アイモバイル、動画事業において株式会社fluctが提供する全画面インタースティシャル広告のメディエーションと連携開始

株式会社アイモバイル 2018年08月14日

From PR TIMES

~動画インタースティシャル広告で更なる収益の最大化へ~



株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場:証券コード6535、以下アイモバイル)はスマートフォンに特化した動画アドネットワーク「maio(マイオ)」において、株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)の提供する、スマートフォンアプリ向け全画面動画インタースティシャル広告のメディエーションと連携を開始致しました。今回の連携により、「fluct(フラクト)」をご利用中のアプリ事業者が全画面動画インタースティシャル広告を実装することで、収益性の高い「maio」の広告を容易に配信することが可能となります。

[画像: (リンク ») ]


全画面動画インタースティシャル広告とは、任意のタイミングでスマートフォンアプリの全画面に展開されるインタースティシャル広告です。maioでは30秒以内の動画案件が配信され、視聴ユーザーは再生途中で動画をスキップすることが可能です。

従来の静止画のインタースティシャル広告に比べ、視認性が上がり高い訴求効果が期待できます。また、動画リワード広告のように、動画視聴によるポイントやアイテムなどのインセンティブ付与が不要なため、インセンティブ設定が難しかったツールや女性向けなど幅広いジャンルのアプリでご活用いただけます。

今後もアイモバイルでは「fluct」との連携をきっかけに、動画広告において収益最大化のための広告コミュニケーションを行ってまいります。

■画像ダウンロード(ご自由にお使いください)
(リンク »)

■「maio」について < (リンク ») >
「maio」はアイモバイルが運用するスマートフォンアプリに特化した国内最大級の動画アドネットワークです。自社開発による迅速かつ臨機応変な機能構築を強みとしており、広告表示形式では、インセンティブ付与型の「動画リワード」とスキップ機能付きの「動画インタースティシャル」を用意することで多種多様な配信を得意としています。また、配信先を開示していることが大きな特徴であり、配信先やクリエイティブごとの効果状況をリアルタイムで確認ができるうえに、フリークエンシーコントロールを用いてユーザー行動に合わせた最適な広告運用を実現しております。

【アイモバイルについて】
アイモバイルはインターネットを通じて、高度で安心し喜んでもらえるサービスの創造、提供を行い、モバイル広告に改革を起こしたいという想いを胸に2007年に創業いたしました。現在では、インターネット広告事業を軸とし、国内最大級の規模を誇るアドネットワーク「i-mobile Ad Network」を提供しております。また、当社は、これまで培われた顧客基盤と自社開発による迅速かつ幅広い事業展開を強みとしており、アフィリエイト事業、動画広告事業及びDSP事業等の多種多様な広告配信サービスを展開し、昨年にはデジタルサイネージ広告事業「SCEEN(シーン)」の提供を開始するなど、新しい技術の創造やサービスの構築に取り組んでいます。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイモバイルの関連情報

株式会社アイモバイル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]