台北市の玉山銀行 鎌倉リスク管理ソリューション一式を導入

鎌倉コーポレーション 2018年10月09日

From PR TIMES

2018年10月2日(シンガポール):鎌倉コーポレーションは、本日、台湾台北市に本拠を構える玉山銀行(E.Sun Commercial Bank)が、資産負債総合管理(ALM)、金利リスク及び流動性管理、銀行勘定の金利リスク(IRRBB)、バーゼルIII規制に従った流動性管理比率(LCR)及び安定調達比率(NSFR)の管理に、鎌倉ソリューション一式を導入する契約を結んだことを発表いたしました。同行は、鎌倉のシステムで利用可能なオプションを総合的に評価した結果、その採用を決定しました。



玉山銀行は、本日の発表について以下のように述べています。「弊行が、ALM、IRRBB、バーゼルIII規制のLCR、NSFR等に対して鎌倉のソリューションを選択した理由は、その極めて優秀な一体化されたソリューションが、バランスシートの管理と規制当局の要件の両方に対応できることにあります。鎌倉のプロフェッショナルな取り組み方、そして世界やアジア地域のスタッフをはじめ、台湾のコンサル担当スタッフの専門性が高いことにも感銘を受けました」

「リスク・マトリックスを作成する前に、当行のエクスポージャーに関するデータの抽出と調整を一元的に行うため、共通のデータ・アーキテクチャーに基づいた戦略分析やレポーティングを、一貫したアプローチで行えるようになります。このため、データの分析や連結に費やす時間が大幅に削減され、レポーティングのスピードと精度が向上します」

「また、IRRBBモジュールの使い方について、鎌倉からトレーニングを受けられることにも感謝しています。弊行ではこのモジュールを、資金利益の増減額、あるいは資本の経済価値の変動額のようなメトリクスの作成に利用しています。これらのメトリクスを短期/長期の計画シナリオに組み込み、将来的な銀行取引の取引額、プライシング、金利改定日等の見通しを立てています。鎌倉のソリューションにより、IRRBBガバナンスの枠組み内で、金利に敏感な全ての年限のポートフォリオにおいて、弊行のリスク・エクスポージャーの度合いが分かるようになりました」

[画像1: (リンク ») ]



鎌倉コーポレーション副社長 兼 アジア・パシフィック事業担当マネージング・ディレクター、クレメント・オオイ博士 (Dr. Clement Ooi) は、次のように述べています。「玉山銀行は、2016年に導入した鎌倉の行内移転価格(FTP)モジュールの成功によって、弊社の安定感のあるプロフェッショナルなチームに信頼をお寄せいただき、これをALM、IRRBB、バーゼルIII規制のLCR、NSFR等を含めたソリューションにまで拡張することを決定しました。今回のソリューションが完全に実装されると、同行では、絶えず変化する今日の規制動向への対応準備が整うことになります。更に、流動性、資金利益の金利感応度、行内移転価格のポジジョン等に対し、全体像が把握できるシミュレーション・シナリオを作成することができます。鎌倉のモデルと手法は、あらゆる監査要件を満たす照合テンプレートによってサポートされているため、同行が規制のコンプライアンスを達成する上でも、鎌倉の総合企業リスク管理ソリューションをお役立ていただけます」

[画像2: (リンク ») ]

鎌倉コーポレーションのバイスプレジデント 兼 プロフェッショナル・サービス担当ディレクター、フランシス・チェン (Frances Cheng) は、次のように述べています。「鎌倉のポートフォリオには、全ての金融商品の特性を捉えるデータ要素が含まれています。銀行のエクスポージャー全体を、一つの表、一つのデータベースで一元的に把握することで、玉山銀行は、レポートの作成、結果分析、リスク・マトリックスの作成を容易に行えるようになり、同行が持つ台湾国内、香港、シンガポール、ベトナム、米国、東京、ミャンマー、オーストラリアの顧客グループを満足させることができます」

鎌倉コーポレーションの社長 兼 COO、マーチン・ゾーン (Martin Zorn) は、「玉山銀行が選択したのは、弊社の28年を越える研究と製品開発から生まれた、正確なリスク・メトリクスが作成できる、真に統合化された企業リスク管理ソリューションです。鎌倉の企業リスク管理システムは、ユーザーフレンドリーで、環境設定がフレキシブルに行えます。鎌倉のユーザーインターフェイスは、典型的な日常業務を念頭に置いて設計しているため、ユーザーがシナリオの設定や実行をスムーズかつ直観的に行えるのです」と述べています。

