編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

やりがいを感じている会社員は35%!『やりがい』は成長機会とオープンな組織文化で育つ!「社員意識と組織文化についての調査」結果発表

株式会社タバネル

From: PR TIMES

2018-07-26 12:01

~ 成長する組織に必要な文化とは~

(調査結果トピックス)
1.自分の仕事にやりがいを感じている会社員は35.6%
2.やりがいに大きな差がつく組織文化は「個人の成長機会」「情報のオープン共有」。一方「挑戦的」「トップダウン」には大きな差はない。
3.会社全体の目標と自分の目標を理解することが「やりがい」につながる。また、「やりがいの有無」は会社全体の売上向上に影響する。



株式会社タバネル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:奥田和広)は、全国の20~59歳の会社員(有効回答数177人)に「社員意識と組織文化についての調査」を実施したしました。

■自分の仕事にやりがいを感じている会社員は35.6%
全国の20~59歳の会社員177人に「自分の仕事にやりがいを感じている」に対しての意識を伺いました。
その結果、「大いにあてはまる」7.3%、「ややあてはまる」28.2%の合計35.6%の人があてはまると回答しました。
[画像1: (リンク ») ]


■やりがいに大きな差がつく組織風土は「個人の成長機会」「情報のオープン共有」。一方「上下関係」「トップダウン」には大きな差はない。
「自分の仕事にやりがいを感じている」に対して「大い+ややにあてはまる」と回答した人(以下、やりがいを感じている人)と、「どちらとも言えない」「あまり+全く当てはまらない」と回答した人(以下、やりがいを感じていない人)の会社の組織文化について伺いました。
「個人の成長機会が多い」「個人の成長機会が少ない」のうち、「多い」にあてはまると回答した割合は「やりがいを感じている人」が71.4%、「やりがいを感じていない人」が33.3%と差は38.1%でした。同様に「情報はオープンに共有」「情報はクローズに管理」のうち、「オープン」に回答した割合の差は、32.8%でした。
このことから、「個人の成長機会の多さ」と「情報のオープンな共有」が社員の「やりがい」を育てると言えます。
一方、「挑戦的な姿勢」か「堅実な姿勢」、「トップダウン」か「ボトムダウン」については、やりがいの有無で大きな差はありませんでした。
[画像2: (リンク ») ]



■会社全体の目標と自分の目標を理解することが「やりがい」につながる。また、「やりがいの有無」は会社全体の売上向上に影響する。
「会社全体の戦略、目標を理解している」との問いに対し、「やりがいを感じている人」は「大いにあてはまる」11.1%、「ややあてはまる」65.1%の合計76.2%があてはまると回答しました。
一方、「やりがいを感じていない人」には、「会社全体の戦略、目標を理解している」との問いに対し、合計16.7%があてはまると回答しました。このように、「やりがい」の有無で4.6倍の差がつきました
同様にさらに「仕事における自分の目標は明確である」に対しては、「やりがい」の有無で3.4倍の差がつきました。つまり、会社全体の目標と個人の目標の理解が、「やりがい」に大きく影響することが分かりました。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

さらに、「あなたの会社の直近3年の売上についてお聞かせください」との問いに対し、「増加傾向、どちらかと言うと増加傾向」と回答した割合が、「やりがい」の有無で2.2倍の差がありました。このように「やりがいの有無」が会社全体の売上向上に影響することが分かりました。


[画像5: (リンク ») ]


【調査概要】
調査名: 社員意識と組織文化についての調査
調査対象: 日本全国の男女 有効回答数177
調査期間: 2018年7月19日~2018年7月20日
調査方法: インターネット調査
=====対象者:属性詳細===================
有効回答n=177
[性別]男性n=104、女性n=73 [年代]20代(n=36)、30代(n=52)、40代(n=50)、50代、(n=39)
※調査結果の詳細は株式会社タバネルHP( (リンク ») )で公開しています
現在、当調査結果のリリースを記念して、自社の社員がどの程度「経営者の考えている方向性を理解している」かなどの組織診断を無料で実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


【会社概要】
会社名:株式会社タバネル
所在地:大阪府大阪市北区本庄西2-7-7 誠和ビル4階
代表者:代表取締役 奥田和広
設立:2018年6月
URL: (リンク »)
事業内容:組織マネジメント、OKR導入支援コンサルティング

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
株式会社タバネル サービス事務局
e-mail:service@tabanel-japan.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]