【開催報告】高山雅行氏が代表を務める、株式会社イノベイジの「ブレインフィットネス(R)」脳を休めるブレインレストプログラムを株式会社Speeeで実施し、生産性向上を実感

株式会社Speee 2018年09月27日

From PR TIMES

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 英樹、以下Speee)は、株式会社イノベイジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高山雅行)が提供する「ブレインフィットネス(R)」脳を休めるブレインレストプログラムを2018年9月18日にSpeee本社にて開催いたしましたのでご報告いたします。



[画像: (リンク ») ]

人生100年時代が到来し、長く働いたり、趣味やライフワークを楽しく過ごしたりする為に身体の健康だけでなく、脳の健康も見直されるようになりました。近年の研究ではビジネスパーソンの多くが悩む睡眠不足や過剰なストレスは、脳の神経細胞にダメージを与え、脳機能を低下させることも明らかになっています。

設立12年を迎えるSpeeeでは、創業期から社員の働く環境や仕事の生産性向上につながる施策を取り入れており、脳疲労の回復や、脳の健康に良い生活習慣の会得を目的とした脳トレーニングジム「ブレインフィットネス(R)」は社員の今後の働き方改善に活かせると考え、実施する運びとなりました。

今回は、Speee社員の働き方に合わせたプログラムをオリジナルで作成し、脳科学者の杉浦理砂様から脳の休息の重要性に関する講義をしていただき、デスクでもできるマインドフルネスとヨガのトレーニングを約90分実施いたしました。

参加者全員がブレインフィットネスで「脳の疲れが取れた」ことを実感
「ブレインフィットネス(R)」実施後のアンケートでは、参加者全員が脳の疲れが「とれた」「ややとれた」と実感し、8割が今後も自主的に続けていきたいと回答しました。

Speeeは引き続き、「 解き尽くす。未来を引きよせる。 」というミッションの持続的実現に向け、社員一同精進してまいります。


株式会社Speeeについて
株式会社Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。弊社はデジタルコンサルティング事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスにはネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」( (リンク ») )、不動産査定サービス「イエウール」( (リンク ») )などがあります。( (リンク ») )

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]