編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

電子チラシサービス『Shufoo!』、ID連携サービスを開始

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2018-07-25 15:01

会員基盤を持つ企業と連携し、シュフーチラシアプリ上でポイント通帳や電子クーポン配信などを提供

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、会員基盤を持つ企業と連携して、シュフーチラシアプリの中で複数のポイントカード情報やポイント履歴の確認、電子クーポンなどが利用できるID連携サービスを2018年7月25日より提供開始します。
 本サービスの第一弾として、CCC マーケティング株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦 以下CCCMK)と提携、Tカード(※2)とのID連携機能の提供を開始します。




シュフーのユーザーIDと各ポイントカードサービスのIDを連携させることにより、利用者はシュフーチラシアプリ内で、1.ポイントカードの代わりに利用できるようになる「モバイルポイントカード」機能、2.ポイント履歴が確認できる「ポイント通帳」機能、3.連携先サービスのクーポンを利用してポイントをためることができる「電子クーポン」機能を利用できます。ID連携により、シュフーが持っている購買前のチラシ閲覧ログと、ポイントカード事業者が保有しているクーポン利用ログなどを組み合わせることが可能になります。これにより、凸版印刷として「来店前から購買後までをつなぐデータ」の検証に基づいた、新しいマーケティング活動の支援が可能になります。
[画像1: (リンク ») ]


今回、CCCMKと提携することで、シュフーチラシアプリを使ってID連携すると1.スマートフォンがTカードの代わりになる「モバイルTカード」、2.ポイント残高や利用履歴が確認できる「Tポイント履歴」、3.事前にTカードにクーポンをセットしてお買い物をするとTポイントが貯まる「Tカードクーポン」が利用できるようになります。
[画像2: (リンク ») ]


■背景
ポイントサービスに加入している生活者にとって、ポイントカードを持ち歩いたり、それぞれのアプリをインストールして管理する負荷は高いものでした。その課題を解決するために、シュフーは、ポイントサービス提供会社と連携。シュフーチラシアプリ内で複数ポイントカードを管理できる仕組みを生活者に提供します。
さらに流通などの企業はポイントサービスにより購買結果は把握できましたが、チラシ閲覧とは結び付かず、販促効果を把握することができませんでした。今回シュフーが持っている広告やチラシの閲覧などの来店前の行動データと、ID連携で集めたクーポンによる購買行動を合わせて可視化することで、より効率的なマーケティング施策を支援します。

■特長
1)生活者にとってのメリット
・お得なクーポンが、シュフーチラシアプリで利用できるようになります。
・ポイント管理などがシュフーチラシアプリひとつで簡単・手軽に行えます。

2)ID連携をするポイント事業者などのメリット
・買い物意欲の高いシュフー利用者による、ポイントサービスの利用増が見込まれます。
・チラシの閲覧やクーポン閲覧と、クーポン利用の状況をID連携により組み合わせることができます。来店前の行動から購買行動までを可視化し分析することで、より精度の高い販促施策につなげることが可能になります。

■今後の展開
他のポイント事業者との提携を推進し、2018年度内には3社以上の提携を目指します。

※1)「Shufoo!」について
凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20~40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,700法人、約110,000店舗が参加。PV数は月間3.8億PV、ユニークユーザー数は月間1100万(2018年6月現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC (リンク »)
・携帯 (リンク »)
・iPhone (リンク »)
・iPad (リンク »)
・Android (リンク »)

※2)「Tカード」について
全国にあるTポイントの提携先やインターネットの提携先で、179社887,402店舗でご利用金額に応じてポイントを貯める、使うことができる共通ポイントカードです。(2018年5月末時点)
1枚のカードで、さまざまなお店やサイトでポイントを貯めることができ、全国の提携先でカードがつくれます。

* 本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]