編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ALSI、期間レンタル型オールインワンパッケージ「IoT FastKit 」に新機能追加 7月30日より提供開始

アルプス システム インテグレーション株式会社

From: PR TIMES

2018-07-30 15:01

センサが内蔵された「メッセージキューブ」を上に向けるだけで文字入力・音声通話をせずにメッセージ送信が可能に



 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、期間レンタル型オールインワンパッケージ「IoT FastKit™」に新機能を追加し、2018年7月30日より提供開始することを発表いたします。
[表1: (リンク ») ]



■「IoT FastKit™」の概要
 現在、あらゆるモノがネットワークにつながるIoT[※1]の活用が進み、新たなビジネスの可能性が拡がっています。ALSIは2017年7月より期間レンタル型オールインワンパッケージ「IoT FastKit™」の提供を開始し、お客様がIoTを導入する前提となる実証実験(PoC)[※2]を支援してまいりました。
 「IoT FastKit™」は、アルプス電気のセンサネットワークモジュールを活用した、期間レンタル型のスターターパックです。実際の利用シーンを想定した「シナリオ」と呼ばれる管理機能と、様々なデータを取得することができる「センサ」[※3]や、「IoT Gateway」などの必要な機器・サービス一式が含まれ、申し込み時に利用したいシナリオを選択していただくことで、シナリオが予め設定された状態で届き、すぐに利用を開始することができます。

■主な新機能の特長
 これまでの「IoT FastKit™」では、センサネットワークモジュールで温度や湿度、加速度、地磁気、UV、照度などのデータを収集し、そのデータをクラウド上にアップすることにより、データの分析と課題改善に役立てることができる仕組みになっておりました。この度、提供を開始する新機能では、データを収集しアップするだけではなく、データのインプットを行うことで、その後のアクションにつなげることができる情報発信を実現します。その手段として、シナリオラインナップに「メッセージキューブ」を追加いたします。「メッセージキューブ」の中にはセンサが内蔵されており、キューブ(立方体)の6つの面に予め設定した内容に合わせ、離れた場所にいる人に対してメールやメッセンジャーにメッセージを送ることができます。例えば、会議に参加している人がキューブの面を上に向けるだけで、飲み物のオーダーやタクシーの送迎希望を出すなど、文字の入力や音声による通話をせずに、メッセージキューブを使って簡単に情報を発信することができます。企業だけではなく、飲食店や宿泊施設、病院、介護施設など、様々な活用シーンに対応することができ、幅広いIoTの検討ニーズに対応することができるようになります。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■その他の追加機能

[画像3: (リンク ») ]

※外部システムとのAPI連携により、センサデータと既存システムデータを組み合わせ、新たな相関性の気づき等から業務改善が可能となります。

<新規機能一覧>
[表2: (リンク ») ]



■「IoT FastKit™」基本構成
[画像4: (リンク ») ]


■「選べるシナリオ」: ドア開閉モニタリングの例


[画像5: (リンク ») ]

 外部API連携の例として、「地磁気センサ」を用いたトイレのドア開閉モニタリングがあります。ALSI社内においても「IoT FastKit™」を活用した実証実験を行っており、リアルタイムモニタリングシステムによるトイレの空き状況(使用状況)の確認を行っております。
 トイレのドア開閉を検知し、利用状況や利用率を管理画面で確認することができるシナリオです。クラウドにアップされたデータは、外部API連携機能により社内システムなどと連携させることが可能です。
 このシナリオを利用することで、管理者はトイレの利用状況を把握し、トイレの個数に対する各フロアの適切な人員配置に役立てることができるほか、利用者(社員)は、事前に混雑状況を確認することで、時間の有効活用にどのように役立つかを体感することができます。

 外部APIとの連携により、「IoT FastKit™」はソリューションとしてさらなる展開を広げることを目指しています。


[画像6: (リンク ») ]

「IoT FastKit™」は、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアムが主催する 「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017」(2017年11月開催)において、IoT・AI部門「ASPIC会長賞」を受賞しました。このアワードは、国内のIoT・クラウド関連業界の活性化、市場創造、事業基盤の確立、企業の生産性向上、さらに日本経済の発展に寄与する企業・サービスを表彰するものです。ALSIは今後も社会や地域、企業などに貢献することができる製品・サービスを提供してまいります。

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。 ※メッセージキューブを通じて送信されるメッセージは、インターネット通信が可能な場所であればどこでも受信することができます。 ※1 IoT; Internet of Thingsの略。物のインターネット。あらゆる物がインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、またはそれを可能とする要素技術の総称。 ※2 PoC; Proof of Conceptの略。 ※3センサネットワークモジュールは温度、湿度、加速度、地磁気、UV、照度センサとBLE通信モジュールを内蔵しております。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]