編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AI搭載ロボアドバイザーでおまかせ資産運用 THEO [テオ]「THEO+[テオプラス] docomo」おつり積立と、ドコモ口座連携の2つの新機能追加

株式会社お金のデザイン

From: PR TIMES

2018-07-26 12:01

「THEO+[テオプラス] docomo」がさらに便利に

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁、以下「お金のデザイン」)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)との協業サービス「THEO+[テオプラス] docomo」で、新機能であるdカードによるおつり積立機能と、ドコモ口座との連携をスタートしました。
これにより、「THEO+[テオプラス] docomo」では従来のdアカウント(R)でのログインや、運用中にdポイントが貯まるというメリットに加え、ドコモ口座での入出金、またdカード(R)でお買い物をしたおつりで積立投資ができるなど、ドコモのお客様にとってさらに資産運用が便利になります。



■新機能

1.dカード(R)利用のおつり積立機能で、コツコツ投資*

dカードでのおつり積立機能を設定すれば、ショッピングの都度、設定した金額に対するおつり相当額**を自動的に積み立て、運用することが可能となります。

[画像1: (リンク ») ]


例えば、100円を基準額として設定したユーザーが、dカード(R)で350円の買い物をした場合、おつり計算単位の100円を基準として100円×4=400円の差額の50円が「おつり」として積立されます。

*「おつり」分の積立金額については、dカードからの請求ではなく、お客様が設定した金融機関の口座からの引落しとなります。したがって、クレジットカードで投資ができるものではありません。
**100円単位/500円単位で設定したおつり相当額を計算し、お客さまが設定した金融機関の口座から「THEO+ docomo」の証券口座に入金し、毎月自動で積み立てる仕組みです。

2.ドコモ口座との連携で、資産の管理がカンタン、便利に

THEO+ docomoにおける証券口座への入金や、証券口座からの出金にドコモ口座を利用することで、毎回銀行から振込みを行う必要がなく、ドコモ口座からワンクリックで入金したり、 THEOで運用中の資産の一部をドコモ口座に出金といった連携が可能です。また「THEO+ docomo」の入出金手数料は無料です。

[画像2: (リンク ») ]


*「後払い」機能によるTHEO口座への送金はできません。また、ドコモ口座を毎月の積立口座として設定することはできません。

■提供開始日時
2018年7月26日(木)15:00

■ご利用料金
無料**

※ご利用条件など詳細に関しては、「THEO+ docomo」のサイト( (リンク ») )をご覧ください。
**「THEO+ docomo」における投資一任運用報酬は別途発生いたします。

■「THEO+ [テオプラス] docomo」について

[画像3: (リンク ») ]

ドコモの携帯回線をお持ちのお客さま(20歳以上)および dアカウント(R)をお持ちのお客さま(20歳以上)対象の、お金のデザインとドコモの協業サービスです。スマホで1万円からはじめるロボアドバイザーでおまかせ資産運用 THEO に、便利な機能が追加されています。
運用期間中、運用金額に応じてdポイントが貯まります。

サービスへのリンク
(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


*「dカード」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
*「dアカウント」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

■THEOについて

THEO のコンセプトは、「投資は、ロボが。人生は、あなたが。」 毎日を全力で生きるすべての人たちをサポートする、AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスです。年齢や現在な金融資産額などの情報から、ロボアドバイザーが、ひとりひとりに最適な、最大約30種類のETFからなるポートフォリオを提案します。1万円からスマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率・税抜き)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチです。20代・30代を中心に、運用者は4万5千人を突破しました。(2018年6月30日現在)

[画像5: (リンク ») ]


■THEO+ [テオプラス] について

お金のデザインが提供する AIを活用したロボアドバイザーTHEOと他社との協業ブランドです。金融機関、金融機関以外の企業との提携により、これまでの資産運用にとらわれない新たな価値を創造していきます。2017年4月19日よりサービスを開始し、現在、THEO+ docomoを始め、計18社の金融機関や事業会社と提携と提携しています。(2018年6月30日現在)

■THEOの名前の由来について

画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられました。

生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオでした。
「お金」を通じて、自分らしい生き方をサポートしたテオ。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい。私たちも、テクノロジーを駆使することで、すべての人にとっての「テオ」になれないか。そんな想いからTHEOと名付けられました。

■株式会社お金のデザインについて
名称    株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
確定拠出年金運営管理機関 登録番号775
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会
所在地   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長  中村 仁
事業内容  投資運用業、投資助言・代理業 / 第一種金融商品取引業、確定拠出年金運営管理業
URL     (リンク »)
設立年月日 2013年8月1日
資本金 / 資本準備金 3,240,221,662円/8,183,718,239円(2018年6月29日現在)

<手数料等諸費用及びリスクについて>
ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスTHEOは、投資一任契約により提供されます。
投資一任契約に関する投資一任運用報酬は預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。組入ETFの海外における売買手数料及び為替手数料ならびに取引所手数料等の諸費用につきましては弊社が負担いたします。なお、組入ETFにおいては、運用・管理報酬等、売買手数料等の費用を直接間接に負担していますが、これらの費用の合計額は銘柄、組入高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。
投資一任契約では主に外国籍の上場投資信託(ETF)を組み入れますので、組入ETFの価格変動リスク、信用リスク等のほかに為替リスク、取扱金融機関に係るリスク等があります。組み入れたETFの価格の下落、為替変動等により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。したがって、投資元本が保証されているものではありません。
ご契約にあたっては、契約締結前交付書面、契約約款等をよくお読みください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]