編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Studio Ousiaとエクレクト、AIを活用したZendesk Chat向けChat botサービスの提供開始

株式会社エクレクト

From: PR TIMES

2018-07-26 10:01

株式会社エクレクト(東京都世田谷区、代表取締役:辻本真大、以下エクレクト)と株式会社Studio Ousia(東京都千代田区、代表取締役:渡邉安弘、山田育矢、以下Studio Ousia)は、Zendeskの新API(Conversations API)を活用したChat botサービスを国内で初めて開発、提供を開始しました。



近年、気軽に質問/回答が行えるChatサービスの導入は増え続けており、Zendesk Chatにおいても導入が加速しています。しかしながら、全てを有人で対応するChatサービスは企業への負担になるとともに、お客様がご自身で解決できるFAQ情報もスムーズに提供できていない状況でした。

そのような中、Zendeskご利用ユーザの皆様からも「日本語対応したZendesk Chat botサービスを利用したい」という声も頂いていたことから、Studio OusiaのAIエンジンであるQA ENGINEとZendesk Chatを連携させるソリューションを開発いたしました。

この連携により、一次回答をQA ENGINEで学習した回答にて自動回答することが可能になり、有人対応が必要な対応のみ、オペレーターに繋ぐといった対応が可能となります。

エクレクトはZendesk ChatウィジェットおよびQA ENGINEとZendeskの連携開発を担当しております。

■連携イメージ

[画像: (リンク ») ]


■QA ENGINEについて

「QA ENGINE」は、ニューラルネットワークや AI に関する世界最高峰の国際会議 NIPSで 2017 年に行われた人工知能間のクイズコンペなど数々の人工知能関連・自然言語処理関連の国際コンペティションで優勝歴のある Studio Ousia の世界最先端の自然言語処理技術を応用した質問応答 SaaS プロダクトです。現在、金融機関やクラウドサービス関連企業で採用が進んでいます。

URL: (リンク »)

■Zendeskについて

Zendeskは、優れた顧客体験を提供するためのカスタマーサービスとカスタマーエンゲージメントのプラットフォームを提供しています。Zendeskのプラットフォームは、スタートアップ企業、中小企業、成長企業さらにエンタープライズ企業のニーズに対応できる機能と柔軟性を備え、幅広い業種で採用されています。Zendeskは、125,000以上の有料顧客アカウントに30以上の言語でサービスとサポートを提供しています。サンフランシスコに本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米など15の拠点で事業を展開しています。
詳しくは下記URLをご覧ください。

URL: (リンク »)

■エクレクトについて

エクレクトは、Zendeskの導入支援並びに、アプリケーション開発を主な事業としています。Zendeskの導入支援・データ移行・テンプレートの制作、各種Zendeskアプリケーションの開発、既存システムとの連携など、多くのお客様に提供しております。クラウドサービスを専門に各業界で活躍したプロフェッショナルたちが、お客様のZendesk活用の成功に向けて支援いたします。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エクレクト マーケティング部
メールアドレス:marketing@eclect.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]