玉山銀行(E. Sun Bank)について
玉山銀行 (英語名The E. Sun Commercial Bank, Ltd. 通称 E. Sun Bank) は、本部を台湾、台北市に構えています ( (リンク ») )。1989年、「頂点を極め、ベストを追及」という理念を掲げた、黃永仁 董事長 (フアン ユン=ジェン会長) のリーダーシップの下、少数精鋭のプロ集団が結集。この崇高な目標を実現し一流の銀行になることを目的に、1992年、玉山銀行が創設されました。2001年に成立した金融持株会社法が、2002年1月28日の玉山金融控股有限公司 (E. Sun Financial Holding Company Ltd.) 設立への道を開き、玉山グループ新時代の幕開けとなりました。同行は、設立当初から、そのブランドに対して一貫したコミットメントを示し、総合的な品質管理とサービスの追及に取り組んでいます。
玉山銀行は、商業銀行としての各種商品・サービスを提供しています。例えば、預金の受入、貸付業務、手形・小切手の割引、国内送金、コマーシャル・アクセプタンス、L/C発行業務、銀行保証、証券の保管・管理業務、貸金庫、クレジットカード業務等があります。また、外国為替業務として、一般的な被仕向送金・仕向送金、外貨預金、外貨建て貸付、外貨建て銀行保証、外貨の現金受け渡し、トラベラーズチェックの取扱、輸出入書類の買い取り、等も行っています。
同行は、金融持株会社である玉山金融控股有限公司の子会社として業務を行っています。


鎌倉コーポレーションについて
鎌倉コーポレーションは、リスク・マネージメントに関する情報提供サービス、計算サービス、ソフトウェア開発のリーディングカンパニーです。1990年、日本の茅ヶ崎で設立され、1998年よりホノルルに本社を構えています。Technology Solutions for Credit Risk 2.0 2018 (信用リスクに対するテクノロジー・ソリューション2018年2.0版)によってChartis Reportのカテゴリー・リーダー( (リンク ») )に認定されたほか、World Finance誌の編集者や読者の皆様により、2012, 2016, 2017年度のワールドファイナンス100社に選出されています。2010年には、Credit Magazine誌の二分野のイノベーション・アワードを受賞した唯一のベンダーとなりました。鎌倉リスクマネージャ(Kamakura Risk Manager (リンク ») )は、1993年に市販を開始し、現在はバージョン10.0.3まで改良されています。ユーザーが一つのソフトウェア・ソリューション上で、IFRS 9 及び CECL、ALM(資産負債管理)、IRRBB、市場リスク、FRTB、CVA/DVA、SIMM、ストレステスト、流動性リスク、カウンターパーティ信用リスク、資本の配分等にフォーカスできる、初の企業リスク・マネージメント・システムです。2002年、KRIS上場企業デフォルト確率サービス(KRIS public firm default service (リンク ») )の提供を開始。2008年、世界で初めて、国家のデフォルト確率サービスであるKRISソブリン・デフォルト確率サービス(KRIS sovereign default service (リンク ») )を発表。2011年初頭に、KRIS非上場企業デフォルト確率サービス(KRIS non-public firm default service (リンク ») )の提供を開始し、2014年には、米国銀行デフォルト確率サービス(U.S. Bank default probability service (リンク ») )をそのラインアップに追加しています。

鎌倉コーポレーションは、15億~3兆ドルの資産規模を持つ330社超のお客様に、そのサービスを提供してまいりました。現在、弊社のリスク・マネージメント製品は、世界47カ国でご利用いただいており、米国、カナダ、ドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、スイス、英国、ロシア、ウクライナ、南アフリカ、オーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、スリランカ、台湾、タイ、ベトナム等、その他多くのアジア・欧州・中近東諸国に及びます。

弊社が提供するリスク関連の論評を日次ベースでフォローされたい方は、下記をご参照ください。
鎌倉コーポレーション CEO ドナルド・ヴァン=デベンター博士
Dr. Donald van Deventer (リンク »)
鎌倉コーポレーション 社長 マーチン・ゾーン
Martin Zorn (リンク »)
鎌倉コーポレーション 公式Twitterアカウント (リンク »)

詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
鎌倉コーポレーション
Kamakura Corporation
住所:2222 Kalakaua Avenue, Suite 1400, Honolulu, Hawaii 96815
TEL:1-808-791-9888
FAX:1-808-791-9898
お問合せ:info@kamakuraco.com
Webサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]