編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【株式会社パスチャー】Instagram 「ブライダル・ウェディング」に特化したインフルエンサーPRサービスの提供を開始

パスチャー

From: PR TIMES

2018-07-26 10:01

ジャンル特化型キャスティング第2弾!「ブライダル・ウェディング」に特化したインフルエンサーPRサービス

株式会社パスチャーは、これまでのインフルエンサーキャスティングの実績から、特定のジャンルに特化した、より専門的なキャスティングのニーズに応えるべく、特化型キャスティング第2弾として、Instagramにおいて発信力のある「ブライダル・ウェディング」系のインフルエンサーによるPR支援サービスを開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]

<サービス概要>

今や検索のツールはGoogleにとどまらず、即時的な情報はTwitter、行きたい場所はInstagramといったように、各SNSへと広がりを見せています。
その中で、Instagramにおいて顕著な盛り上がりを見せているジャンルのひとつにブライダルがあり、#結婚式 は約520万件もの投稿があります。

#結婚式準備 だけでも116万件の投稿があるように、結婚式を挙げるとなった時に、"式場をどこにするか”、”どんな招待状にするか”、”どういった演出をするか”、”料理はどうするか"、、、、といった具合に、花嫁になる皆さんが検索するものとしては枚挙に遑がありません。
そんな中、たくさんのキレイな写真を撮る結婚式そのものが、非日常を映し出すInstagramとの好相性なジャンルであるため、たくさんの事例を参考にでき、なおかつ広告とは違ったリアルな結婚式の様子を見ることができることから多くの検索が行われています。

また、何ヶ月間もかけて大変な準備を行う結婚式を乗り越える上で、共感しあえるつながりを持てるのもInstagramの特徴です。その象徴的なワードとして、これから結婚式を挙げる「#プレ花嫁 (約351万件)」、結婚式を挙げられ花嫁を卒業した「#卒花嫁(約81万件)」が挙げられ、さらに「#プレ花嫁さんと繋がりたい(約18万件)」「#プレ花嫁diy(約3万7000件)」「#卒花嫁レポ(約6万7000件)」といったこれらのハッシュタグを通して、プレ花嫁同士は様々なつながりを持ち交流し、ひとつの文化を構築しています。
そのような盛り上がりを見せるブライダルのジャンルにおいて、多くの支持を得ているインフルエンサーによるPRサービスをリリースいたします。

[画像2: (リンク ») ]


Instagramを中心としたSNSにおいて、影響力のあるインフルエンサーにより多くのフォロワー(視聴者・読者)に対してPRを行います。

主に下記のようなPR手法(商材)が可能です。

1:商品サンプリング
 プチギフト ( お菓子、飲料、ジャム、お茶、キャンドル、石鹸、プリザーブドフラワー、ハーバリウム、歯磨き粉、バスグッズ、タオル、アロマワックスバー など ) 、diyグッズ、カメラ、アルバム、アプリなど)

2:商品体験
 フォトスタジオ*、ムービー製作、ヘアメイク、ネイルなど

3:イベントへの招聘
結婚式場*、結婚式イベント*など
--------------
*地域についてはご相談ください。


詳細なサービス内容、料金体系などはお気軽にお問い合わせください。
株式会社パスチャーについて
本社:〒150-0001 東京都港区虎ノ門1丁目-4-2
代表者:代表取締役 甲斐 優理子
設立:2016年6月7日
URL: (リンク »)
事業内容:インフルエンサープロモーションならびに画像解析データを基にしたマーケティング支援事業
電話番号:03-6426-5229
メールアドレス: info@pasture.biz

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]