オズモールユーザーのママ194人にアンケート「ファミリーで出かけよう!夏休みの穴場スポットランキング」

スターツ出版株式会社 2018年08月08日

From PR TIMES

家族で出かける夏休みの穴場スポットは、1位「水族館」、2位「プール」、3位「テーマパーク」

スターツ出版株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:菊地修一)が運営する女性サイト「OZmall」(会員数300万人) (リンク »)  は、オズモールユーザーのママ194人に聞いた「夏休みはここが穴場!お出かけしてよかったデートスポットランキング」を発表いたしました。 ※アンケート/OZmall(オズモール)調べ 期間:2018年 7/24~8/2、N=194人
■詳しくはこちら >>  (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

■ママたちにアンケート!夏休みに子連れでお出かけしてよかった穴場スポットは?
夏休みに子どもとどこにお出かけしようか、どこに行っても混雑していて大変・・・と、頭を悩ませているママたちも多いのでは。そこで、読者アンケートからわかった、子連れでお出かけしてよかった夏休みの穴場スポットランキングをお届けします。

■子連れお出かけにぴったりな穴場スポットは、1位「水族館」、2位「プール」、3位「テーマパーク」

[画像2: (リンク ») ]

1位 水族館 50人、2位 プール43人、3位 テークパーク 29人、4位 温泉28人、5位 リゾート 27人…。194人の読者のリアルな夏のお出かけ事情を大調査。「イルカの水しぶきをあびるのが楽しく、熱いので着替えも少なくてすむ」水族館や、「朝から夕方まで楽しめる」プールなど、涼を感じながら、子どもが飽きずに楽しめるスポットが人気のよう。「子連れだと移動が大変なので、クルーズ旅行は楽でいい」「ホテルランチで戦隊ショー。ちゃんと席がありしかも優雅にショーも見れるしブッフェだから子どもも大人も食事も楽しめる」というアドバイスも。

◆おすすめ:かわいいイルカショーは前列で水浸しになるのも楽しい【1位:水族館】

[画像3: (リンク ») ]

ショーやバックヤードツアーなど、ファミリーで楽しめる体験プログラムのある水族館
子どもが喜ぶおでかけスポットとして、水族館は大人気。でも、子どもはもちろん大人も楽しめるから、家族みんなで盛り上がれる。さまざまな趣向を凝らした展示はもちろん、やっぱり子どもと一緒にできる体験が魅力。シャチやベルーガのパフォーマンスや動物たちとのふれあいプログラムが楽しい「鴨川シーワールド」や、クスっと笑えるアシカ・パフォーマンスなど、遊び心いっぱいの「サンシャイン水族館」など、楽しい体験がいっぱいの水族館を紹介。
【読者のコメントを紹介!おすすめ穴場スポット】
・品川駅にある水族館、子どもを連れて歩くにはちょうど良い広さで、近くにレストランやフードコートもあり、子連れにはオススメです(ざきこさん・38歳)・江ノ島水族館。水族館をみたあと、海で水遊びが気軽にできる(かずさん・52歳)・鴨川シーワールドは圧巻のショーばかりで、大人も子どもも楽しむ事ができるのでオススメです(ネムリネコさん・43歳)・水族館でのイルカショー、前列に座り敢えて水浸しを喜んでいた(せこぴんさん・73歳)

◆おすすめ:賑やかな夏夜を過ごすのにぴったり【2位:プール】

[画像4: (リンク ») ]

月夜のスライダーはスリル満点!よみうりランドの「プールWAI」はエンタメ尽くし
多彩なプール&スライダーが魅力の、よみうりランドの「プールWAI(Water Amusement Island)」。今年はナイトプールのエリアを拡大し、昨年好評だったスイミングプールに加え、本物のビーチを思わす波のプールとスリル満点のスライダー2種も夜利用OKに。全長41.5m、最大勾配28度に及びスピードとスリルが味わえる「直線スライダー」、カーブの変化を107m楽しめる「スラロームスライダー」などスリル満点のスライダーが思う存分楽しめる。大人は1500円、子ども(3歳~高校生)は1000円という入場料で楽しめるから、いつもと違う夏の夜を過ごしてみては。
【読者のコメントを紹介!おすすめ穴場スポット】
・大磯ロングビーチ。流れるプールなどいろいろ楽しめる(みずきママさん・49歳)・近くの区民プール。大人以上に暑がりの子どもが、最高の笑顔になれる場所かもしれません(おみかんさん・48歳)・スパリゾートハワイアンズは東京駅から無料のシャトルバスが出て子連れには助かる(あみちゃんさん・54歳)・大磯ロングビーチ。遊び疲れた後はそのままホテルにステイできる(rikyonさん・40歳)

◆おすすめ:キッズに人気の遊び場も!夏の東京ディズニーシー【3位:テーマパーク・遊園地】

[画像5: (リンク ») ]

7月スタートの新ショーなど、夏の東京ディズニーシーを子どもと満喫
子どもと過ごす夏休み。東京ディズニーシーでとっておきの思い出をつくってみては。7月より始まったばかりのショー「ハロー、ニューヨーク!」や、海賊気分になりきれるフォトロケーション、キッズに人気の「アリエルのプレイグラウンド」も子連れお出かけにぴったり。夏だけのショー「パイレーツ・サマー バトル“ゲット・ウェット!”」は、ジャック・スパロウとキャプテン・バルボッサ率いる海賊団との戦いは迫力たっぷりで、子どもも夢中になること間違いなし。水しぶきの降りかかる演出もあるので、ボンチョやタオルの準備を忘れずに。オズモール編集部のママエディターとオリエンタルランドの広報がつくったコースガイドには、ほかにも楽しいイベントがいっぱい。子どもも大人も楽しいひとときを過ごして。
【読者のコメントを紹介!おすすめ穴場スポット】
・チームラボ未来の遊園地、平日だと比較的スムーズに入れる。涼しく、身体、頭、両方使って遊べる(つうさん・37歳)・東京遊びマーレ。子どもが喜ぶ遊具がたくさんありました。炎天下が苦手なので屋内は助かります(えむさん・46歳)・大宮の鉄道博物館はいつ行っても喜んでくれるので連れて行きがいがあります(ゆきひなさん・39歳)・ディズニーシーへ行き子どもは目一杯遊び疲れ切って、HOTELミラコスタに泊まって家族でホッとしました。翌日はHOTELのプールでいっぱい泳ぎ楽しんで大喜びで良かったです(虹さん・35歳)

◆【特集】ママも子どもも一緒に楽しめる!子連れお出かけ

[画像6: (リンク ») ]

子どもと一緒にお出かけしたい、ママになってもお出かけを楽しみたい。でも赤ちゃんや子どもを連れてのお出かけは、心配ごとも多いから、子どもに安全、ママも安心のOZmall厳選スポットやレストラン、温泉宿などをご紹介。気になる授乳室やオムツ交換スペースの有無も。
◆特集はこちら >>  (リンク »)

■「オズモール」とは? >> (リンク »)
「オズモール」は1996年に女性誌「OZmagazine」のWEB版としてスタート。特集記事や、高級ホテル・レストラン・ヘアサロンなどのプレミアム予約サービスを掲載し、会員300万人に支持されています。

■お問い合わせ先 : スターツ出版株式会社  広報 佐々木  
TEL:03-6202-0311 Mail : contact-stp@starts-pub.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スターツ出版株式会社の関連情報

スターツ出版株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]