編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

堀江貴文氏主宰の新しい教育機関、ゼロ高等学院のプラットフォームにDMM オンラインサロンを採用

合同会社DMM.com

From: PR TIMES

2018-07-26 19:01

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐孝憲、 (リンク »)  以下DMM )は、SNS education株式会社(東京都港区、代表取締役:内藤賢司 以下SNSedu)が開校予定の「ゼロ高等学院(以下ゼロ高)」をDMMオンラインサロンで開始することをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

■公式サイト
(リンク »)


■ゼロ高とは
ゼロ高は、堀江貴文氏の「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」という発言をキッカケに、オンラインサロン最大級のコミュニティ、「堀江貴文イノベーション大学校 (リンク ») (以下HIU)」内から生まれた、座学ではなく行動を目的とした教育機関です。今回、ゼロ高のプラットフォームとして、DMMオンラインサロンが採用され、ゼロ高に入学した生徒は、HIUのオンラインサロン活動にも参加することが可能になります。


■ゼロ高の特色
ゼロ高の一番の特色は、机上の空論ではない実在の社会活動へ参加し、行動しながら学べる教育機関であることです。参加できる活動は、宇宙ロケットの開発・打ち上げ、和牛の生産、販売、寿司職人になるための技術や経営、ファッションやエンジニアリングなど多岐にわたり、第一線で活躍しているプロに学べる環境があります。
その他にも、オンラインサロン内で進行中の村づくりや、全国展開予定のシェアオフィスづくりなど、さまざまな分野の活動があり、主催・参加することが可能です。
また、既存の高等学校と教育提携することにより、在学中にあらゆる社会活動に参加しながら、通信制高校として高校卒業資格の取得が行えることも、大きな特徴の一つです。


■ゼロ高等学院の教育方針
ゼロ高では、行動のための選択肢と環境を提供します。なぜなら、自身の行動によってのみ、自分が本当にやりたいもの、人生をかけて関わりたいものが見つかるからです。そのために、多くの社会参画の機会を用意します。大切なことは自分でわかっていくしかない。それがゼロ高の教育方針です。

・主宰
堀江貴文
[画像2: (リンク ») ]


実業家。株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後の株式会社ライブドア)を起業。2000年東証マザーズ上場。現在はロケットエンジンの開発や、グルメアプリ「テリヤキ」、コミュニケーションアプリ「755」のプロデュース、また予防医療普及協会として活動するなど幅広く活躍。


・ 顧問
 成毛眞
[画像3: (リンク ») ]

書評サイトHONZ代表 / インスパイア取締役ファウンダー
スルガ銀行社外取締役 / 早稲田大学ビジネススクール客員教授 / 元マイクロソフ社長
1955(昭和30)年北海道生まれ。中央大学卒。自動車部品メーカー等を経て日本マイクロソフト株式会社入社、1991年同社代表取締役社長。2000年に退社後、インスパイア設立。早稲田大学客員教授ほか書評サイト「HONZ」代表を務める。著書に『これが「買い」だ』等。


・佐渡島庸平


[画像4: (リンク ») ]

 編集者/株式会社コルク代表取締役社長。1979年生まれ。2002年に講談社に入社。週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、などの編集を担当する。2012年に退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。


・菅本裕子
[画像5: (リンク ») ]

 1994年生まれ。元アイドルという経歴を持ちながら、“モテクリエイター”、“SNSアドバイザー”として活躍。タレント、モデルとしても、20代女性を中心にInstagramで紹介した商品が完売するなど、カリスマ的人気を誇る。全国的に開催しているイベント「ゆうこすモテ教室」や、自身のYouTubeチャンネル「ゆうこすモテちゃんねる」も話題沸騰中。


ゼロ高等学院責任者
・内藤賢司
[画像6: (リンク ») ]


 教育とITの架け橋を生業とする。ウェブサービスの企画立案、大規模プロジェクト統括から実装までこなすオールラウンダー。大規模システム開発を行う一方、子どもが生まれてから、人と社会の重要性に目覚め、週末は地域のお父さんお母さんと社会活動をしている。が、パワフルなお母さんたちから、もう少し働けと怒られている。若い人材の可能性が、環境の影響で摘まれてしまう世界を解決する為にゼロ高の責任者へ。サッカーとお寺が好き。著書に『Webエンジニアの教科書』がある。


■ゼロ高への入学方法
新入学は4月と10月に受け付けています。編入、転入については毎月受け入れています。
また、開校に伴い、学校説明会を開催します。

・第1回学校説明会詳細
日時:8月3日(金) 18:00 ~ 20:00
場所:東京都港区 元麻布3-1-35 VORT元麻布 4F
参加方法:会場では保護者同伴必須。生徒のみ、保護者のみの参加は受け付けていません。リモートからの参加は生徒のみ、保護者のみでもご参加いただけます。

説明会の動画や行われた質疑の内容については、ゼロ高等学院のFacebookにて共有予定です。
ゼロ高 Facebookページ
(リンク »)
詳細は公式サイトをご参照ください。
(リンク »)


■DMM オンラインサロンとは
 DMMオンラインサロンは、オンラインレッスンやファンクラブの新しいカタチを目指して提供されている、日本最大級の「学べる・楽しめる」月額会員制コミュニティサービスです。憧れの著名人や共感しあえる仲間のいるサロンなどで、密なコミュニケーションをとることができます。スキルや知識を身につけたい、同じ趣味を仲間と共有したい、新しい何かに挑戦したい、といった会員ニーズに応じて、500以上の多彩なオンラインサロンを取り揃えています。2018年6月時点での会員数は30,000名以上に上ります


■DMM オンラインサロンの開設をご希望の方へ
 あなたが持つ豊富な知識やスキルを活かしたコンテンツがオリジナルの価値としてオンラインサロンを運営してみませんか。オンラインサロンの開設のお申込みはWeb上から簡単に行えます。

お申込みはこちらから:  (リンク »)
(※開設には審査があります。)


■DMM オンラインサロンでオンラインサロンを開設するメリット
・プラットフォーム:2,900万人以上の会員が利用するDMM.comの決済システム、24時間サポート対応。
・コンサルティング:経験豊富なオンラインサロンプロデューサーが最適なサロン運営プランをご提案。
・サロン特化システム:「安心に、簡単に、満員に。」がモットーの管理システムと専用コミュニティ。
・豊富なオプションサービス:オフ会会場貸出、動画撮影、オウンドメディアやSNSでの集客支援。


■DMM オンラインサロン関連サイト
公式サイト: (リンク »)
公式Facebook: (リンク »)
公式Twitter:@DMM_onlinesalon
オウンドメディア CANARY: (リンク »)


本件へのお問い合わせは下記まで

【リリースとご取材に関するお問い合わせ】
合同会社DMM.com 広報部
〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com
リリース: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]