新製品【Shadow Suite】PC/Serverの統合仮想化ツールをリリース

アール・アイ 2018年10月01日

From PR TIMES

~データを持ち歩かず、働き方改革の実現を促進~

総合データプロテクションメーカーの株式会社アール・アイ(東京都千代田区 代表取締役:小川 敦)は、社外に持ち出すPCの情報漏洩対策及びセキュアなテレワーク環境を簡単に構築できる「Shadow Desktop」に、お客様からの要望に応え『いつでもどこでも働ける環境』に対応する機能・拡張を実現する「Shadow Suite」を11月1日より順次提供開始します。

「Shadow Suite」は、「Shadow Desktop」の機能を一部強化した製品と、複数PCから自分のデスクトップを起動できる新ライセンス1、仮想対象以外のユーザーディレクトリや他ドライブへの書き出しを制御する新ライセンス2を加えた製品構成となります。

特徴
従来は、持ち運びPCに特化し、低コスト・即導入・教育不要などが魅力であった「Shadow Desktop」。
1つのPCを複数人で使い回すシチュエーションに対応してほしい、デスクトップとモバイルPCを切り分けて使い分けているが、どちらでも同じ環境で仕事を続けたいという要望、仮想対象以外に保存できてしまうのは少し不安だと言ったお声に「Shadow Suite」は対応可能となります。


製品構成
・Shadow Desktop ・・・ ユーザーディレクトリ仮想機能、遠隔停止・消去機能
・新ライセンス1 ・・・ 複数デバイスから自分のデスクトップを呼び出す機能
・新ライセンス2 ・・・ 仮想対象外・他ドライブなどへの書き出し禁止機能

本製品は、10月17日(水)~19日(金)東京ビッグサイトで行われる
日経 X TECH EXPO/働き方改革2018のブース内にて展示・紹介いたします。
(リンク »)

2019年には、Server OSに対応したライセンスを提供する予定でおります。


株式会社アール・アイについて

アール・アイは、製品の企画・開発・販売・サポートを一貫して行なっている純国産の総合データプロテクションメーカーです。 データ一括保護やバックアップに関する特許技術を軸に、企業内のデータ保全や情報漏洩防止に貢献しています。主な製品として、集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズ、データ保護ソフト「シークレットフォルダー」シリーズ、データベース同期ソフト「KeepSync」があります。
※ Shadow Desktop は株式会社アール・アイの登録商標です。
※ その他、上に記載された会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。


リリースに関するお問い合わせ先

株式会社アール・アイ 広報担当
TEL:03-6853-7800
Mail:press@ri-ir.co.jp
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]