で複数のAWSアカウントを利用している場合、AWSの請求管理画面上ではアカウントごとの各インスタンスの利用金額を正確に把握することは難しく、アカウント管理者はExcelや独自のツールを用いて複雑なコスト計算をする必要がありました。また、AWSの管理画面上では請求情報はすべてドル建てとなっており、コスト管理をする際には別途、日本円への換算をしなければなりませんでした。Mobingi Waveでは為替レートに基づいた円換算を自動化することで、従来通りのドルでも日本円でもコスト管理ができるようにアップデートをいたしました。


■Mobingi Waveの特徴

1.プロジェクト単位・リソースタグ単位での正確なコスト管理を実現

 直感的でシンプルなUIで、プロジェクト単位やリソースに付けられたタグごとにAWSコストを正確に把握することができます。
 複数アカウントを組織内で開設している場合、AWSの管理画面ではオンデマンドインスタンスとリザーブドインスタンス(予約による割引料金、以下RI)がブレンドされた状態でコストが表示されるため、正確なコストを把握するためには複雑なブレンドレートの解除計算を必要がありましたが、Mobingi Waveは自動的にインスタンスごとの正確なコストを計算することができるため、コスト把握のために費やしていた作業時間を削減することができます。


2.リザーブドインスタンスの運用を効率化し、コスト削減をドライブ

 RIの購入履歴や適応状況もMobingi Waveのダッシュボード上で管理することが出来ます。RI購入をしたプロジェクト単位で正確にコスト把握することができるため、過去のRI適応状況から最適なRIの購入ボリュームや購入タイミングを決定することができるため、RIの適応割合を増やし、コスト削減へと導きます。

 Mobingi Waveは現在、AWSに対応しておりますが、年内に他ベンダーの提供するクラウドサービスへの対応を予定しております。

◆クラウドコストを可視化し、コスト削減へと導く
コストマネジメントツール『Mobingi Wave』とは?
(リンク »)

◆『Mobingi Wave』の活用事例はこちら
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



【モビンギ株式会社について】
モビンギ株式会社は、エンジニアがより良いサービス、そしてより良い世界を作るためのサービスを提供するSaaSベンダーとして、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するサービスや、把握が難しいプロジェクト毎のクラウドコスト管理のサービスを提供しております。Open Network Lab 第9期および500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加し、2017年1月にはシリーズAラウンドでDraper Nexus Venturesとアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達。
モビンギはクラウドをもっと身近に、もっと便利にするために日々の開発を進めています。
モビンギは、APNアドバンスドテクノロジーパートナーです

[画像2: (リンク ») ]


URL: (リンク »)
会社名:モビンギ株式会社(Mobingi, Inc.)
設立:2015年1月
代表者:代表取締役 Wayland Zhang(張 卓)
本社所在地:東京都港区元赤坂1-3-9 K-Frontビル 5階
本件に関するお問い合わせ先
担当: 福岡
電話番号:03-5770-8190
メールアドレス:press@mobingi.com


Twitter アカウント
(リンク »)


Facebookアカウント
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]