【オリックス・レンテック】ロボットレンタルサービス「RoboRen」ヒト協働ロボット「Sawyer」のレンタルサービスを開始

オリックス株式会社 2018年09月05日

From PR TIMES

~高い操作性で多様な作業を効率的に支援、自動化を促進~

 オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:井尻 康之)は、住友重機械工業株式会社(本社:東京都品川区、社長:別川 俊介)と協力し、本日より、米国のリシンク・ロボティクス社が開発したヒト協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」の法人向けレンタルサービスを開始しますのでお知らせします。オリックス・レンテックの次世代ロボットレンタルサービス「RoboRen」で取り扱います。



 「Sawyer」は、安全柵で囲うことなく人間と並んで作業が可能な協働型の単腕ロボットです。ピッキングや部品の供給、組み立てなどを得意とし、人間と接触時には、即座に停止する高感度なセンサー機能を備えています。アームを直に動かすだけで動きを記憶し設定できるため、プログラミング言語などの専門知識を必要とせず、初心者でも簡単に操作が可能です。
[画像1: (リンク ») ]



 手首部分にはカメラが搭載されており、対象物を掴んで所定の位置に移動したり、登録された形状の対象物のみを拾い上げたりすることができます。さらに、顔に相当する小型ディスプレイに表示される瞳が、手先の動きを常に追うため、周囲にいる人間が直感的に「Sawyer」の次の動作を推測しやすい設計です。自動車産業をはじめとした製造業を営む中小企業にも導入しやすいロボットとなっています。


 労働力不足への対応や生産性向上に向けて、ロボットによる自動化ニーズが高まる中、実証実験などの機会として、レンタル需要も広がりを見せています。
 レンタルサービスには、基本操作トレーニングや期間中の電話サポートサービスを付加しており、お客さまの円滑なロボット導入を支援します。「Sawyer」の「6カ月お試しレンタルパック」ラージグリッパーキットの場合、レンタル金額は月額301,000円(税別)でご提供します。今回の取り組みにより、「RoboRen」の取り扱いロボットラインアップは18メーカー30機種となります。

 両社は、今後もロボットの利活用を促進し、さまざまな産業分野の自動化を実現することで、国内の人材不足の解消や生産性向上などの課題解決と、国内産業の発展に貢献してまいります。

[画像2: (リンク ») ]


オリックス・レンテック概要
 1976年に日本初の計測器レンタル会社として創業し、ハイテク機器のレンタルを軸に事業を展開しています。2016年より次世代ロボットレンタルサービス「RoboRen」を開始し、ロボット本体のレンタルと自社専任エンジニアによる技術サポートを行っています。また、常設のロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」「Tokyo Robot Lab.2」(東京都町田市)では、お客さまに実物のロボットの動作や操作性を確認していただく機会もご提供しています。

住友重機械グループ概要
 一般産業機械から最先端の精密機械、さらに建設機械、船舶、環境・プラント機器までをカバーする総合機械メーカーです。2015年には、iロボット(iRobot Corp)の創業者としても知られるMITコンピュータ科学・人工知能研究所元所長ロドニー・ブルックス博士によって設立されたRethink Robotics社が開発した人と協働するロボット「Sawyer」の国内独占契約を締結しました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

オリックス株式会社

オリックス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]