『WIRED』日本版が“ビジュアル・ジャーナル”シリーズ『WIRED VIDEOS』をローンチ!

コンデナスト・ジャパン 2018年09月07日

From PR TIMES

第1弾として、伊藤穰一(MITメディアラボ所長)を迎えた「Get Wired」シリーズをリリース開始



[画像: (リンク ») ]

テクノロジーの進化を通して、ライフスタイルからビジネス、カルチャー、エンターテインメントまで、その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、イノヴェイターたちをインスパイアするメディア『WIRED』日本版は、新たな試みとして“ビジュアル・ジャーナル”シリーズ『WIRED VIDEOS』を2019年9月7日にローンチしました。記念すべき第1弾は、『WIRED』日本版が「すでに存在する未来」をスペシャルゲストとともに探り起こし、幅広いテーマで繰り広げるトークセッション「Get Wired」シリーズです。『WIRED』日本版編集長・松島倫明が、MITメディアラボ所長・伊藤穰一をゲストに迎え、『WIRED』の原点から次の時代の経済や国家の可能性、そして新たなムーヴメントまでを語り尽くします。エピソード1は、「伊藤穰一、ワイアードを語る| Joi and WIRED」となり、以下のURLでご視聴いただけます。

『WIRED VIDEOS』公式Youtubeチャンネル: (リンク »)
「Get Wired」エピソード1: (リンク »)

『WIRED VIDEOS』は日本のみならず、『WIRED』US、UK、イタリア、ドイツのチームとも連携し、プレミアムなヴィデオコンテンツをYouTubeを中心としたマルチプラットフォームへディストリビューションし、視聴者の皆様へお届けして参ります。多彩なビジュアル表現と映像ならではのストーリーテリングで、テクノロジー、カルチャー、経済などを『WIRED』日本版の切り口で語るオリジナルシリーズの他、米国コンデナスト・エンターテインメント(CNE)と『WIRED』US版が制作したプレミアムシリーズも合わせて公開して参ります。今後も、『WIRED』日本版及び『WIRED VIDEOS』に是非ご期待ください。

■『WIRED VIDEOS』「GET WIRED -Future is already here.-」シリーズ紹介

アイデアとイノヴェイションによって世界を一歩前に進めるために、人間とテクノロジーはどのような共進化を描くのか──「GET WIRED -Future is already here.-」は、「すでに存在する未来」をスペシャルゲストとともに探り起こし、現在と接続していくプレミアム・インタビューシリーズです。

『WIRED』日本版編集長・松島倫明がMITメディアラボ所長・伊藤穰一を迎え、最先端のカルチャー、ビジネス、政治から新たなムーヴメントまでを語り尽くします。(全7回)

Episode 1: 伊藤穰一、ワイアードを語る| Joi and WIRED 9/7公開 youtu.be/CiIzqaD0Ivg
Episode 2: 今の経済は独占へと向かうのか?| ECONOMY and MONOPOLY : 9/14 公開
Episode 3: レギュテックと国家の役割とは?| REGULATION and NATION: 9/21 公開
Episode 4: ミレニアル世代が起こすムーヴメント| MILLENNIALS and MOVEMENT:9/28公開
Episode 5: メディアの信用性はどうなる?| MEDIA and CREDIBILITY: 10/5公開
Episode 6: 民主主義に代わる“本物さ”とは?| DEMOCRACY and AUTHENTICITY: 10/12公開
Episode 7: 次の注目の技術は人間の拡張| NEXT TECHNOLOGY and ENHANCEMENT: 10/19公開

■今後公開を予定しているシリーズ(一部)

FUTURE CITIES(WIRED UK)
都市とテクノロジー、未来をテーマにしたドキュメンタリーシリーズ。「Holy Land: Startup Nations」ではイスラエルとパレスチナという環境でスタートアップに取り組む人々が描かれ、「Shenzhen: The Silicon Valley of Hardware」では、中国テクノロジー業界の中心都市・深圳をフィーチャーし、欧州と異なる知的財産の概念を持ち、驚異的なスピードで電子電気製品を製造する人々の姿が描かれる。

CYBORG NATION(WIRED US)
ふくらはぎの筋肉の実際の動きを正確に反映するように設計された「バイオニック義足」、マイクロチップを搭載した小さなリュックサックでゴキブリを遠隔操作し、災害時に瓦礫の下などを捜索させる「CyberRoach」計画…。サイボーグテクノロジーはどれほど私たち人間のエクスペリエンスに影響を及ぼすのか?開発者のアイデアや苦労に迫るドキュメンタリーシリーズ。

WIRED AUTOCOMPLETE INTERVIEWS(WIRED US)
「アン・ハサウェイのポエムの題材は?」「カーラ・デルヴィーニュはエマ・ストーンと親戚?」「マット・デイモンは死んだ?」サーチ・エンジンでよく検索される言葉をもとに、『WIRED』がセレブ本人にインタビュー。映画やTVに登場する俳優たちの意外な一面が見られる人気インタビューコンテンツ。

■『WIRED VIDEOS』とは
『WIRED』日本版が、新たな試み“ビジュアル・ジャーナル”としてコンデナスト・ジャパンの映像事業部門コンデナスト・ヴィデオとともに展開する、ドキュメンタリーを中心とした映像シリーズです。WIRED.jp、Youtubeを中心にマルチプラットフォームにコンテンツを配信します。

公式サイト: (リンク »)

■『Condé Nast Video』とは
コンデナスト・ジャパン(東京都渋谷区、代表北田淳)が2016 年に立ち上げた、コンデナスト・ヴィデオ (Condé Nast Video)は、ユニークなストーリーテリングのヴィデオ・コンテンツを企画・制作し、多彩なフォーマットで、あらゆるプラットフォームに展開する、プレミアムコンテンツスタジオです。コンデナスト各国や米国コンデナスト・エンターテインメント(CNÉ)と連携し、「VOGUE Videos」や「VOGUE GIRL Video」、「GQ Video」、そして日本初上陸のタイトルも含め5,000エピソード以上のオリジナルシリーズの制作・配給・配信をしています。ソーシャルメディア、ウェブサイト、ヴィデオ配信サーヴィスはもちろん、TV局や映画祭とも連携し、国内外で多彩に事業展開をしています。

公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コンデナスト・ジャパンの関連情報

コンデナスト・ジャパン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]