株式会社ロックオン、株式会社EVERRISEが提供する運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」事業を買収

株式会社ロックオン 2018年08月10日

From PR TIMES



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、8月10日に株式会社EVERRISEの運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」を買収することを発表します。
広告レポート作成業務の削減を目的として開発されたアドレポ事業の買収により、高度化する分析レポート作成を自動化し、マーケティング業務の効率化を実現します。

■事業買収の経緯
消費者行動の多様化・分散化によって企業のマーケティング活動の高度化・複雑化が進み、多岐に渡るマーケティングデータの統合的な分析に課題を抱える企業が増えています。このような背景から計測レポートの作成業務を効率化し、企業のスピーディーな投資判断を支援すべく、この度の事業買収に至りました。

「アドレポ」は、運用型広告のレポート作成を自動化するクラウドサービスで、広告代理店のレポート作成業務の削減を目的としたツールです。広告コストや配信結果等の媒体データをAPI連携によりアドレポ内に集約し、Excel形式等の広告レポートを自動出力します。これまでレポーティングとビジュアライズにかかっていた工数を削減、業務の効率化を実現することにより、広告代理店の運用業務負担軽減とアカウンタビリティの向上に貢献しています。
一方、当社の「アドエビス」は、媒体を横断した広告効果を可視化する広告効果測定機能を主に広告主向けに提供してまいりました。この度の買収は、アドエビスの効果測定データと広告媒体データのシームレスな連携で広告代理店へのサービス向上と利便性強化を実現するものとなります。

当社では、今後もテクノロジーを通して、広告主ならびに広告代理店のマーケティング業務の自動化と効率化に貢献し、労働生産性の向上による働き方改革に寄与してまいります。


■「アドエビス」について
「アドエビス」は、顕在層向け施策である、獲得型広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
URL: (リンク »)

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001年6月
URL: (リンク »)
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

■株式会社EVERRISE概要
会社名: 株式会社EVERRISE
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F
代表者:倉田 宏昌(くらた ひろまさ)
設立:2006年7月
URL: (リンク »)
事業内容:マーケティングテクノロジー開発、アドプラットフォーム開発

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロックオンの関連情報

株式会社ロックオン

株式会社ロックオンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]