編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

OKB 大垣共立銀行パートナー会社 大垣正和サービスがクラウド型 VR 制作サービス「OKBVR」の提供を開始!アジェンシアが VR システムをOEM提供。

株式会社アジェンシア

From: PR TIMES

2018-07-25 10:20

株式会社アジェンシア(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:ジャン ピエール)は、OKB大垣共立銀行のパートナー会社である大垣正和サービス株式会社(本社:岐阜県大垣市)に、自社開発した VR 編集システムを OEM 提供・サポートサービス支援。大垣正和サービスでは、企業が自社で撮影した360°パノラマ写真を使い、VR コンテンツが自由に制作できるクラウドサービスを、「OKBVR」のブランド名で平成 30 年 7 月 24 日(火)より提供開始、VR の新規事業に参入します。



■多彩な顧客のニーズに幅広く応える「OKBVR」
大垣正和サービスは、OKB 大垣共立銀行のパートナー会社として、多様化・高度化するニ ーズに、幅広くまたタイムリーに応えるための施策を模索する中、今回の「OKBVR」による IT 導入支援こそ要望に応えうる事業として、新規参入を決断しました。
「OKBVR」の導入により、不動産、結婚式場、自動車販売、観光・レジャー、ショップ、学校などの分野で、「現場」に来なければできなかった「見学や体験」がその場で可能になり、ネット上では限界と考えられていた空間紹介、機能説明、商品比較なども、これまでにない手段で実現でき、企業のビジネス PR やサービス向上など可能性は無限に広がります。 VR 制作には、プログラムや専門知識は不要。エンジニアを雇用する必要もなく、顧客に提供する管理画面に、VR コンテンツを自由に自社制作することで、さまざまなビジネスモデルが可能になります。当初は、東海エリアを中心とした企業を対象に、初年度500アカウントの導入をめざしています。

[画像1: (リンク ») ]


OKBVRサービスサイト
(リンク »)


■VR 事業のミッションと顧客サービス追求の一致
アジェンシアは、「VR for everyone,everywhere.いつでも、誰でも、簡単に VR をつくれる世界へ。」を実現させるため「doit VR(R)︎」のシステムを開発しリリース。大垣正和サービスは、IT テクノロジーを活用した顧客サービスの新規事業を検討する中で、VR のマルチプラットフォームを展開しているベンチャー企業、アジェンシアと出会い、VR 事業への参入に興味を持ち研究・折衝、アジェンシアの「doit VR(R)︎」をベースとした OEM 提供と協業の合意に至り、大垣正和サービスが、アジェンシアより VR システムの提供、技術サポートの支援を受け、VR 事業に新規参入することになりました。
[画像2: (リンク ») ]


「doit VR(R)」とは
アジェンシアが提供する VR マルチプラットフォーム「doit VR(R)︎」では、以下の4つの VR機能が用意されています。それぞれ必要に応じた機能で OEM 版 VR プラットフォームの提供ができます。
[画像3: (リンク ») ]

1. 静止画パノラマVR プラットフォーム
これまでの写真では得られなかった空間の奥行きはもちろん、動画による表現も可能な VRが、専門業者や専門エンジニアに依頼することなく、簡単に制作できるクラウドサービスです。自社撮影した360°パノラマ写真を、管理画面からアップロードして、パノラマの移動設定や、説明画像、動画の表示、HP 誘導など、設定だけで簡単に公開できます。

2. VR 動画配信プラットフォーム
360°のパノラマ VR 映像をアプリやホームページなどでツアー形式のコンテンツとして簡単に公開できる、静止画パノラマ機能に動画の機能が組み合わさったクラウドサービスです。

3. VR ライブ配信プラットフォーム
イベントやコンサートなどの様子を360°VR 動画でリアルタイムに配信するライブストリーミングサービス。スポーツやライブ・コンサート、演劇、イベントなどの様子を360°VR 動画で、顧客の手元にあるデバイスに配信することができます。

4. オブジェクトVR プラットフォーム
商品を360°回転させて確認できるオブジェクト VR。ネットショッピングなど、ファッションやインテリア、家電の分野において、より具体的なサイズ感、表からは見えない裏側の様子、色・柄、質感などの情報が不可欠です。それを可能にするのがオブジェクト VR。回転テーブルに商品を載せて 1 周分の撮影をした動画、または回転コマ撮影をした写真を管理画面にアップすると、すぐにオブジェクト VR が完成します。

VR 事業の参入希望・OEM提供のご相談
アジェンシアでは、「VR for everyone,everywhere.いつでも、誰でも、簡単に VR をつくれる世界へ。」を、より広く実現させるため事業展開を進めています。今後、VR をもっとあなたの身近なものにするために、今回のような OEM 提供先をさらに拡大していきます。 新規に VR 事業を始めることにご興味をお持ちでしたら、アジェンシアのお問合せ窓口までご連絡下さい。

【株式会社アジェンシア 概要】
株式会社アジェンシア 「 (リンク ») 」は、doit VR(R)︎ 「 (リンク ») 」360°VR クラウドマルチプラットフォームの研究、開発を行っており、VR プラットフォーム開発事業、アマゾンAWSやGoogleクラウドソリューション導入支援事業、 ICT ソリューションズ全般の 3 事業部制のもと、バーチャルコンテンツ制作、アプリ開発、ウェブコンサルティング、ウェブマーケティングなどの事業を行っています。
先端技術開発チームが、日本、ロシア、レバノン、オーストリア、インドなどの国に在住し、グローバルネットワークを通じて共同開発を進めています。
360°全方位や超広角画像を用いた画像処理技術の研究・開発に実績を持ち、今回の OEM版 VR プラットフォーム提供を実現しました。

【doit VR(R)︎公式サイト】
(リンク »)

【doit VR(R)︎公式アプリ】
App Store
(リンク »)
Google Play
(リンク »)

お問い合わせ窓口
株式会社 アジェンシア
〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜一丁目10番9号 栄プラザビル7階
Tel 052-973-1881 Fax 052-973-1880
support@agencia.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]