シェアウィズ フィリピンの日本語学校と提携し、オンライン日本語講座を展開

ShareWis 2018年10月09日

From PR TIMES

日本で介護職を希望するフィリピンの日本語学習者に動画講座を提供

株式会社シェアウィズ(本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、2018年10月より「フィリピン人材創造情報センター:Philippine Human-resources Global Information Center(以下PHGIC)」と提携し、フィリピンの日本語学校向けに、同社のオンライン学習プラットフォーム「ShareWis」を通じて、日本語講座の提供を開始します。



PHGICが提携する日本語学校「Sage Asian Language and Education Center」3校と「Institute for Dementia Care / Jass Sage Language Learning Center」向けに、日本語能力試験試験(JLPT)N5とN4の対策講座とオンライン模試を提供します。各日本語学校では、スクーリングによる授業に加え、生徒全員にタブレットを配布し、「ShareWis」のオンライン日本語講座を提供します。初年度は20校1,000人の受講生に講座を提供する予定です。
[画像: (リンク ») ]


【フィリピンの介護人材の人材育成と日本語能力試験基準について】
フィリピンは、欧米圏を中心に看護師や介護士の人材を多く派遣している国です。
日本では、人口減少、少子高齢化に伴い、国内の介護士が不足する中、介護人材の育成、派遣実績のあるフィリピンからの人材獲得に注目が集まっています。
介護職に就労するために来日する場合、来日を許可するための基準として、介護資格の取得や現場での経験に加え、日本語能力試験N4同等の日本語能力が求められます。また、来日後1年以内に日本語能力試験N3または介護に特化した日本語能力試験に合格することが求められており、介護職に就労する海外人材には、日本語学習に対する高いニーズがあります。

【PHGIC: フィリピン人材創造情報センターについて】
PHGICは約30年間、日本とフィリピンの間の人材の橋渡しを行っている、フィリピンの大学、日本語学校、人材情報センター等で構成されたプロジェクトチームです。
・PHGICの公式サイト: (リンク »)

【ShareWisのオンライン日本語講座について】
ShareWisでは、オンラインで学べる日本語講座として、日本語能力試験 JLPT 対策講座(N5 から N1)や IT ビジネス日本語講座などの講座を多言語で提供しています。
2016 年から提供を開始したオンライン日本語講座の海外の受講生は、個人を対象に1万人を超え、2017 年からは国内約 3,000 人のネイティブ英語講師 ALT(Assistant Language Teacher)を抱える株式会社リンクジャパンキャリアと提携して、法人向けの講座提供を行うなど、個人と法人の両方に日本語学習サービスを提供しています。

【会社概要】


商号: 株式会社シェアウィズ
代表者: 代表取締役社長CEO 辻川 友紀
所在地: 大阪市中央区南久宝寺町3−2−7第一住建南久宝寺町ビル
設立: 2012年2月2日
URL: (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社シェアウィズ 高橋までお願いいたします。
E-mail: support@share-wis.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]