ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、OITAドローンフェスタ2018にて先行公開

株式会社ORSO 2018年09月20日

From PR TIMES

ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親、以下ORSO)は、ドローン・IoT分野でのビジネス創造と、人材育成を目的とした業務提携を今年2月に発表した、株式会社オーイーシー(本社:大分県大分市/代表取締役社長:加藤健、以下オーイーシー)と共同開発を進めている、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、OITAドローンフェスタ2018にて先行公開致します。




[画像: (リンク ») ]

地方創生×ドローンで重要な、
飛行可能場所を告知し”繋ぐ”ツール
自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」は、ドローン飛行可能な場所を、観光や産業に役立てる目的で、自治体や観光協会、各地ドローン協議会向けに提供を行い、飛行場所を登録することで地元資源の活用を促進する飛行場所管理ツールです。
「DUCT」は、場所の詳細や位置情報、住所などの、ドローン飛行に関連する情報を地図上で視覚的に範囲指定し登録することが可能です。また、飛行可能場所の登録から、一時的な飛行禁止や時間指定の告知など、様々な告知機能に対応しております。登録された情報は、多くのユーザー様が利用する「ドローン飛行チェック(do株式会社)」アプリや、連携先WEBサイトを通じて広く告知することが可能となります。この「DUCT」の機能により、これまで自治体ホームページ上でしか閲覧できなかった情報を、日本中のユーザーに告知・閲覧してもらえる仕組みを実現し、連携先のサービス内容によっては、利用ユーザーから施設利用料等を徴収する仕組みもご用意しております。ご希望の自治体様は下記お問合せ先までご連絡ください。

<DUCT(自治体向けドローン飛行場所管理ツール)>
〇公式ホームページ   (リンク »)
〇お問合せ先 drone@oec.co.jp

ドローン産業振興が盛んな大分県における、
OITAドローンフェスタ開催と、フェスタでの先行公開
自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」は、自治体と観光・産業を繋ぐ目的で、ORSOと、オーイーシーの共同事業として企画開発し、大分県ドローン協議会が推進する「大分県ドローン産業研究開発事業」の採択事業として開発を進めています。大分県では、市場の成長が期待されるドローン分野の産業集積を加速させるため、先端技術イノベーションラボ「Ds-Labo」を大分県産業科学技術センターに整備し、企業のドローン開発を支援するとともに、先駆的な実証実験などに取り組まれており、産学官で構成される「大分県ドローン協議会」では、県内民間企業が中心となって、ドローン産業の振興に取り組まれています。このような官民一体となった大分県のドローンの取組を全国に情報発信するとともに、大分県におけるドローン産業に関する気運を高めることでさらなるドローン産業の振興を図る目的で、「OITAドローンフェスタ2018」が開催され、その会場内において、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を先行公開致します。

<OITAドローンフェスタ概要>
主催:OITAドローンフェスタ2018実行委員会
企画運営:株式会社TBSテレビ
開催日時:平成30年9月23日(日曜日)、24日(月曜日)
場所:大分銀行ドーム

今後もORSOとオーイーシーは、大分県におけるドローン・IoT分野でのビジネス創造と、人材育成を目的とした業務提携の元、新産業への価値あるサービスを創造し、提供して参ります。
(以上)

■株式会社ORSO
株式会社ORSOは、ユーザー体験をデザインする会社として、ゲームを始めとするスマートフォンを活用したサービスの企画開発やグラフィック制作、CMSなどの各種ソリューションの提供を行っています。2014年より新規事業の一環でドローンプロジェクトを開始し、映像撮影を通じて多くのフライト経験を積み自社安全基準を策定。DJI CAMPインストラクター技能認定、JUIDA認定スクール講師免許を取得。教育事業として、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)第1校目となる「ロボティクスアカデミー」にて100名を超えるドローンオペレーターを輩出。ドローンの世界的なリーディングカンパニーであるDJI JAPAN株式会社と共同出資によりdo株式会社(2016年10月)を設立し、事業者と依頼者を繋ぐ「drone market β版」や「ドローン飛行チェックアプリ」など “ドローンで社会を豊かに” をテーマに協働。ドローンとスマホアプリを繋げて、楽しみながら、学ぶ、新しいコミュニケーションの創造を目指した、ドローン操縦者育成アプリ「DRONE STAR」(2017年4月)、2020年小学校プログラミング教育必修化における 、ドローン学びの教材シリーズ「DRONE STAR(C)プログラミング」(2018年4月)を展開。これまで培ってきたノウハウを生かし、アプリやITサービス開発を通じてドローン事業を推進しています。

ORSOホームページ: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

■株式会社オーイーシー
株式会社オーイーシーは、昭和41年4月の創業以来、「技術と信用と真心」をモットーに、ICTサービス企業として、お客様のニーズにお応えしています。 大分県内をはじめ、全国のお客様へ公共ソリューションや民間ソリューションを幅広く提供しています。これまでに東京、福岡、関西に支社、香川、佐賀、富山に事業所を開設し、製品・サービスを通じて、全国のお客様に新たな価値をご提供することで、人と社会と未来への貢献に取り組んでいます。平成28年4月には創業50周年を迎え、従来の基幹事業に加えて、クラウドサービスやデータセンターサービスなどの推進、またAI・IoT・ドローンの研究開発に着手し、変化に強く、お客様から更なる信頼を得られる存在となるべく、新たなステージに進んでいます。大分県内では、OITA4.0への参画や大分県ドローン協議会への入会を通じ、大分の地域課題解決につながる取り組みを開始しております。

オーイーシー ホームページ:
(リンク »)   (2018.9.30まで)
(リンク »)   (2018.10.1から)

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ORSO(担当:波多野) drone@orso.jp
株式会社オーイーシー(担当:野﨑) drone@oec.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]