Intel 第9世代Coreプロセッサー対応 ASRock社製 Z390チップセットマザーボード 10製品 発売!

CFD販売株式会社 2018年10月09日

From PR TIMES

CFD販売は、ASRockブランドの新製品として、Intel 第9世代Coreプロセッサーに対応したZ390チップセットマザーボードを発売します。



[画像1: (リンク ») ]

■ Z390 Taichiシリーズ
ASRock Z390 最上位モデル Taichiシリーズです。
アルミ合金ヒートシンク、12フェーズ電源やDigiPower、12Kニチコン製ブラック・コンデンサを搭載しています。AQUANTIA(R) 10G /sBASE-T Ethernetの高速10Gb/s LANを搭載した「Z390 Taichi Ultimate」と、価格と性能のバランスを追求した「Z390 Taichi」の2モデル。

Z390 Taichi Ultimate:
(リンク »)
Z390 Taichi:
(リンク »)

[表1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

■ Z390 Gamingシリーズ
ASRock Z390 ゲーミングマザーボードシリーズです。
ゲーマー向けのチューニングが特長で、OC・ネットワーク・サウンドなどマザーボードのグレードに合わせたこだわりの機能を搭載しています。
最上位の性能を有しながら無線機能も搭載した「Z390 Phantom Gaming 9」、無線機能は無いものの"9"に匹敵する性能を備えた「Z390 Phantom Gaming 6」、ゲーミングモデルながらコストパフォーマンスのバランスも追求した「Z390 Phantom Gaming 4」、Mini-ITXモデルながら多くの機能を搭載した「Z390 Phantom Gaming-ITX/ac」の4モデル。

Z390 Phantom Gaming 9:
(リンク »)
Z390 Phantom Gaming 6:
(リンク »)
Z390 Phantom Gaming 4:
(リンク »)
Z390 Phantom Gaming-ITX/ac:
(リンク »)


[表2: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

■ Z390 Extreme4シリーズ
ハイエンドに匹敵するワンランク上の機能と高い品質を実現するミドルレンジ定番モデルです。
ハイエンドモデル同様に、最適化したデジタル制御機構「Digi Power」による12フェーズ回路を搭載し、高いシステム安定性を発揮。サウンドや2スロットのM.2などこだわりの機能も光ります。

Z390 Extreme4:
(リンク »)


[表3: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]

■ Z390 Pro4シリーズ
コストパフォーマンスの高いエントリーモデルの「Pro4」シリーズです。
コストを追求する一方、アルミ合金ヒートシンクや10フェーズ電源など安定性や耐久性にもこだわっています。
ATXモデルの「Z390 Pro4」とMicro ATXモデルの「Z390M Pro4」の2モデルです。

Z390 Pro4:
(リンク »)
Z390M Pro4:
(リンク »)

[表4: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]

■ Mini-ITXエントリーモデル
高いコストパフォーマンスながら、プレミアム60Aパワーチョーク・デュアルスタックMOSFET設計・ニチコン製12Kブラックコンデンサ搭載など、効率的な電源供給で安定動作を実現しています。

Z390M-ITX/ac:
(リンク »)


[表5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]