クラウド環境を高いサービス品質で監視する『TRINITYセキュリティ運用監視サービス for AWS』にMcAfee vNSPを追加

テクマトリックス株式会社 2018年08月07日

From PR TIMES

― クラウド環境でも、より深く、より詳細なワンストップ・サービスを提供 ―

テクマトリックスは、同社のICT基盤のセキュリティ運用監視サービス『 ∴ TRINITY <トリニティ> 』において、Amazon Web Services環境向けに提供している『TRINITYセキュリティ運用監視サービス for AWS』の対象製品に、マカフィーの次世代IPSの仮想版「McAfee Virtual Network Security Platform」を本日よりラインナップに加えました。当社は、マカフィーの次世代IPSを対象としたTRINITYセキュリティ運用監視サービスの導入実績を数多く有しており、そのナレッジとノウハウをクラウド環境向けのセキュリティ対策にも活用し、お客様のオンプレミス環境とクラウド環境の双方を統合管理し安全に運用できるよう支援します。当社は、本サービスについて年間(2018年度)50社への提供を目標にします。



テクマトリックス株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:由利孝、以下「テクマトリックス」)は、ICT基盤のセキュリティ運用監視サービス『 ∴ TRINITY <トリニティ> 』において、Amazon Web Services(以下「AWS」)環境向けに提供している『TRINITYセキュリティ運用監視サービス for AWS』の対象製品に、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、以下「マカフィー」)の次世代IPSの仮想版「McAfee Virtual Network Security Platform」(以下「McAfee vNSP」)を本日よりラインナップに加えました。

テクマトリックスは、2012年からTRINITYセキュリティ運用監視サービスを提供しており、インターネットサービス/公共/金融/製造など様々な業界のお客様にご利用いただいております。『 ∴ TRINITY <トリニティ> 』が提供するセキュリティ運用監視サービスは、テクマトリックスが1次販売代理店として取り扱うセキュリティ製品を対象に、進化する各種機能や製品連携を活用した深く詳細なサービスのご提供と、設計・構築・保守(サポート連携による迅速な障害解決)・機器運用・セキュリティ監視・活用提案までをワンストップで提供し、お客様やパートナー様より高い評価を得て参りました。

昨今クラウド環境の利用が進む中で、オンプレミス環境と同じレベルのセキュリティ対策が求められており、高品質なセキュリティ製品と合わせ、単純な機械的な監視とは異なる高度なセキュリティ運用監視サービスが求められていました。AWS環境下で利用が進むマカフィーが提供する「McAfee vNSP」は、AWSに構築される防御対象となるホストへの負担軽減、シンプルなネットワーク構成でのIPS利用、ワークロードによるVM数の変動に対するオートスケーリング可能な拡張性が特長です。テクマトリックスでは、同社の次世代IPSを対象としたTRINITYセキュリティ運用監視サービスの導入実績を数多く有しており、そのナレッジとノウハウをクラウド環境向けのセキュリティ対策にも活用し、お客様のオンプレミス環境とクラウド環境の双方を統合管理し安全に運用できるよう支援します。

McAfee vNSP向けのTRINITYセキュリティ運用監視サービス for AWSでは、以下のサービスを提供します。

1. 高品質なアラート解析
オンプレミス環境に導入されたマカフィー次世代IPS向けに提供しているTRINITYセキュリティ運用監視サービス同様に、セキュリティイベントアラートの解析は、パケットペイロードを精査し、お客様環境を踏まえて解析されます。単純な機械的な監視とは違い、お客様の業務負荷を軽減するだけではなく、脅威の早期発見や被害の最小化に貢献します。

2. ワンストップでソリューションをご提供
テクマトリックスは、「McAfee vNSP」におけるライセンスの販売から、その設計・構築・保守・運用・セキュリティ監視をすべて提供することが可能です。

また、テクマトリックスの100%子会社となるクロス・ヘッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関根尚)は、Amazon Web Services, Inc.より「100 APN Certification Distinction」に認定された「APNスタンダードコンサルティングパートナー」です。AWSの導入支援から、運用・監視サービス、支払い代行サービスを提供しています。テクマトリックスグループでは、AWS運用の最適化と高度なセキュリティ対策をお客様へ提供します。(詳細は、 (リンク ») )

3. 監視サービス費用を固定化
監視サービスの費用につきましては、予め個別見積りを実施させていただき月額定額費用にて提供させていただきます。安心してご利用いただけるようになっております。

【McAfee vNSP向けTRINITYセキュリティ監視サービス for AWS 概要図】

[画像: (リンク ») ]


【今後の展開について】
テクマトリックスでは、本サービスを既存のTRINITYセキュリティ運用監視サービスのお客様を含め多くの分野へご提供することにより、年間(2018年度)50社へのサービス提供を目標にします。サービス費用は、個別見積りとなります、テクマトリックス担当者までお問合せください。

【マカフィー株式会社のエンドースメント】
このたびは、テクマトリックス様のセキュリティ運用監視サービスが、「McAfee vNSP」への対応を拡充されたことを心より歓迎すると同時に、今後もより緊密な連携を図っていきたいと考えております。AWS環境向けに最適化された次世代IPSによる脅威防御機能と、詳細な監視が施される本サービスによって、お客様がクラウド環境をより安全に利用可能になると確信しています。

マカフィー株式会社
代表取締役社長 山野 修

■テクマトリックス株式会社 について
テクマトリックス(東証一部:3762)は、クラウドコンピューティング時代に技術革新をもたらす情報基盤技術のインテグレーションを提供する「情報基盤事業」と、ソフトウェア技術を駆使し顧客の抱える問題領域におけるベストプラクティスを実装したアプリケーションの提供を行なう「アプリケーション・サービス事業」を提供しております。「情報基盤事業」分野では、独自の目利き力を活かし、北米を中心に高い技術力、競争力、成長力をもつ次世代ネットワーク、セキュリティ、ストレージ等の製品やサービスを見極め、単なる製品販売にとどまらない高付加価値なフルラインのサービスをお届けしています。

■∴ TRINITY <トリニティ>について
TRINITY <トリニティ> は、2012年より提供を開始しているテクマトリックスの提供するセキュリティサービスの総称です。その中心を担うのが、テクマトリックスセキュリティ監視センターにて提供するセキュリティ運用監視サービスです。ファイアウォールやIPS/IDSのセキュリティ運用監視サービスを中心に、サンドボックス監視サービスやSIEM運用監視サービス等を提供しております。

URL: (リンク »)

<サービス導入に関するお問い合わせ先>
テクマトリックス株式会社
ネットワークセキュリティ事業部 セキュリティ営業部 TRINITY営業課
TEL:03-4405-7817
E-mail:sec-monsrv@techmatrix.co.jp

<本プレスリリースに関する報道関係の方のお問い合わせ先>
テクマトリックス株式会社 ネットワークセキュリティ事業部 マーケティング 担当:岡元
TEL:03-4405-7814
E-mail:kokamoto@techmatrix.co.jp

*本原稿に記載されている社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]