編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

DMMがベルギー1部リーグSTVVにおいてTHECOO株式会社とオフィシャルスポンサー契約を締結 「STVV×faniconファンコミュニティ共同プロジェクト」を発足 『STVVチャンネル』開設へ

合同会社DMM.com

From: PR TIMES

2018-07-26 11:01

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐孝憲、以下 DMM)は、DMMグループである株式会社STVV(本社:ベルギー シント=トロイデン、代表取締役社長 CEO:立石敬之、以下 STVV)において、THECOO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平良真人、以下 THECOO)とサッカー分野でのファンエンゲージメントとの最大化を目指し、「STVV×faniconファンコミュニティ共同プロジェクト」を発足いたしましたのでお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

■共同プロジェクトについて
THECOOが展開するコミュニティアプリ『fanicon(ファニコン)』のノウハウと実績を最大限に活かし、ファン同士の交流を図るグループチャットや、会員限定コンテンツなどSTVVの選手とスタッフとファンを繋ぐ『STVVチャンネル』の開設を進めます。今回のファンコミュニティ共同プロジェクトにより、コミュニティアプリを起点にユーザーとアスリートの距離を近づけ、ファンエンゲージメントを最大化し、ファンコミュニティの拡大と発展を目指していきます。

■faniconとは
faniconは、タレントやインスタグラマー・ユーチューバーなどのインフルエンサーの活動を、コアなファンと一緒に盛り上げていく会員制のファンコミュニティアプリです。
(リンク »)

また本共同プロジェクトを機に、THECOOはSTVVのオフィシャルスポンサー契約も締結しています。


■STVV(シント=トロイデンVV)とは

[画像2: (リンク ») ]

1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得。2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者に就任。5つの柱として、トップチームの強化・アカデミーの充実・新たな事業スキームの構築・スタジアムの拡充、IT導入による技術革新を掲げています。
2018年1月にアビスパ福岡よりU-21日本代表の冨安健洋選手、2018年7月にFCインゴルシュタット04から関根貴大選手が加入。


■会社概要
<合同会社DMM.com>
本社所在地 :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
事業内容 :インターネットサービス
代表者 :片桐孝憲
ホームページ: (リンク »)

<THECOO株式会社>
本社所在地 :東京都渋谷区神宮前3-25-15 神宮前テラス5F
事業内容  :会員制ファンコミュニティアプリ 『fanicon』の運営、インフルエンサーの価値を見える化する『iCON Suite』の運営、共感型フォトジェニック・アート展 『VINYL MUSEUM』の開催、YouTuberと企業を繋ぐ『iCON CAST』の運営、インフルエンサーマーケティングについて考える『RIPPLY』の運営
代表者   :平良真人
ホームページ: (リンク »)


■本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先
<合同会社DMM.com 広報部>
〒106-6224東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com
リリース: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]