編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カヤックの新作ゲーム『東京プリズン』が、対戦型格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS ’98 』とコラボイベントを8月6日より開催決定!

株式会社カヤック

From: PR TIMES

2018-07-30 12:01

「最強への挑戦状 ~ ザ・キング・オブ・ファイターズ ~」



株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、スマートフォン向け新作ゲームの大規模喧嘩タクティクス『東京プリズン』において、対戦型格闘ゲームの『THE KING OF FIGHTERS ’98』とのコラボイベント「最強への挑戦状 ~ ザ・キング・オブ・ファイターズ ~」を2018年8月6日(月)より開催することを発表いたします。
公式サイト: (リンク »)
[画像: (リンク ») ]


8月6日(月)から8月20日(月)の期間限定で、『THE KING OF FIGHTERS ‘98』の「草薙京」、「不知火舞」、「麻宮アテナ」が『東京プリズン』の舞台「廃都」に登場します。
コラボ期間中は、誰でもプレイヤーキャラクター「草薙京」を無料で手に入れることができ、廃都で3人が大暴れするストーリーを楽しみながら、プレイヤーキャラクター「不知火舞」「麻宮アテナ」を入手したり、それぞれのキャラクターを代表する技や特別な衣装を手に入れることができます。


【THE KING OF FIGHTERS ’98とは】
『THE KING OF FIGHTERS ’98』は、1998年にSNKから発売された対戦型格闘ゲームです。
SNKの人気キャラクター達が作品の枠を超え、3人一組のチームバトルで競演する様は、まさに“ドリームマッチ”と呼ぶにふさわしい内容で、多くのゲームファンの注目を集めました。

【東京プリズンとは】
『東京プリズン』は、カヤックが3年ぶりに発表するオリジナル新作ゲームで、東京の5つの勢力が覇権を争い合う大規模喧嘩タクティクスです。
ゲーム内では、5つの勢力のうち1つに所属し、ストーリーやアリーナバトルを進めながら自分のキャラクターを育成します。毎日12時と21時から、5つの勢力が拠点を奪い合う「抗争」が発生。チームメンバーと力をあわせて勝利を勝ち取り、自身が所属する勢力の拠点を広げよう!
さらに、戦況に合わせて、ストーリー展開も変化!『東京プリズン』の未来のストーリーを、自分の手で作り上げよう!

【『東京プリズン』概要】
■アプリ名:東京プリズン
■ジャンル:大規模喧嘩タクティクス
■価格: 基本プレイ無料(アイテム課金制) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
■対応OS:iOS 10以降、Android 4.1以降(一部非推奨端末あり)
■ゲーム公式サイト: (リンク »)
■企画・開発: カヤック

【カヤック会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL: (リンク »)
所在地:神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]