編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」掲載前広告の指定除外機能の実装によりメディアのブランド価値を保護

株式会社Speee

From: PR TIMES

2018-08-29 11:01

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 英樹)は、当社が開発・運営するネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU (ウゾウ)」において、メディアのブランドセーフを確保するため、掲載する広告を事前に選定できる新サービスを開始しましたのでお知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]


現在、インターネット広告市場の拡大と共に広告自体のクオリティも多様さを増しています。その結果、メディアの世界観に合わない表現の広告や、メディア訪問者の特性に合わない内容の広告が掲載されるなどしてメディアのブランド価値の毀損につながるケースも見られます。UZOUは、こうしたリスクからメディアのブランド価値を守り安全性を確保するため、新しいサービスを開始いたしました。

このたび開始した新サービスでは、メディアが自社のコンテンツと親和性の低い広告を掲載前に指定除外が可能になりました。そうすることで、運営するサイトのブランド価値を守り、ユーザー体験の質を上げることに繋がります。

UZOUはこれまでも、より良いユーザー体験を提供するため、広告の透明性とブランドの安全性を高めるサービスを目指して常に複数アルゴリズムの改善・最適化に努めてまいりました。累計掲載メディア数は550社を超え、メディア特性に合わせた広告審査基準を設定することでユーザー満足度の高いコンテンツを提供し、メディアの収益最大化に取り組んでおります。

今後もメディアと広告主双方のブランドを守り、広告の周りにある“興味”で繋がる価値の連鎖を今よりもっと良く”進化” できるよう開発を進めてまいります。

<サービス概要>
サービス名:UZOU (ウゾウ)
内容:ネイティブアド配信プラットフォーム
公式サイト: (リンク »)


株式会社Speeeについて
株式会社Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。弊社はデジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスにはネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」、不動産査定サービス「イエウール」( (リンク ») )などがあります。( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]