「100年大学 お金のこと学部 開学記念特別講座」を開催

日本証券業協会 2018年10月05日

From PR TIMES

人生100年時代に、これからのお金との向き合い方を考える 日本証券業協会、お金や証券投資の未来について学べる公開講座を開講

「ちゃんと貯金している」生駒里奈さん、「お金のセンス」特別問題で東大生と対決!
ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山和久氏や小説家 羽田圭介氏も登壇
当日より東京大学教養学部にて「人生100年時代のお金と投資の未来を考える講義」を展開




日本証券業協会は、「証券投資の日」である10月4日(木)、東京大学・安田講堂にて、お金や証券投資の未来について学べる公開講座「100年大学 開学記念特別講座」を開催しました。

本講座は、日本証券業協会が8月1日より開始した『100年大学 お金のこと学部』の一環で、“人生100年時代”を見据えて、これからのお金との向き合い方や証券投資について学び、考えてもらうことを目的とした、東京大学教養学部 ブランドデザインスタジオとのコラボレーションによる取り組みです。

当日は、お金や証券投資に知見が深い特別講師として、小説家 羽田圭介氏やウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山和久氏による人生100年時代におけるお金の未来に関する講義や、「100年大学」の学生代表である、タレントの生駒里奈さんをお招きし、お金との向き合い方を考えるトークセッションを行いました。

羽田氏は、「自分のなかに2つの部門を持つ」をテーマに、「投資などで自分の中に黒字部門ができたら、心に余裕ができるので、本当に自分がやりたいことができる」と語りました。次いで登場した柴山氏は、「人生100年時代の投資論」について講義を行い、出席した東大生からも「なぜ若者は証券投資に消極的なのか」など多くの質問があり、白熱したディスカッションが繰り広げられました。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

「100年大学 お金のこと学部」の学生代表としてアカデミックガウンを着て登場した生駒さんは、「学生代表として、学生らしい服装で来てみました!こういう服を着ることができてうれしいです」と衣装の感想を語りました。普段は「無駄使いはあまりしない」とお金にはしっかりした様子の生駒さんですが、100年大学開学記念テスト「お金のセンス」を受けてみると「問題が結構難しくて・・・恥ずかしい点数を取ってしまいました」としょんぼりした様子。それでも「お金の歴史の問題で、スウェーデンには現金お断りのお店があって、電子マネーで支払っているんですよね。すごいなあ。次世代ですね」と「お金のセンス」で理解を深めてくれたようです。また、証券投資は少額から始められるということを知ると、「座学より実践派なので…やってみようかな」という発言も。

生駒さんは、この日のために用意された「お金のセンス」特別問題で東大生と対決。東大生が間違えた問題にも正解してみせる一幕も。対戦の結果は、4問のうち、3問正解と、引き分けとなりました。生駒さんは、「『お金のセンス』を解いてみて、楽しみながらお金の知識を学ぶことができました。今日、色んなことを伺って、もっと自分の将来のことをちゃんと考えていかなといけないな、と思いました。東京大学は日本を支えていく方々が巣立っていくと思うので、こういう私みたいな人間を支えてほしいなって思います。その分、私は楽しさやうれしさを提供して、皆さんの活力になっていけるようになりたいです。がんばってください!」と東大生にエールを送りました。

本講座の開催に先立って登壇した東京大学教養学部 特任教授 ブランドデザインスタジオ主宰の宮澤正憲は、『100年大学 お金のこと学部』について、「本講座は、お金との付き合い方について考えなければならなくなっている今、経済学部など専門分野以外の人にも、考えてもらうきっかけを作ることができればと思い、はじめた取り組みです。」と紹介しました。また、日本証券業協会会長の鈴木茂晴は、「“人生100年時代”の皆さんの人生が、より安心でき、より楽しいものとなるよう、本講座をきっかけに証券投資について興味・関心を持っていただければうれしく思います」と会場の参加者に語りました。


<『100年大学 お金のこと学部』施策詳細>
1『100年大学 お金のこと学部』特設サイト公開および開学記念テスト「お金のセンス」配信
【概要】
特設サイト名: 『100年大学 お金のこと学部』
特設サイトURL: (リンク »)
オープン日: 2018年8月1日(水)より
内容: 開学記念テスト「お金のセンス」配信、生駒里奈さんWEB限定CM公開
■生駒里奈さんWEB限定CM紹介
特設サイトでは、生駒さんが楽しく、時に悩みながら「お金のセンス」を受験するWEB限定CMを公開しています。
動画URL: (リンク »)

2『100年大学 お金のこと学部 開学記念特別講座』
【概要】
タイトル: 『100年大学 お金のこと学部 開学記念特別講座』
日時: 2018年10月4日(木)
場所: 東京大学 安田講堂(文京区本郷7-3-1)
登壇者:
小説家 羽田圭介氏
ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山和久氏1
タレント 生駒里奈さん

3『100年大学 お金のこと学部』「お金の講義」実施、「お金の教科書」発行(予定)
『100年大学 お金のこと学部』開学記念特別講座を皮切りに、10月から12月にかけて、東京大学教養学部で「人生100年時代のお金と投資の未来を考える講義」を展開していきます。本講義は東京大学の学生を対象とした講義で、東京大学教養学部教養教育高度化機構の教育プログラム「ブランドデザインスタジオ」によって開催されます。一般の方々向けには、本講義の要点をまとめた『お金の教科書』を2019年春に出版予定です。講義にご協力いただく識者のレクチャーに加え、証券投資未経験の方や若い世代にも知ってほしいNISAの解説などがまとめてあり、これからお金のことに向き合う人、証券投資へのハードルを感じる人にも分かりやすい内容を掲載する予定です。


【登壇者プロフィール】

[画像3: (リンク ») ]

羽田 圭介
小説家。1985年東京都生まれ。高校在学中の2003年、「黒冷水」で第40回文藝賞受賞。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞受賞。


[画像4: (リンク ») ]

柴山 和久
ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO。「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立。2016年7月に世界水準の資産運用を自動化したロボアドバイザー「WealthNavi」、2017年5月におつりで資産運用アプリ「マメタス」をリリース。起業前には、日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画。その後マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務し、ウォール街に本拠を置く10兆円規模の機関投資家を1年半サポート。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。

[画像5: (リンク ») ]


生駒 里奈
1995年12月29日生まれ。AB型。乃木坂46一期生オーディションに合格して芸能界入りする。デビュー曲から5作連続で センターポジションを務め、グループの中心メンバーとして活躍する。2018年 5月に乃木坂46を卒業。卒業後はタレントとして活動するほか、舞台やドラマに出演するなど、女優としても注目されている。

[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]