シグニファイ、スタジアム照明の最新機種を日本市場に展開

Signify N.V. 2018年07月26日

From PR TIMES

従来製品より軽量、低価格で、国際的なスポーツ大会の放送基準にも対応/「さいたまスーパーアリーナ」に導入し、最適な照明ソリューションを提供

照明製品の最大手であるシグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、日本法人を通じて、 スポーツ・エンターテインメント向けLED照明システム「Philips ArenaVision LED(フィリップス アリーナビジョン エルイーディー)」の最新機種(以下、本製品)の日本での展開を開始することを発表しました。また本製品は、日本の大規模なスタジアムとして初めて“さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)”に導入されます。



スタジアム照明は、選手、観客、放送業者、視聴者、施設オーナーなど複数の関係者に対して最適なソリューションを提供する必要があるなか、日本の主な施設には国際的なスポーツ大会をはじめとした照明の厳しい放送基準に満たないものが多くあります。また、8K放送などの高画質・高精細な映像への進化は、スーパースローモーション映像の際に照明のちらつきまで映し出すことから、高い水準の照明設備が求められるようになってきています。

照明のリーディングカンパニーである当社は、スタジアム照明を世界70箇所以上の大規模な施設に導入しており、厳しい放送基準に対応した照明ソリューションを多く手がけてきました。そうした実績をもとに、日本で開催される国際的なスポーツ大会を前に建設・改修を行っている施設に対して、最適な照明ソリューションを提供していきます。

本製品は、日本市場で展開している従来製品と比較して軽量化を実現しています。照明器具が約20%、電源設備が約50%軽量化したことで、施工時の負担や天井などに取り付ける際の 重量負荷を軽減します。また本製品を含む「Philips ArenaVision LED」シリーズは、世界中で導入が進んだことから量産体制が整い、従来製品よりも製品価格を約30%抑えることができました。その他、業界最多クラスの7つの配光特性の組み合わせによる質の高い照明環境の提供や、高い光束と演色性*1を両立して自然光に近い明るさを再現します。さらに放送で求められる照明の指標よりも高い値となるTLCI≧85を実現し*2、放送にも適した高品質な照明環境を 提供します。

また、国内の大規模スタジアムとして初めて“さいたまスーパーアリーナ”に本製品が導入されました。従来は水銀灯を使用しており演出に制限がありましたが、LED化と演出プログラムを組むことができるソフトウェア(DMX)の導入により、様々な照明演出が可能になります。

株式会社さいたまスーパーアリーナ 施設部施設課マネージャーの小峯将之氏は今回の導入について「フィリップスブランドのスポーツライティングシステムはLED器具を1台ごとに制御できるため、様々な演出が可能になる。また中継やテレビカメラを使用する際に8Kまでのカメラに対応している点も導入する理由として大きい。どのような演出ができるのか、色々とチャレンジしていきたい」と述べています。

今後も当社は、グローバル市場で培った知見やノウハウを活かし、高い品質の照明ソリューションを日本市場に提供していきます。

※シグニファイは2018年5月16日よりフィリップス ライティングの新しい社名となりました。日本では2019年初旬に変更を予定しています。


■「Philips ArenaVision LED」の特長
世界中の大型スタジアム70箇所以上で採用
「Philips ArenaVision LED」は2013年の発売以降、オランダのフィリップス・スタディオンをはじめ、イギリスのスタンフォード・ブリッジやイタリアのユヴェントス・スタジアム、エジプトのカイロ国際スタジアムなど、世界有数のスタジアム70箇所以上に導入され、高い評価を得ています。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

・さいたまスーパーアリーナ導入事例
(リンク »)

・オプタススタジアム(オーストラリア)参考映像
(リンク »)
(リンク »)

軽量・低価格
従来製品と比較して、軽量・低価格を実現しました。照明器具が約20%、電源設備が約50%軽量化しており、合計重量が約32kgになりました。施工性の向上による工期の短縮やコスト低減、天井などに取り付ける際の重量負荷を軽減します。
また本製品を含む「Philips ArenaVision LED」シリーズは、世界中で導入が進んだことから量産体制が整い、従来製品よりも製品価格を約30%抑えることができました。建設や改修などの際のコスト低減にも貢献します。

プレイヤーに配慮した照明環境
7種類の配光特性を組み合わせることで、フィールドをむらなく照らしながらも眩しさを抑え、プレイヤーに配慮した最適な照明環境を提供します。

業界最高水準の演色性*3
演色性が高く、自然光に近い光を再現します。スポーツ・エンターテインメント用LED照明としては、業界最高水準となるRa90を実現しました。

4K/8K、ハイビジョン撮影にも対応
国際的な試合を行なうスタジアムに導入するための放送規格やスポーツ連盟の推奨基準をクリアしています。照明の明るさの最大値と最小値の差異の数値(フリッカーファクター*4)は 公称値で1%未満*3のため、ハイビジョンはもちろん、4K/8K下におけるスーパースローモーション映像の際にも、照明のちらつきが気になりません。また放送で求められる照明の指標よりも高い値となるTLCI≧85*3を実現しており、放送にも適した高品質な照明環境を提供します。

プログラミングによる多彩な照明による演出が可能
照明制御の通信規格の1つであるDMX制御を標準対応としています。調光レベルも0%~100%まで制御でき、多彩な照明演出が可能です。またRDM(Remote Device Management)通信にも標準対応しています。


*1 演色性とはランプなど発光する道具・装置が、ある物体を照らしたときに、その物体の色の見え方に及ぼす光の性質を指します。
  自然光はRa100で表現され、それに近い数値ほど再現性が高いものとして評価されます。
*2 TLCI(Television Lighting Consistency Index)は、放送における照明の指標で80以上が必要とされます。
*3 シグニファイ調べ(2018年7月現在)
*4 シグニファイが用いている業界基準


シグニファイについて
シグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、プロフェッショナル照明、コンシューマー照明分野ならびにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野において世界最大手の 企業です。コネクテッド照明システム「Interact」やデータ通信可能なサービスなどフィリップスの製品は、ビジネス価値を生み出すことで家庭だけでなく、ビルや市街地での生活にも変化をもたらします。2017年の売上は約70億ユーロ、約32,000人の従業員を擁し、世界70か国以上で事業活動を展開しています。より明るい生活、そしてより良い世界に向け、照明が持つ無限の可能性を切り拓きます。シグニファイのニュースは、Newsroom、Twitter、LinkedInからご覧ください。投資家向けの情報は、Investor Relationsのページに掲載されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]