テュフズードジャパン、CPS/IoTテーマに中心、「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指す展示会「CEATEC Japan 2018」に出展

テュフズードジャパン株式会社 2018年10月05日

From PR TIMES

テュフズードジャパンは、2018年10月16日(火)~19日(金)に幕張メッセにて開催される「CEATEC Japan 2018」に出展します。開催期間中、テュフズードジャパンの展示ブースにて、「EN 62368-1」、「家電製品の機能安全 (IEC 60335-1 Annex R)」、「PSEマーク」のテーマについてプレゼンテーションを行います。皆様のご来場をお待ちしております。



[画像1: (リンク ») ]



テュフズードジャパンでは、「Add value. Inspire Trust (新たな価値、さらなる信頼) 」というコーポレート・スローガンのもと、高品質で安全かつ持続可能なソリューションを提供することを目指して、様々な活動を行っています。「CEATEC Japan 2018」では、日本技術の最新情報を提供するべく出展します。

テュフズードジャパンの展示ブースにて、「EN 62368-1」、「家電製品の機能安全(IEC 60335-1 Annex R)」、「PSEマーク」のテーマについてプレゼンテーションを行います。


[画像2: (リンク ») ]


EN 62368-1: 2014は、IT機器/AV機器に対する欧州の新しい整合規格です。 2020年12月20日以降、これらの機器を欧州に出荷する場合は、新規格 EN 62368-1: 2014への適合が必要です。展示ブースでは、新規格のポイント、及び新規格に移行する為の準備について分かり易く説明させて頂きます。

家電製品の機能安全 (IEC 60335-1 Annex R)は、製品の小型化が進む中で、ソフトウェアによる保護機能の実現の為に必要不可欠な評価項目となってきております。展示ブースでは、どういった場合にIEC 60335-1 Annex Rの機能安全評価が必要となるか、またその評価項目について分かり易く説明させて頂きます。
ケーススタディはこちら:  (リンク »)

この度、テュフズードグループである TÜV SÜD PSB Pte Ltdが、PSEマーク(電気用品安全法)に対する外国登録検査機関として認定されました。日本国内では、指定された電気用品を製造又は輸入する場合は、製品に PSE マークの表示(電気用品安全法への適合)が必要となります。展示ブースでは、PSEマーク(電気用品安全法)に対する適合のポイントについて分かり易く説明させて頂きます。
PSEマークの詳細はこちら:  (リンク »)

開催概要

<出展ブース>

[表: (リンク ») ]



Add value. Inspire trust.
テュフズードは、試験、検査、監査、認証を専門とする、高品質で安全なソリューションを提供しています。1866年以来、同社は技術関連のリスクから、人、財産および環境を保護するという基本理念のもとに取り組み続けています。ドイツのミュンヘンに本社を置く テュフズードは、全世界に1,000以上の拠点を置き、24,000人以上の専門家チームにより、世界的に活動しています。非常に貴重な洞察力に公平な専門知識を組み合わせることで、同社は、企業、消費者および環境に対する具体的な価値を高めています。テュフズードの狙いは、効率を上げ、コストを削減し、リスクを管理するために、世界中の包括的なサービスで顧客をサポートすることです。今日では、「次の実践」を形成する未来志向型企業としての重要な役割を果たしています。 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]