マンハッタン・アソシエイツが倉庫管理システムを一新、あらゆる情報を集約するコネクティド・コマースを実現

マンハッタン・アソシエイツ株式会社 2018年08月28日

From PR TIMES

WMSのトップベンダーとして、高度なフルフィルメント・インテリジェンス、標準装備のWES、直感的な統合ユーザーインターフェイスを提供

マンハッタン・アソシエイツ株式会社は、市場をリードする倉庫管理ソリューション(WMS)を全面刷新いたしました。新たに生まれ変わったWMSは、オーダー管理の柔軟性向上、資産の最大活用、さらにはモバイル化推進といった様々な機能により、小売、流通、物流の各領域におけるフルフィルメント業務に革新をもたらします。

従来、小売店に大きく依存していたメーカー各社は、売上と利益の向上のために、いまや消費者への直接販売(D2C =Direct to Consumer)の機会を広げ、顧客との密なリレーションシップ構築を図りながら、市場での販売競争を展開しています。世界的な経済誌であるForbesによると、消費者に直接販売を行なうメーカーは今年だけでも71%増えるだろうと予想されています。
ところが、多くの伝統的な倉庫管理システムは、小口のD2Cオーダーを効率的に処理する機能を有していないのが現状です。

こうした状況においてマンハッタン・アソシエイツでは、デジタル環境の進化によってあらゆる情報が集約される「コネクテッド・コマース」のニーズに対応するための、最先端のWMSソリューションを開発しました。この最新ソリューションは、従来にないほど高度なオーダー・インテリジェンス機能や最適化機能を備え、人と機器の絶妙なオーケストレーションを実現することで、労働力に機敏性と効率性を与えます。

米国Manhattan Associatesの社長兼CEO、Eddie Capel(エディ・ケイペル)は、次のように述べています。
「激しく変化する市場では、スピード、効率性、可視性、信頼性など、さまざまな面での改善が常に求められますが、それらは企業のサプライチェーン全体と倉庫の運用に対しても大きな影響を及ぼします。このたび、マンハッタンが市場をリードする倉庫管理ソリューションをさらに強化し、インテリジェントな最適化機能、アセットオーケストレーション機能、労働力を動的に組み替えることができる機能など、変化するニーズに確実に対応できる多様なツール群をお客様に提供できるようになったことを嬉しく思っています」

オーダーストリーミング
歴史的な経緯から、多くの倉庫は大量生産のための保管施設として設計されており、それに対応した最も効率的なオーダー処理方法が、ウェーブ方式のフルフィルメント手法です。こうした伝統的な流通センターでは、今日のEコマースの隆盛を完全には予測できていなかったため、主要倉庫とは別に、二次施設または専用エリアの建設などによりEコマースへの対応を行なってきました。ところが、専用の別施設の運営には、設備、在庫、労力を維持するための新たな追加コストが必要になってきます。
マンハッタンの新しいWMSでは、オーダーストリーミングの機能を強化することで、1つの施設でウェーブ、ウェーブレスおよびフロースルーのオーダーを同時に処理することが可能な、インテリジェントなフルフィルメント最適化エンジンを提供します。新たなオーダーストリーミング機能によって企業は、さまざまなフルフィルメント・メソッドを動的に管理しながら、受注処理時間の短縮、精度の向上、サービス・レベルの向上などを実現することができます。

倉庫実行システム(WES)
近年のロボット工学や自動化技術の進歩に伴い、倉庫作業にも効率化の波が急速に押し寄せています。しかし、ひとつの施設内に、複数メーカーによる様々なタイプの自動化機器が混在して導入されている現場も多く、管理面での問題も発生しています。多様なテクノロジーを互いに連携させ、合理的な運用を実現するためには、人的な労働力と同様に、必要とされる作業負荷を倉庫管理システム全体で予測できる、高度に統合された機能が必要になります。
マンハッタンは、業界で初めてWMS内に倉庫実行システム(WES)を組み込んだ実績を持つベンダーです。マンハッタンのWESなら、多様なリソースを対象としたワークフローを効率的に処理できるだけでなく、あらゆる自動化機器と迅速かつシームレスに統合できるよう設計されていますので、複数の事業所間での業務調整もスムーズに行うことができます。

CEOのEddie Capelは、さらに次のように述べています。
「倉庫にロボットや自動化技術を導入し、活用している現場には、間違いなく新たな価値がもたらされていることでしょう。しかし各ツールは、単に導入すれば便利になるというものではなく、そこに人間の思慮や効率的なワークフローの構築が欠かせないというのも事実です。マンハッタンがお届けするのは、WES機能を組み込んだWMSによる、先進の倉庫管理インテリジェンスであり、すべてのリソースのパフォーマンスを最大化することを可能にする、サプライチェーンの全体調整のためのソリューションなのです」

一元管理型の物流管理メソッド
マンハッタンの一新されたWMSは、最新のタッチスクリーン技術とデータ視覚化技術を活用した直感的なユーザーインターフェイス(UI)により、現場管理者があらゆる場所から状況を把握し、判断、調整を行うための、一元管理型の物流管理メソッドを提供します。マンハッタンの高度な分析機能により、管理者は倉庫のパフォーマンスを幅広く監視し、実行可能なアイデアを得ると同時に、作業の傾向や問題にリアルタイムで対応することができます。新たに用意されたインターフェイスには、タスクを合理化し、トレーニング時間の短縮を支援するアソシエート・バージョンも用意されており、パソコンやモバイルタブレットなどの主要OSのいずれにおいても、一貫性のある使い慣れた操作感を提供します。


マンハッタン・アソシエイツの最新の製品情報や顧客、パートナーに関するニュースは、TwitterおよびFacebookからご覧ください。


●マンハッタン・アソシエイツについて
マンハッタン・アソシエイツは、サプライチェーンとオムニチャネル分野のテクノロジーリーダー企業です。フロントエンドの販売プロセスとバックエンドのサプライチェーンの統合によって企業内外の情報を集約するとともに、先進のソフトウェア、プラットフォーム技術、および豊富な実績と経験が、お客様の成長と収益の確保を強力に支援します。
そして、最先端のクラウドならびにオンプレミス環境をベースとしたソリューションを開発し、店舗、流通ネットワーク、物流センターに提供することで、オムニチャネル市場におけるビジネスを成功へと導きます。
詳細についてはwww.manh.com/ja-jpをご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マンハッタン・アソシエイツ株式会社の関連情報

マンハッタン・アソシエイツ株式会社

マンハッタン・アソシエイツ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]