西武鉄道が東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて全91駅に多言語映像通訳サービス「みえる通訳」、指さし会話アプリ「さわって通訳」を導入

株式会社テリロジーサービスウェア 2018年10月01日

From PR TIMES

株式会社テリロジーサービスウェア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 鈴木 達)は多言語映像通訳サービス「みえる通訳」を2018年10月1日に西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長 若林 久)全91駅(小竹向原駅を除く)へ導入を行い、多言語ならびに手話通訳サービスの利用を開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]


▼ みえる通訳・さわって通訳の導入により外国人のお客さまへのサービス向上が可能に

「みえる通訳」・「さわって通訳」導入以前は、翻訳アプリを用いて西武線をご利用のお客さまのご案内をしていましたが、誤変換や音声認識の悪さ、駅名などの鉄道独自の用語に対応しておらず、お客さまに満足いただけるスムーズなご案内ができておりませんでした。

「みえる通訳」は、人による通訳であるため、鉄道独自の言葉や微妙なニュアンスまでお客さまに伝えることが可能になります。また、お急ぎの場合でもスムーズにご案内できるよう、指さし会話アプリの「さわって通訳」も導入し、西武鉄道オリジナルのシートカスタマイズも行いました。更に手話通訳サービスによって、バリアフリーにも対応いたします。「みえる通訳」と「さわって通訳」の導入により、外国人のお客さまへのサービス向上を期待して、全91駅(小竹向原駅を除く)での導入にいたりました。

▼ 今後の展望

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、駅係員が的確なシチュエーションで「みえる通訳」と「さわって通訳」のツールを用いて、親切かつ丁寧なご案内をできるようにすると共に、お客さまがスムーズに鉄道をご利用できる環境を目指してまいります。

みえる通訳公式HP: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

【会社概要】
会社名 :株式会社テリロジーサービスウェア
代表者 :代表取締役社長 鈴木 達
事業内容 :ICTサービスソリューションの企画・開発・販売
会社所在地: 東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル 4階

【本リリースに関するお問合せ先】
会社名:株式会社テリロジーサービスウェア
部署名:ソリューション事業部 インバウンドソリューショングループ
Email:info@mieru-tsuyaku.jp
TEL : 03-4550-0556 / FAX : 03-3237-3316

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]