編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

シリコンスタジオ、C#ゲームエンジン『Xenko』をMITライセンス化し、ユーザーコミュニティーによる運用へ移管

シリコンスタジオ株式会社

From: PR TIMES

2018-08-02 16:01

エンターテインメント業界を中心に、自動車、映像、建築などさまざまな業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役社長:寺田 健彦、東証マザーズ:証券コード3907、以下「当社」)は、C#ゲームエンジン『Xenko(ゼンコー)』について、本日2018年8月2日よりすべてのライセンスをMITライセンスとして提供することを決定しましたので、お知らせします。



[画像: (リンク ») ]

当社が開発・提供する『Xenko』は、C#で開発できるオープンソースの次世代型ゲームエンジンです。強力なグラフィックエンジンを特色としています。小規模のスタジオおよび個人向け「Xenko Personal」、中・小規模のスタジオ向け「Xenko Pro」、大規模スタジオ向け「Xenko Pro Plus」、大規模プロジェクトや特別な要件向け「Custom」の計4つのプランを用意し、エンジンを司るC#コードはオープンソースとして公開してまいりました。
今回の決定により、今後すべての『Xenko』のライセンス形態は、無料でご利用いただける制限の少ないMITライセンスに移管され、開発、バグフィックス、サポートを含め、すべてがユーザーコミュニティーにより提供されることになります。MITライセンスの詳細については、ユーザーコミュニティーからの発表をお待ちください。
当社はMITライセンス化された『Xenko』がユーザーコミュニティーに移管されることにより、これまで以上にデベロッパーの皆様のニーズをタイムリーに反映し、一助となれるのではないかと期待しています。


■ 『Xenko』について
『Xenko』は、C#で開発できる次世代型クロスプラットフォームゲームエンジンです。インディーデベロッパーから大手ゲーム開発会社に至るまで、さまざまなニーズに対応できるよう設計されています。また、最新型のPBR(Physically Based Rendering:物理ベースレンダリング)技術を始め、デザイン・オブジェクトの保持・再利用・レビューを効率的に行うためのシーンエディター、ビルトイン・プレハブシステム、シーンストリーミングシステム、最新のグラフィックAPI(VulkanやDirectX 12)をサポートするマルチスレッドなどの機能も備わっています。プラットフォーム間でシェーダーを共通化できる最新のシェーダーシステムを採用し、エンジンを司るC#コードはエンジンの深部まで調査できるよう、オープンソースとして公開しています。
(リンク »)


■ シリコンスタジオ株式会社について
当社は世界最高レベルの技術力をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを目指す企業です。ゲームや映像制作スタジオ向けに3DCG技術などを提供する開発推進・支援事業、一般ユーザー向けにゲームコンテンツを開発・提供するコンテンツ事業、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業の3事業を展開しております。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できることが強みです。
ポストエフェクトミドルウェア『YEBIS』、リアルタイムレンダリングエンジン『Mizuchi』、リアルタイムグローバルイルミネーション『Enlighten』といった、高度な技術をゲーム制作現場に提供するシリコンスタジオのミドルウェアは、これまでワールドワイドで数多くのAAAタイトルに採用されてきました。
(リンク »)


*Xenkoは、シリコンスタジオ株式会社の日本国内およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他、記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]