Linux Professional Institute は、グローバルの認定トレーニングパートナープログラムを日本で展開することを発表

Linux Professional Institute 日本支部 2018年10月01日

From PR TIMES

LPIのグローバルパートナープログラムは、日本のトレーニング企業のニーズを満たすために拡大され運用されます。

2018年10月1日 東京 -- オープンソースエンジニアのスキル開発の認定とサポートに注力する世界最大の組織であるLinux Professional Institute(以下 LPI)は、グローバルで実証されたトレーニングパートナープログラムを、日本で拡大・強化し、運用を開始することを発表します。



[画像1: (リンク ») ]

この計画は、6月に発表された5年間で3億2,500万円規模を上る「日本開発計画」の一部で、LPIの新しい東京事務所での活動の拡大に伴い、世界各地で運営され成功しているLPIパートナープログラムをベースに実施されます。

日本でのパートナープログラムは、民間のトレーニング会社と学校などの教育機関の両方をサポートします:
LPI 認定トレーニングパートナプログラム (LPI-ATP):民間トレーニング会社を対象
LPI 認定アカデミックパートナプログラム (LPI-AAC): 非営利団体と公立の学校、大学を対象

「私たちのトレーニングパートナーは日本でのLPI認定のさらなる普及をするための重要な役割を担っています。」と、東京事務所のコミュニケーションディレクター、伊藤健二氏は語っています。 「すでに、私たちと協力を望む教育団体や、トレーニング運営会社から多くのお問い合わせを頂いており、複数のパートナーとの協力関係を進めています。私たちはLPIのグローバルプログラムの強みと、日本でのニーズとを組み合わせ、新たな取り組みを開始していきます。」

伊藤氏はまた、「LPIは11月から随時、プログラムを説明するためのセミナーを開催します。 特に、バージョンアップされるLPIC-1認定試験と、新しくスタートするLinux Essentials認定試験をサポートするパートナーと、協力していきたいと考えています。」と述べています。
[画像2: (リンク ») ]

認定パートナーは、LPIが規定する一定の基準を満たしていることが条件です。LPIとの共同マーケティングの実施や、試験バウチャーの割引価格での提供を受け取ることができます。また、新しい認定試験の作成と、既存の認定試験の更新両方で、認定プログラム開発に参加することができます。

どちらのLPI認定パートナープログラムへの参加も、初期費用、年会費とも無料で提供されます。 プログラムはシルバー、ゴールド、プラチナ3つのレベルを用意しており、試験費用割引率が異なります。より多くのトレーニングを提供し、認定資格者を輩出するパートナーほどメリットを受けられるプログラムです。

2019年に創立20周年を迎えるLPIは、世界180カ国以上に展開するグローバル企業です。その認定プログラムは世界中で50万人以上が受験している信頼性の高い資格です。 日本では、現在までに320,000件以上のLPI試験が行われています。

<ご参考>
LPI教育パートナープログラムの詳細:
グローバルプログラムの詳細は、 (リンク »)
※日本におけるLPIのパートナープログラムの詳細については、 info-ja@lpi.orgへ直接メールでお問い合わせください。

LPIの日本での活動の最新情報:
(リンク »)

11月以降のパートナープログラム紹介セミナー:
こちらからお申し込みください。 (リンク »)

試験を受けるには:
■LPI-IDをお持ちでない方は、新規登録をお願いします。
(リンク »)
■LPI-IDをお持ちの方は、Pearson VUEテストセンターをご利用いただけます。
(リンク »)
■受験用バウチャーはPearson VUEでもご購入することができます。
(リンク »)
■認定資格の詳細については、下記URLをご参照ください。
(リンク »)
(Linux Essentialsおよび DevOps Tool Engineerの日本語試験は今後リリース予定です。)

Linux Professional Instituteについて:
(日本語版のLPIウェブサイトはこちらから: (リンク ») )
1999年に設立されたLinux Professional Institute(LPI)は、オープンソースの専門家のためのグローバルな認定基準とキャリアサポート組織です。580,000件以上の試験が実施されており、ベンダーに中立な世界で初めての、Linuxおよびオープンソースの認定機関です。 LPIは180以上の国で専門家を認定し、9言語で試験を行い、400を超えるトレーニングパートナーを擁しています。LPIは、戦略的パートナー、スポンサーシップ、革新的プログラム、コミュニティ開発活動を通して、Linuxとオープンソースの発展に尽力しています。LPIの主要財務スポンサーは、IBM、Linuxジャーナル、Linux Magazine、 HP、IDGなどです。

------------------------------------------
<ニュースリリースに関するお問い合わせ先>
Linux Professional Institute 日本支部
TEL: 03-5826-8491(平日 10:00~18:00)
MAIL: info-ja@lpi.org
担当:伊藤

<LPI日本支部お問い合わせ先>
Linux Professional Institute 日本支部
URL: (リンク »)
TEL: 03-5826-8491(平日 10:00~18:00)
MAIL: info-ja@lpi.org
担当:太田・田中

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]