編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

小型ながら、速度・性能ともに優れた ヴィスコ画像処理検査装置「VTV-9000mini」がさらにパワーアップしました

ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

From: PR TIMES

2018-07-27 13:01

自動化が進む外観検査において、タクトタイムの短縮による生産現場の効率化に貢献。生産性と品質、双方の向上に欠かせないシステムです。

画像処理検査装置メーカであるヴィスコ・テクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:足立 秀之 、本社:東京都港区、以下ヴィスコ)は、汎用型 画像処理検査装置『VTV-9000』シリーズのスタンダードモデル「VTV-9000mini」をリニューアル。さらなる高速処理を実現し、生産現場のニーズに応えます。
2018年 7月23日(月曜日)より販売を開始いたしました。




新しくなった VTV-9000シリーズ スタンダードモデル「VTV-9000mini」


[画像1: (リンク ») ]


従来機と比較し、処理速度が30%も短縮。
検査の効率が大幅に向上します。

今回のリニューアルでは、外形寸法(幅230×奥行205×高さ82mm)に
変化はなく、従来機からの置き換えもスムーズに行えます。

<関連製品>
検査内容に合わせ、照明制御オプションを選択できます。

○照明コントローラ
画像取り込みのタイミングに合わせたLED照明の点灯、消灯、調光の変更ができ、
リアルタイム照明制御を可能とします。
(リンク »)

○フラッシュライトコントローラ
ストロボ制御にて、検査対象物が高速に動いている状態での検査を可能とします。
(リンク »)


▼VTV-9000miniの新製品の詳細仕様については、下記URLより、ドキュメントファイルをダウンロードして、
ご覧ください。
(リンク »)



ヴィスコの目視に近い高精度な検査


ヴィスコは、“人間の目”に置き換わる技術は何か、という視点で日々開発に努めています。
[画像2: (リンク ») ]


生産現場で実施されている目視の機能とその利点を分析し、「見る」という一つの行為を「経験判断」・「認識」・「知覚判断」に分類し、それを画像処理検査装置で実現しています。


例えば、「工業製品の良品といえどもバラつきがある」をヒントに開発された独自手法「DefFinder(R)」では、多少の色の濃淡やサイズの違いなどを吸収し、外観上の欠陥のみを安定して検出します。

また、梨地状や線状などの背景を持つ対象物上では明確な濃淡差がなく、欠陥との判別が困難になるクラック状の傷も、「CrackFinder(R)」なら画像背景と欠陥を区別して安定検出。

このように、“人間の目”で無自覚のうちに認識できる部分を分析し、機械上で再現しているのがヴィスコの提供する画像処理検査です。

▼人間のように考える検査アルゴリズム
(リンク »)



汎用性のある画像処理検査装置『VTV-9000』シリーズの特長


[画像3: (リンク ») ]


現場で本当に「使える」外観検査システムとして、お客様のご要望に最適な外観検査を実現して参りました


これまで、半導体・電子部品・自動車・プラスチック・日用品・医療品など、幅広い業界でご使用いただいております。

▼ヴィスコソリューション
画像処理のエキスパートならではの応用ノウハウが詰まった光学ソリューションで自動機の設定アドバイス、アフターフォローにいたるまで、現場で本当に使える外観検査システムを提供いたします。
(リンク »)

▼ヴィスコチャンネル(YouTube)
弊社の画像処理検査装置『VTV-9000』の使用を想定したコンセプト装置の動画をYouTtubeヴィスコチャンネルにて公開中です。
実際の処理速度など、ぜひご覧いただければと思います。
(リンク »)



「画像一筋」/ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社について

ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社は、画像技術・画像処理検査に関するエキスパート集団。

「画像処理検査装置」の開発・製造・販売・保守サービス等に携わり、画像処理アルゴリズム、光学技術、電気・機械の知識と経験を兼ね備える画像処理検査装置メーカーとして、総合的なコンサルティングも可能とします。

社名のヴィスコ(ViSCO)とは、画像技術(Vision)一筋に、さまざまな業種のお客様や技術・機器と協調(Collaborate)して、新しい価値を創造する、おもしろいことが大好きな技術者集団(Technologies)であることに由来します。

東京・港区を本部とし、大阪、鹿児島、中国(上海、深セン)、台湾、タイ・バンコク、韓国・ソウル(SI)、そしてアメリカ・イリノイ州にも拠点を持ち、国内外における強力なサポートネットワークを構築しています。

▼会社概要
(リンク »)



「名古屋オートモーティブジャパン 2018」に出展いたします。


今夏、[名古屋] オートモーティブジャパン 2018」にて、
新しくなった「VTV-9000mini」が初公開となる予定です。

展示会場: [名古屋]オートモーティブワールド2018(内 第1回 [名古屋] 自動車部品&加工 EXPO)
会 場:ポートメッセ名古屋
小間位置:3−9
会 期:9月5日(水曜日)~9月7日(金曜日)
時 間:10:00~18:00(最終日のみ17:00に終了)
展示会URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]