「Epson ScanSmart」でスキャンを簡単、便利に!シンプルで使いやすいアプリケーション提供開始

エプソン販売株式会社 2018年10月01日

From PR TIMES

エプソンは、3ステップで簡単にスキャンできるパーソナルドキュメント用途向けのPC用スキャナーアプリケーション
「Epson ScanSmart」を、2018年10月1日より無料で提供開始します。



 新アプリケーション「Epson ScanSmart」は、スキャンからデータ保存までを手間なく行いたいというお客様のご要望にお応えし、3ステップでスキャン操作が完了します。ご自宅、オフィスにて、書類やレシートなどのいろいろな原稿を、難しい操作もなく簡単にスキャンすることが可能です。

<Epson ScanSmartの主な特長>
■難しい操作は不要。簡単操作でスキャン完了
「Epson ScanSmart」のスキャン作業は、3ステップ。まずは、スキャナーに原稿をセットしスキャンボタンを押すだけで、PC画面上にアプリケーションが立ち上がり、スキャンを開始します。そのあとは、スキャンした画像を確認し、データの保存先、転送先などの操作をアイコンから選択して操作は完了です。
[画像: (リンク ») ]


■目的に合わせたデータ保存作業なども簡単
 スキャンしたデータは、メールに添付して送信することや、クラウド※1にアップして情報共有することができます。さらに、プリンターにデータを送信して出力※2や、OCRを使用してMicrosoft(R)WordやExcel(R)、PowerPoint(R)形式の編集可能なデータに変換できます。

<対応機種・提供方法・提供開始日>
 2018年9月18日発表のA4モバイルスキャナー新商品を始め、既存のシートフィードスキャナーでもご利用いただけます。アプリケーションは、ダウンロードもしくは、スキャナーへのCD同梱にてご提供いたします。ダウンロードの場合は、エプソンのホームページ「サポート&ダウンロード」ページより、無料でダウンロードできます。
 *ダウンロードの際には、スキャナー本体のシリアルナンバー入力が必要です。

●「Epson ScanSmart」紹介ページ: (リンク »)

 今回、PC用のスキャナーアプリケーションは、パーソナルドキュメント向けの「Epson ScanSmart」が加わり、業務ドキュメント向けの「Document Capture Pro」、写真・グラフィック向けの「EPSON Scan/Epson Scan2」の3種類になりました。お客様の用途・目的に合わせたスキャナーとアプリケーションの組み合わせで、快適なスキャン作業をお手伝いします。

※1:転送可能なクラウドサービスは、Google Drive™、Evernote(R)、Dropboxです。
クラウドサービスをご利用いただくときには、各サービスのアカウントを登録する必要があります。
※2:エプソンのプリンターのみ対応。

(注) Microsoft、Excel、PowerPointは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における
登録商標または商標です。
(注) Google Drive、Google Driveのロゴは、Google Inc.の商標です。
(注) Evernote、Evernoteロゴは、Evernote Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
(注) Dropboxは、米国Dropbox Inc.の商標または登録商標です。
以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]