編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AI、IoT、ビッグデータなど、先端IT分野の最新情報をお届け!8/4(土)関西初開催!「みんなのAIキャリアカレッジ」

株式会社クリーク・アンド・リバー社

From: PR TIMES

2018-07-26 18:30

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)とIT分野の子会社 株式会社リーディング・エッジ社(以下LE社)は8月4日(土)、人工知能(AI)領域で活躍を考えているエンジニア向けのキャリア勉強会 「みんなのAIキャリアカレッジ in 関西」を、AP大阪梅田茶屋町(大阪市北区)で開催いたします( (リンク ») )。本勉強会の関西での開催は今回が初となります。



[画像: (リンク ») ]


2020年度には、国内だけで1兆円規模を超えると言われているAIビジネス市場(*1)。世界規模では、2025年に317兆円超にまで達するという予測(*2)もあるほど、急成長が見込まれております。TVやゲームなどのエンタテインメント分野やIT企業などで、データ分析に携わるAIエンジニアなどは不足しており、C&Rグループでは、積極的にAIエンジニアの発掘と採用に取り組んでおります。

今回開催する「みんなのAIキャリアカレッジ」は、LE社が協力する、ビッグデータや人工知能(AI)開発と相性の良い開発言語Python(パイソン)の勉強会「みんなのPython勉強会」から派生しております。AI開発の最前線で活躍されている方々が登壇し、データサイエンス(データ分析)、Deep Learning(深層学習)、AI領域でキャリアを積みたいエンジニア向けの勉強会と転職相談会が一つになったイベントです。当日は、株式会社神戸デジタル・ラボの大森裕介氏とNTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部 AI Technical Unit担当課長の伊藤浩二氏、株式会社ワントゥーテンロボティクス代表取締役社長/エクスペリエンスディレクターの長井健一氏の3名が登壇し、先端IT分野の最新情報をお話していただきます。

なお、C&R社ではゲーム・アプリケーション・VRマーケットのAI領域に特化した転職・就職を支援する「AI専門スカウト登録」サービスも行なっております。C&R社は今後も、AIエンジニアだけでなく、クリエイティブ分野をはじめとするプロフェッショナルの方々が世界で活躍できる環境を整備し、理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」への取り組みを、これからも続けてまいります。


============================
「みんなのAIキャリアカレッジ in 関西」概要
============================
■日時
2018月8月4日(土)14:00~18:00(13:30 開場)

■プログラム内容・登壇者
≪14:10~14:40≫
講演1「DeepLearningを用いたオープンソースの活用事例」
株式会社神戸デジタル・ラボ 大森裕介氏

≪14:50~15:20≫
講演2「AIを用いたIoTデータ分析最前線 ~Deep Learningを用いたデータ分析事例の紹介と期待される人材像~」
NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部 AI Technical Unit担当課長 伊藤浩二氏

≪15:30~16:00≫
講演3「AIを活用したクリエイティブ表現」
株式会社ワントゥーテンロボティクス 代表取締役社長 / エクスペリエンスディレクター 長井健一氏

≪16:15~17:00≫
パネルディスカッション

≪17:15~18:00≫
懇親会(ビアバッシュ)

■場所
AP大阪梅田茶屋町 Gルーム
住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8F
地図: (リンク »)

■対象
・ビジネスアナリスト、データアナリスト、データマネージャ、BIアプリスペシャリストを目指す方
・データサイエンティストを目指す方
・人工知能、AI,データ解析に関心のある方
・Pythonに関心のある方
・エンジニア実務経験を積んでいるが、キャリアについて悩んでいたり、転職をお考えの方
・Python、Deep Learning、機械学習、人工知能分野にキャリアを移していきたい方
・人工知能開発分野に本気で転職したいが、一歩踏み出せない悩みを抱えている方
・人工知能開発分野に就職を考えている学生

■会費
無料(ビール・軽食付)

▼お申し込み・詳細
(リンク »)

*1:株式会社富士キメラ総研発表の、2016年11月28日の調査結果より。AIビジネスの国内市場は2015年度は1,500億円、2020度には1兆20億円、2030年度には2015年度比14.1倍の2期座主1,200億円にまで拡大すると予測。
*2:一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が2016年12月21日に発表した調査結果より。2025年の「ロボット」と「AI」の世界市場動向を調査。AI市場は317兆8,500億円まで達し、AI搭載のロボット市場は130兆4,000億円になると予測。


【本イベントに関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社 大阪支社
クリエイター・エージェンシー・グループ
「みんなのAIキャリアカレッジ in 関西」担当
TEL:06-7711-1011

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クリーク・アンド・リバー社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]