ブロックチェーン3.0革命をリード。分散型クラウドサービスプロジェクトDCS チェーンが8月にローンチ。

Global block chain digital asset group co., ltd 2018年07月29日

From PR TIMES

Dynastyデジタル資産取引所を2016年9月に設立。資金調達から技術研究開発まで、世界中から多くの協力を得まして、今年の8月、ついに「DCSチェーン」をローンチすることになりました。



[画像1: (リンク ») ]

弊社はDynastyデジタル資産取引所を2016年9月に設立。資金調達から技術研究開発まで、世界中から多くの協力を得まして、今年の8月、ついに「DCSチェーン」をローンチすることになりました。

【DCSチェーンの紹介】
分散型クラウドサービスプロジェクト(DCS chain)は、マレーシアの分散型クラウドサービスプラットフォームプロジェクトです。マレーシア国家研究財団(ANR)、IBG Technology Ventureキャピタルファンドなどが、DCSチェーンのブロックチェーンのトレーサビリティシステムに投資してくださり、2018年7月15日からTwitterでブロック・チェイン・トレーサビリティ・DCSを推進すると発表してまいりましたが、ついに2018年8月20日までにグローバルな展開がスタートする運びとなりました。

現在、プラットフォーム開発に基づくDCSチームの企業トレーサビリティテストネットワーク製品は、最終テスト段階に入っており、製造場所、製造時間、インポートから製品のデバイスまでのプロセス全体を追跡し、識別できることが確認されています。

(リンク »)

チームのコンセプト

DCSは、ブロックチェーン3.0のアプリケーションプラットフォームの出発点として、社会的価値を創造し、世界市場経済の発展を促進し、より安全で信頼できるDCSを活用を通してグローバル企業に新たな経済的エコロジーサークルを提供してまいります。

DCSは以下の問題に取り組む予定です:

TPSと地方分権の矛盾を解消し、「高効率化」と「地方分権化」のバランスをとる。
既存のパブリックチェーンは大きなデータストレージには適しておらず、Ethereumスマートコントラクトのストレージデータは高価という問題を打破する。
チェーン内外のデータをインタラクティブにする。
完全な経済モデルを目指す。
現在のプラットフォームへの参加の障壁が大きいため、制限の少ない設計を目指す。
Dappsシーンを作成する。



[画像2: (リンク ») ]


【チームメンバー】

DCSチェーンは、2000年以来、国立情報学研究所(INRIA)と国立中央研究所(CNRS)のチームが実施したデスクトップグリッドコンピューティング研究の発展に基づいています。データ管理、並列コンピューティング、セキュリティ、および信頼性について、高品質の80以上のサービス品質(QoS)テクノロジとインタラクティブな運用について、科学会議や雑誌にも掲載されています。


DCSチェーンチームは、200,000を超えるノードで数百万のコンピューティングタスクを透過的に実行し、アメリカの大型Hadron Colliderやその他の研究機関や実験機関と協力して、アジアのデスクトップグリッドインフラストラクチャを構築する上で重要な役割を果たしています。また、フランスの大手工業企業や革新的な新興企業と協力しています。

弊社開発チームのDr. Gilles Fedak、Haiwu He博士、Oleg Lodygensky博士、Mircea Moca博士は、2012年から2014年まで、登録メカニズムの欠如と異なる性質(アプリケーション、データ、計算資源、人的資源など)の参加者の貢献を実証するメカニズムなどを研究課題とし、デスクトップグリッド技術に基づく分散型クラウドコンピューティングのソリューションを模索してきました。

2015年、Gilles FedakはEthereumブロックチェーンの技術を発見し、インテリジェントな契約を採用して分散型リソース管理を実現。デスクトップ・グリッド・コンピューティングとブロック・チェーンの組み合わせにより、既存のクラウド・システム、大規模なデータ、および高性能コンピューティングに革新がもたらされると考えています。

【DCSの革新的技術】

1.次世代スマート契約

IPFSとPOSアルゴリズムと統合された高性能のスマートコントラクト仮想マシン

2.高いスケーラビリティ
改良された側の鎖サポートと原子間相互作用プロトコル

3.高性能
工業用TPSは不可能になる

4.オラクル
チェーン内外のデータのやりとりを効率的に行うソリューション

5.並列コンピューティング
並行スループット向上のためのAccoutモデルに基づく並列コンピューティング

【DCSの設計コンセプト】

1.互換性設計
DCS設計の開始時には、Ethereumシステムとの互換性を維持するように設計されており、TaPoSを使用する同じ取引モデルや同じトランザクションデータ構造などを維持するように設計されています。将来的には、EthereumアカウントBIPプロトコルになります。また、DCSは、ゼロ知識証明に基づくネットワーク、サイドチェーン、ドライブチェーン、ZcashプロトコルなどのアカウントBIPプロトコルのほとんどと互換性があります。

2.拡張性設計
ブロックチェーンネットワークが解放されると、ブロックチェーンネットワークのアップグレードと改善が難しくなります。 DCSは設計上のサイドチェーンの拡張をサポートしており、サイドチェーンを拡張することで新しいテクノロジーをメインチェーンに追加できます。同時に、スマート契約のインタフェースの設計は、より強力で高度な仮想マシンにアップグレードする見込みです。

3.モジュール性設計


モジュールの設計はソフトウェアの開発とメンテナンスの助けになるので、DCSでは以下の3つの大きなモジュールに分類しました。
技術モジュール:DCSコア、DCS VM、DataFeed、DCSストレージなど
ユーザインタラクションモジュール:DCS Qt、DCSモバイル、DCSウェブなど
ビジネスパスモジュール:DCS Financial、DCS法律およびリスク、DCS Industry、DCS Competitorなど


4.まず安全

DCSプラットフォームは、ソフトウェア機能テスト、P2Pネットワークパフォーマンステスト、潜在的な攻撃ベクトルテスト、信頼性テスト、セキュリティ監査、コード監査、Alphaバージョンテスト、Bataバージョンテストなど、リリース前に一連の厳しいテストを経て、品質を制御します。

[画像3: (リンク ») ]


【ビジネスアプリケーション】

1.製品サプライチェーン

製品サプライチェーン
インテリジェントショッピングモール
仮想デジタル取引プラットフォーム
プールインセンティブ開発のマイニング


DCSは、より効率的でインテリジェントでセキュアなブロックチェーンネットワークを構築することに専念しており、Blockchain 3.0の革命をリードしています。 DCSはブロックチェーン技術の社会生産への転換、社会システム革新の促進を目的として構成されています。

今後も、ブロックチェーンを利用したデジタル経済を通じて主要な販売事業やグローバル企業の発展を促進してまります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]