Web会議システム「IC3(アイシーキューブ)」新バージョンを販売開始

キヤノンITソリューションズ株式会社 2018年07月30日

From PR TIMES

~複数カメラからの映像入力・合成により、対話しやすいコミュニケーション環境を提供~

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:足立 正親、以下キヤノンITS)は、Web会議システム「IC3」の新バージョンを2018年7月30日より発売します。



クラウドサービスで提供されるWeb会議システムは、運用面での手軽さや低コスト化によって、多くの企業で遠隔地間のコミュニケーション環境として利用が広がっています。一般的な遠隔地間の会議から、セミナー・研修・教育といった幅広い用途でも使われるようになってきています。
用途が広がる中、お互いの拠点の様子や反応などをリアルタイムで把握したいニーズが高まっていますが、今までのWeb会議システムでは一端末におけるカメラ入力の数が限られ話者以外の映像を見ることが出来ず、一方的な情報伝達の場になってしまうケースが見られました。
このような課題を解決するため、Web会議システム「IC3」の新バージョンでは、複数カメラからの映像を入力し合成する機能を加えました。複数の映像共有が可能になり、会議・セミナー・研修・教育などの場面で、話者だけでなく手元の資料や会場全体の様子などを同時に確認できるようになります。一度に伝える情報量を増やすことで、より対話しやすいコミュニケーション環境を提供します。
[画像1: (リンク ») ]

キヤノンITSはWeb会議システム「IC3」を、企業のコミュニケーション活性化、コスト削減、働き方改革をお考えの企業に提案し、2020年までに新規に300社への導入を目指します。また、今までのWeb会議システムの環境の構築ノウハウを活かし、お客さまに合わせた音声品質・映像品質の調整や周辺機器の提案を推進していきます。

■ 製品価格

[表: (リンク ») ]


<主な新機能>
1. 複数のカメラ入力を合成して送信
一つの拠点で最大4本のカメラ入力を取り込み、一つに合成して送信することができます。参加者の表情だけでなく、ホワイトボードや手書きしたイメージ図など、同時に複数の視点からの情報を発信できるようになります。
[画像2: (リンク ») ]

2. プレゼンテーション用の新レイアウト追加
発表者と聴き手を分けて表示できるレイアウトデザインを追加しました。「セミナーモード会議室」では、「議長」拠点による他拠点の映像・音声のオン・オフ制御、チャット、参加者情報確認を同じ画面上から行えるようにし、操作性を改善しました。

3. ゲスト利用者の参加名を主催者が管理可能に
システムにID登録されていない利用者をゲストとして参加させるための招待機能を強化しました。Web会議主催者がゲストの表示名を予め設定できるようになり、複数のゲストを招待した際の管理効率化や匿名性の確保が可能になります。

**********************************
●報道関係者のお問い合わせ先:
キヤノンITソリューションズ株式会社
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先 :
キヤノンITソリューションズ株式会社
通信コミュニケーションソリューション本部
03-6701-3577(直通)
**********************************

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

キヤノンITソリューションズ株式会社の関連情報

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンITソリューションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]