Criteo、サマーセールに関するオンライン・ショッピング調査結果を発表今年のセールで買ったもの、男性は「家電」が一位、女性は「衣類」が一位

Criteo株式会社 2018年07月30日

From PR TIMES

~サマーセールでの購入金額の平均はスマホで10,101円、PCでは21,535円の結果に~

コマースマーケティングのテクノロジー企業である、CRITEO株式会社(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下Criteo)は、インターネット調査で2018年7月末に、全国の20~59歳でオンライン・ショッピングの利用経験者である男女600名に対して「サマーセールに関するオンライン・ショッピング動向調査」を実施いたしました。



■調査結果のハイライト


20~50代の約6割が「1ヶ月に1回以上」オンラインで買い物をしていることが明らかに。
オンライン・ショッピングで最もよく利用されているデバイスは「PC」で、63.3%が使用。続いて33.1%が「スマホ」と回答。 世代別でみると、唯一20代が、最も利用するデバイスが「スマホ」であることが判明。20代の回答者の過半数の50.4%が、オンライン・ショッピングで最も頻繁に利用するデバイスは「スマホ」と回答。更に、20~30代の3割はブラウザ上からではなく、専用のアプリを経由してオンラインショッピングを利用している実態も明らかに。
Instagramヘビーユーザーはオンラインショッピングの常連になる傾向があることが明らかに。ヘビーユーザーの13.7%が「1週間に1回以上オンラインショッピングを利用する」と回答。
男女それぞれの今年のサマーセールで購入した商品について、男性1位は「家電製品」(29.7%)女性1位は「衣類」(48.3%)という結果になり、男女の趣味・趣向の違いが購買行動に如実に反映される結果に。
「実店舗で商品を比較検討し、オンライン通販で購入する」"ショールーミング"傾向が浮き彫りに。
6割近いユーザーが「実店舗で商品を比較検討した後、オンラインで購入したことがある」と回答。また 約58%のユーザーが「実店舗で商品を見た後、スマホで価格を確認する」価格検討タイプであることも判明。
「オンライン上での商品探し」に費やす時間は平均で1日50分 と判明。オンライン・ショッピングサイトを見る時間帯は、平日は「夕食前~就寝前」が最も多く、休日は「午後の外出中」が最も多いことが判明。
スマホでの購入金額の平均は10,101円、PCは21,535円という結果に。デバイス毎で“ポチれる”金額に差があることが判明。また、スマホ上での最高購入金額が26万円のユーザーも。
オンライン通販を利用する理由については「実店舗よりも安く買えるから」という回答が60.2%を占めたほか、「いつでも利用ができるから」が53.7%、「品揃えが豊富だから」が48.3%など、利便性に関する回答が多く占める結果に。
アプリ経由の購買の普及率については、オンライン・ショッピングを利用する際、全体の77.4%が「ブラウザ経由」で利用することが最も多い」と回答した一方で、20代~30代の25.0%が「アプリ経由」でオンライン通販を最もよく利用するという結果に。

■調査結果の詳細

Q:オンラインでの買い物で使用する端末(n=600)

[画像1: (リンク ») ]

Q:実店舗ではなくオンライン通販で商品を購入した理由(n=600/複数回答可)

[画像2: (リンク ») ]

Q:スマートフォンで商品を購入する経路(n=600複数回答可)

[画像3: (リンク ») ]

■オンラインショッピング利用頻度
「直近1ヶ月のオンラインショッピングの利用頻度」を聞いたところ、「1ヶ月に1回」が26.0%、「3ヶ月に1回」19.3%、「2週間に1回」が11.3%、「毎日」が1.3%、「まったくしない」が10.0%という回答になりました。

Q:直近1ヶ月のオンラインショッピングの利用頻度 

[画像4: (リンク ») ]

■オンライン通販および実店舗で購入する商品ジャンル × 性別
「実店舗またはオンライン通販で購入する商品ジャンル」を聞いたところ、オンライン通販で購入する商品ジャンルは、男性が「家電製品」(29.7%) や「書籍」(25.7%)の回答が多かったのに対し、女性は「衣類」 (48.3%) や「ファッション用品」 (34.0%)などが多く購入されているということが分かりました。

Q:実店舗またはオンライン通販で購入する商品ジャンル(n=300/男性のみ/複数回答可)
<男性>

[画像5: (リンク ») ]

<女性>

[画像6: (リンク ») ]

■“ショールーミング”経験の有無
「あなたは実店舗で商品を見た後にその商品をオンライン通販で購入した経験はありますか?」という問いに対して56.8%の人が「経験がある」と回答しました。また、「実店舗で商品を見てからスマホで通販サイトでの価格を確認することがあるか?」と質問したところ、回答した人の合計が58.9%にのぼる結果となり、ショッピングにおけるショールーミング現象が浮き彫りになりました。

Q:実店舗で商品を比較検討した後、オンラインで買った経験があるか(n=600)

[画像7: (リンク ») ]

Q:実店舗で商品を見てからスマホで通販サイトでの価格を確認することがあるか。(n=600)

[画像8: (リンク ») ]

■平日・休日におけるオンライン通販の商品探し・購入シーンの違い
 「オンラインでの商品探しに費やす1日当たりの時間」を聞いたところ、全年齢で1日平均50分であることが分かりました。

また、平日・休日それぞれ「いつ通販サイトを見ることが多いですか?」という質問に対して、平日は「夕食~就寝前」が72.8%と高い割合を占めているのに対し、休日は「午後の外出中」が70.0%と高い割合を占めていることが判明しました。このことからユーザーの多くは平日は夜にかけて、休日は午後の外出中にオンラインショッピングに時間を費やす傾向があることが明らかになりました。

Q:いつ通販サイトを見ることが多いか(平日)(n=600)

[画像9: (リンク ») ]

Q:いつ通販サイトを見ることが多いか(休日)(n=600)

[画像10: (リンク ») ]

■スマートフォン・PCで購入を決断できる商品金額の差異
「パソコン・スマートフォンで購入を決断できる商品金額は何円までになるか」と質問したところ、スマートフォンは平均10,101円、PCでは平均21,535円ということが判明し、利用デバイスで”ポチれる“金額に差があるものの、PCのみならずスマートフォンでのショッピングが広く利用されている実態が明らかになりました。また、中にはスマホでの購入金額の最高額は260,000円というユーザーもいることも明らかになりました。


[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]


Q:パソコン・スマートフォンで購入を決断できる商品金額は何円までですか? (n=600)


■Criteo(クリテオ)について■

Criteo(NASDAQ:CRTO)は、オープンで透明性のあるインターネット上の広告プラットフォームを提供しています。2,700名以上のCriteoチームメンバーは、世界18,000社の広告主と、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを、機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。Criteoはテクノロジーを通じて、あらゆる規模の広告主に対し、ユーザが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。www.criteo.com/jp/
※CRITEO株式会社はその日本法人です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Criteo株式会社の関連情報

Criteo株式会社

Criteo株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]