AIメディア「Ledge.ai」運営の株式会社レッジ、AIを使ったビジネスアイディア実現を支援する「AI Startup Studio」を設立

株式会社レッジ 2018年07月26日

From PR TIMES



AI特化型webメディア「Ledge.ai(レッジエーアイ)」の運営事業及びAIプロジェクトのコンサルティング事業を展開する株式会社レッジ(代表:橋本和樹、所在地:東京都品川区西五反田)は、この度、AIを使ったアイディアの実現に向けた起業、事業化を支援する組織「AI Startup Studio( (リンク ») )」を設立したことを発表いたします。

■AI Startup Studioについて
AI Startup Studioは、AIに関わるビジネスアイディアを持つ起業家に対して資金や人材・ナレッジを提供し、事業の育成・改善を行なう組織です。

新規事業開発には、取り組むべき事柄が多く、担当者がスキルセットを全て持ち合わせていることは稀です。AI Startup Studioでは、レッジがこれまでAIプロジェクトのコンサルティングで培ってきたナレッジや、AI特化型webメディア「Ledge.ai」・大型AIカンファレンス「THE AI」といったリソースをフルに活用し、スタートアップとしての立ち上げ、スピンオフやスケールに必要な支援を行ないます。

また、VCや新規事業立ち上げといった経験を数多く持つメンバーが、これまでの経験から新規事業の立ち上げ~グロースまでの各プロセスをパッケージ化。これにより、立ち上げやグロースに必要な様々なことを単純化・タスク化・自動化し、同時多発的に再現性の高い事業展開を可能にしました。起業家や新規事業担当者が本来やるべきことに集中できる環境を整え、スタートアップの成功確率を向上します。

[画像1: (リンク ») ]


通常、スタートアップを支援する方法としてアクセラレーターやインキュベーターがありますが、レッジはスタートアップスタジオという形を取りました。アクセラレーターやインキュベーターは、起業家に「外」から客観的なアドバイスをすることを得意としますが、スタートアップスタジオは支援する側も事業側に回り、自分たちで事業を一緒に成長させるという点で異なります。

■AI Startup Studio設立背景
インターネットやテクノロジーの飛躍的な発展により、市場競争のグローバル化や産業構造の変化が加速し市場の不確実性が増しています。このような状況下において、大企業も既存技術・既存事業の発展型である自社資源に依存した垂直統合モデルを取り、短期間で市場ニーズを満たす製品・技術を開発し、長期的に収益を上げ続けることが困難な状況に直面し始めています。

加えて流動性が高まることで、これまで社内に抱えていた優秀な人材やアイデア並びに技術の外部流出等の影響も受け始めると、いよいよ外部資源に頼らざるを得ない状況に追い込まれてしまうことが予想されます。また、スタートアップには人間らしい仕事と、機械的な仕事が混在しており、スタートアップらしいスピーディな行動力や問題認知・解決力、社交力といった人間がやるべき仕事に注力できていない状況があります。

AI特化型webメディア「Ledge.ai」の運営や、AIプロジェクトのコンサルティングを行ない多数の実績を残してきたレッジとして、このような状況を解決し、AIの社会実装を推進するため、AI Startup Studioを設立するに至りました。

■第一号案件は議事録自動作成・ミーティングアシスタントサービス「specify」
AI Startup Studioの第一号案件として、議事録自動作成・ミーティングアシスタントサービス「specify( (リンク ») )」をリリースいたします。

[画像2: (リンク ») ]


ビジネス上の音声データは、メールやSlackなどのチャットツール、Facebookメッセンジャーなどの各種ツール上でやりとりされるテキストデータに比べ、4倍以上にも及ぶと言われています。しかし、現在のビジネスシーンにおいてこれらの音声データのほとんどは失われてしまっているのが現状です。

[画像3: (リンク ») ]


specifyは、高精度の音声認識による議事録の自動作成、及び会話で「何について話しているか」を自動でタグ付けし、会議で話された内容・ネクストアクションの把握を容易にします。これによって、議事録という属人的な作業を人が行なう作業から切り離すことができ、より「会議の内容を充実させる」ことに集中できます。年内の早い段階に、各種コミュニケーションツールへのシェア機能なども実装予定です。

【株式会社レッジ概要】
株式会社レッジは、AI導入の現場の「発想と実装の間をつなぐ」ことを目的とし、AIプロジェクトのコンサルティングや、AI特化型webメディア「Ledge.ai( (リンク ») )」の運営、大型AIカンファレンス「THE AI」の運営などを行なっています。日々発表されるAI関連技術を、実際にビジネスの現場でどの程度、どのくらいの工数で、どのくらいの費用で活用できるのかという視点での情報発信、及びその知見を生かしたAIプロジェクトのコンサルティングによって、企業のスムーズなAI導入を助けます。

・会社名 :株式会社レッジ
・URL : (リンク »)
・代表者 :橋本和樹
・所在地 :東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田7F
・事業内容:AIに特化したメディア運営、AIプロジェクトのコンサルティング

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]