デュアル10Gb LANポート搭載、PCIe x16スロット7本を備えるワークステーションマザーボード2製品「WS C422 SAGE/10G」と「WS X299 SAGE/10G」を発表

ASUS JAPAN株式会社 2018年07月27日

From PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は2018年7月27日、デュアル10Gb LANポート搭載、PCIe x16スロット7本を備えるワークステーションマザーボード2製品「WS C422 SAGE/10G」と「WS X299 SAGE/10G」を発表いたしました。本日より販売を開始する予定です。



○発表製品


WS C422 SAGE/10G

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


-----------------------------------------------------------------------
製品名 : WS C422 SAGE/10G
対応CPU : インテル Xeon W プロセッサー
対応ソケット : LGA2066
チップセット : Intel C422 チップセット
対応メモリ : DDR4-2666×8(最大512GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×7
ストレージ機能 : U.2×2, M.2×2, SATA 6Gb/s×8
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×3, USB 3.1 Gen 1×6
ネットワーク機能 : 10GBASE-T×2
フォームファクター(サイズ): CEB(305mm×267mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2018年7月27日
-----------------------------------------------------------------------

○WS C422 SAGE/10G の主な特長

Intel(R) Xeon(R) WプロセッサーとECCメモリによるパワフルな性能
サーバーグレードのIntel(R) Xeon(R) Wプロセッサーに対応しており、常時使用でもパワフルな最適化された性能を提供します。また、ECC(Error-Correcting Code)メモリのサポートにより、メモリのシングルビットエラーの自動検出と修理が可能で、システムクラッシュやデータ破壊を減らし、信頼性と応答性に優れたワークステーション性能を実現します。

デュアルIntel(R) 10G LANがもたらす高速ネットワーク
Intel(R) 10GBASE-Tネットワークポートを2基搭載することでデータスループットを高め、効率化を実現しています。また、グラフィックス、映像制作など、極めて負荷の大きいアプリケーションで必要とされる高密度、高帯域幅、低遅延のアクセスレイヤネットワークにも対応しています。

4-Way NVIDIA(R) SLI™ および AMD(R) Crossfire X™がもたらす究極のグラフィックス
最大4枚のデュアルスロットグラフィックスカードを接続でき、NVIDIA(R) SLI™とAMD CrossFireX™の4-Way構成の両方に対応することにより、マルチGPU設定が可能になり、NVIDIA(R) Quadro(R)を含む最新のグラフィックス技術の力を最大限活用できます。15.23TFLOPSを超える性能を持つNVIDIA QuadroをWS C422 SAGE/10Gに取り付ければ、設計、モデリング、医学研究を始め、処理負荷の大きいシミュレーションやレンダリングアプリケーションに最適な性能が実現されます。

ASUS Control Center
ASUS Control Center(ACC)は、サーバー、ワークステーション、デジタルサイネージなど、ASUSの製品を監視、制御するための一元化された統合IT管理プラットフォームです。ACCでは、リモートBIOSアップデート、モバイルデバイスによる複数システムの監視、ワンクリックでのソフトウェアアップデートと配布が可能で、ITインフラストラクチャのサーバー管理が簡単になります。

重いカードもしっかり支える高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」を搭載
一般的なPCI Express x16スロットはプラスチック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。


WS X299 SAGE/10G

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


---------------------------------------------------------------------
製品名 : WS X299 SAGE/10G
対応CPU : インテル Core X シリーズ
対応ソケット : LGA2066
チップセット : Intel X299 チップセット
対応メモリ : DDR4-4200×8(最大128GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×7
ストレージ機能 : U.2×1, M.2×2, SATA 6Gb/s×8
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×3, USB 3.1 Gen 1×6
ネットワーク機能 : 10GBASE-T×2
フォームファクター(サイズ): CEB(305mm×267mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2018年7月27日
-----------------------------------------------------------------------

○WS X299 SAGE/10G の主な特長

デュアルIntel(R) 10G LANがもたらす高速ネットワーク
Intel(R) 10GBASE-Tネットワークポートを2基搭載することでデータスループットを高め、効率化を実現しています。また、グラフィックス、映像制作など、極めて負荷の大きいアプリケーションで必要とされる高密度、高帯域幅、低遅延のアクセスレイヤネットワークにも対応しています。

4-Way NVIDIA(R) SLI™ および AMD(R) Crossfire X™がもたらす究極のグラフィックス
最大4枚のデュアルスロットグラフィックスカードを接続でき、NVIDIA(R) SLI™とAMD CrossFireX™の4-Way構成の両方に対応することにより、マルチGPU設定が可能になり、NVIDIA(R) Quadro(R)を含む最新のグラフィックス技術の力を最大限活用できます。15.23TFLOPSを超える性能を持つNVIDIA QuadroをWS X299 SAGE/10Gに取り付ければ、設計、モデリング、医学研究を始め、処理負荷の大きいシミュレーションやレンダリングアプリケーションに最適な性能が実現されます

ASUS Control Center
ASUS Control Center(ACC)は、サーバー、ワークステーション、デジタルサイネージなど、ASUSの製品を監視、制御するための一元化された統合IT管理プラットフォームです。ACCでは、リモートBIOSアップデート、モバイルデバイスによる複数システムの監視、ワンクリックでのソフトウェアアップデートと配布が可能で、ITインフラストラクチャのサーバー管理が簡単になります。

重いカードもしっかり支える高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」を搭載
一般的なPCI Express x16スロットはプラスチック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

ProCool電源コネクター
ASUS ProCoolは独自改良された電源コネクターです。従来の電源コネクターと比較して、ProCoolコネクターは、低抵抗のより強固な接続を確立し、放熱性と信頼性を改善します。電力効率に優れたデザインは、フラッシュ接続によりインピーダンスを下げ、放熱性の改善で、より低い温度を維持することが可能です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]