デトロイトからシカゴを横断してきた巨匠Chez Damier、5年振りの来日!

株式会社グローバル・ハーツ 2018年10月07日

From PR TIMES

国内からはシカゴハウス愛好家REMI、CMT、Yoshinori Hayashi、Midori Aoyamaなど充実のフロア構成となる。




KERRI CHANDLER b2b CHEZ DAMIER house set at the last Southport Weekender ▼


[動画: (リンク ») ]



[画像1: (リンク ») ]

Chez Damier
1980年代後半、歴史に名を刻むクラブMusic InstituteのレジデントDJをDerrick Mayと共に務め、デトロイトにおけるクラブシーンの礎を築いた生ける伝説Chez Damier。その後、生まれ育ったシカゴへと舞い戻り、盟友Ron Trentと共にレーベル”Prescription”を設立。シカゴハウスのムーブメントを扇動することになる。奇跡的なメロディにエレガントなヴォーカル、窒息しそうなくらいにスピリチュアルなオーラを持ったサウンドは耳の肥えたオーディエンスから崇拝されるほど。シカゴハウスの歴史は彼抜きで語ることはできないだろう。ミニマルハウス以降のディープハウス・リバイバルが進行する中で、今なお輝きを放つ類まれなアーティストである。


[画像2: (リンク ») ]

[Music Institute Tee]

Chez Damierが設立メンバーでもあるデトロイトの伝説的クラブMusic Institute。ニューヨークのParadise Garageに対するデトロイトの回答としてスタートした会員制クラブで、約2年の営業期間ではあったが、当時駆け出しのDerrick Mayもレジデントを務めた。後にデトロイトテクノ発祥の地として、ダンスミュージック史にその名を刻んでいる。Music Instituteで実際に使われていたメンバーシップカードをモチーフにしたChez Damier来日記念Tシャツ。

Color: White / Black
Size: S / M / L / XL
会場限定プライス ¥3,800 (incl. tax) [通常¥4,860]



イベント詳細

10月13日(土)CHEZ DAMIER JAPAN TOUR
Open 22:00
Before 11PM ¥1000 | Under 23 ¥2000 | Member S ¥2500 | w/F ¥3000 | Door ¥3500

《前売券》
◎Resident Advisor (リンク »)
◎clubberia (リンク »)
◎iFlyer (リンク »)
----------------------------------------------------------------------------
Studio:
Chez Damier (Balance Alliance | Mojuba | Chicago)
REMI (ROUNDHOUSE | NIGHTCLUB)
CMT (Powwow)
Ririko Nishikawa (Blen Da House)
produced by PRIMITIVE INC.

Contact:
-organized by DAYBREAK-
Yoshinori Hayashi (Going Good)
U-T (flashin’)
Tatsuoki (Broad)
LowTechCircus (Diet Coke)
Kai Galactic (DAYBREAK | UNISENSE)

Foyer:
-organized by TSUBAKI FM meets Touch Wood-
Touch Wood crew
Mayu Amano
Midori Aoyama (Eureka!)

[Food]
Edie (青山蜂)

『デトロイトからシカゴを横断してきた巨匠Chez Damier、5年振りの来日!』

なんと5年振り。巨匠Chez Damier待望の来日となる。テクノ発祥の地デトロイトでは伝説のクラブMusic Instituteの創設者として、その後、ハウスが生まれたシカゴにて盟友Ron Trentと共に設立したレーベル“Prescription”でシカゴハウスのムーブメントを扇動。現在はヨーロッパのレーベルを中心にリリースを重ね、ダンスミュージックの変遷とともにその歩みをマイペースに重ねている。最新作は”Perlon”からリリースされたBen Vedrenとの新プロジェクトVILLA H2H作品。収録されているRicardo Villalobosのリミックスは三者の魅力が見事に溶け合った楽曲としてダンスフロアを揺らしている。
ミニマル以降のディープハウス復興の中で、90年代にリリースしてきた珠玉の作品群も数々リプレスされているタイミングでの今回のツアーは、多くの人が待ち望んでいた機会と言えるだろう。国内からは日本屈指のシカゴハウス愛好家REMIに、オルタナティヴなダンスミュージックの求道を続けるCMT、さらにオスロの老舗レーベル”Smalltown Supersound”から期待の1stアルバムがリリース直前のYoshinori Hayashiに、TSUBAKI FMを主宰するMidori Aoyamaなど充実のフロア構成となっている。 
文: 大山陽一 (PRIMITIVE INC.)

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



==========================================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
(リンク »)
You must be 20 and over with ID.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]