ポノス、人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の新作ゲームを東映アニメーションとDeNAと共同開発!事前登録開始!

ポノス株式会社 2018年10月03日

From PR TIMES

ポノス株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)は、人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を題材としたスマートフォン向け新作ゲーム『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』(略称:ゆるゲゲ)を東映アニメーション株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:高木勝裕)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:守安功)と共同開発し、10月2日(火)より事前登録を開始したことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

本作は、世界累計3,800万ダウンロードを達成した『にゃんこ大戦争』のタワーディフェンスバトルを基盤としました。ポノス独特のシュールな世界感やシンプルながら奥深いゲームデザインと、今年でアニメ化50周年を迎える超人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のコラボとなります。

リリースは2018年11月を予定しております。

事前登録はこちら: (リンク »)
公式TWアカウントはこちら: (リンク »)

バトル仕様は『にゃんこ大戦争』でおなじみの横スクロールタイプのタワーディフェンス。魂を消費してキャラクターを召喚し、敵の陣地を攻撃します。キャラクターは最大10体まで編成することが可能です。
[画像2: (リンク ») ]

また、本作ならではの機能として「百鬼夜行モード」を実装しました。本機能を使用すると、溢れる程の妖怪が出現して敵を押し返します!

[画像3: (リンク ») ]

キャラクターを進化させることで、見た目が更にゆるくなる場合もあり、ポノスならではのシュールなキャラクターの動きをお楽しみいただけます。キャラクターは公式Twitterで順次紹介予定です。

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

また、10月7日(日)からスタートするテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』新章「西洋妖怪編」の制作発表会と共に、本作と本作のTVCMもお披露目しました。
発表会には、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』目玉おやじ役の野沢雅子さん、犬山まな役の藤井ゆきよさん、新章から登場するアニエス役の山村響さん、アデル役のゆかなさんが登場。
加えて、本作のTVCMに出演する人気YouTuberのHIKAKINさんをお招きし、鬼太郎トークで盛り上がりをみせました。

平成最後の年にふさわしい集大成的な作品となっておりますので、ぜひご期待下さい。

●タイトル概要

[画像6: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



●ポノスについて
ポノスは、1990年の創業以来一貫してゲームを通してエンターテインメントという文化の発展に貢献してまいりました。
【求められるモノは創らない、それ以上を創り出す。】を掲げ、求められるモノの中に、自分たちしか創れない価値をプラスしていくことを私たちは大切にしています。
現在は、スマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開し、代表タイトル『にゃんこ大戦争』は、世界累計DL数3,800 万を(2018年9月現在)超え、多くのお客様に楽しんでいただいております。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]