第3回全国小中学生プログラミング大会 第一次審査結果発表

株式会社KADOKAWA 2018年10月10日

From PR TIMES

第2回の1.7倍となる282件もの応募作から、30作品を選出10月21日に最終審査会および「ヤングプログラマーズ・デイ」開催

全国小中学生プログラミング大会(JJPC)実行委員会(角川アスキー総合研究所、UEIエデュケーションズ、NPO法人CANVAS)は、「第3回全国小中学生プログラミング大会」(実行委員長:稲見昌彦氏=東京大学 先端科学技術研究センター教授、審査委員長:河口洋一郎氏=CGアーティスト・東京大学名誉教授、共催=朝日新聞社、後援=総務省〈申請中〉)に応募いただいた282作品の中から、一次審査を通過した30作品を発表いたしました。



夏休み期間の開発を想定した7月1日から9月5日までの募集期間中、北海道から沖縄まで、そして小学 1年生から中学3年生まで、粒ぞろいでバラエティに富んだ多数の作品が寄せられました。応募作品数282件は、昨年開催した第2回(167作品)の1.7倍にあたります。なお本年、全国小中学生プログラミング大会と連携している「U-22プログラミング・コンテスト」では、歴代最多の応募数となる460作品の応募があり、両コンテストで合計742作品の応募となりました。

[画像1: (リンク ») ]



今回の第一次審査で選ばれた30作品の中から、大会審査員による第二次審査によって10作品程度まで絞りこんだ後、10月21日に開催される最終審査会にてグランプリなどの各賞が決まります。

■第一次審査通過作品(全30作品、作品50音順)

[画像2: (リンク ») ]


【最終審査会・表彰式イベント】
第3回全国小中学生プログラミング大会の最終審査会および表彰式を、10月21日(日)にTEPIA(東京都港区北青山2-8-44)で開催します。あわせて、連携するU-22プログラミング・コンテストと合同でパネルディスカッション「IT×教育 質問・相談室」も実施します。

「IT×教育 質問・相談室」は、IT、教育、最新技術、将来の仕事や社会など、みなさまが普段感じている不安や疑問にパネリスト4名が回答します。
質問投稿はこちら →  (リンク »)

結果発表・表彰式とパネルディスカッションの模様は、「U-22プログラミング・コンテスト2018 最終審査会」のニコニコ生放送でご覧いただけます。
ニコニコ生放送配信URL →  (リンク »)

【ヤングプログラマーズ・デイ 2018】
全国小中学生プログラミング大会とU-22プログラミング・コンテストの合同企画として、表彰式と同日にTEPIA 3Fエキシビションホールにて「ヤングプログラマーズ・デイ 2018」を併催します。

本イベントは、大会入選作品の紹介やプログラミング教育に関する展示、初心者から経験者までたのしめるミニワークショップ・VR体験ブースなどを集めた、子ども向けプログラミングイベントです。プログラミング教育に興味のある一般来場者の来場を募ります。合計5つのワークショップ・VR体験を同じ会場で楽しめます(ワークショップ情報は随時更新予定!)。

■出展団体
・LITALICOワンダー
・プログラボ、東京メトロ、JR中央ラインモール
・ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
・株式会社 日本HP
・株式会社アフレル
※ヤングプログラマーズ・デイのワークショップ申し込み →  (リンク »)

■イベントスケジュール(予定)
日程: 2018年10月21日(日)
会場: TEPIA(東京都港区北青山2-8-44)
内容: 12:00~16:30 ヤングプログラマーズ・デイ 2018
    16:50~17:30 全国小中学生プログラミング大会表彰式
    17:40~18:20 U-22×JJPC合同パネルディスカッション「IT×教育 質問・相談室」


■全国小中学生プログラミング大会概要
2020年の小学校段階におけるプログラミング教育の必修化が迫るなか、プログラミング教育への注目が集まっています。これまで全国小中学生プログラミング大会では、アイデアを表現・発信する手段としてのプログラミングの普及を目指し開催しています。2016年に第1回大会を開催し、これまでに400名以上の子どもたちが作品を応募、または関連イベントに参加しています。

■第3回全国小中学生プログラミング大会 開催概要
主催: 全国小中学生プログラミング大会実行委員会
   (株式会社角川アスキー総合研究所、株式会社UEIエデュケーションズ、NPO法人CANVAS)
共催: 株式会社朝日新聞社
協賛: 株式会社イシダ、株式会社オークファン、ソウルドアウト株式会社、株式会社日本HP
協力: オールナイトニッポン.com
サポーター:株式会社アフレル
後援: 総務省(申請中)

大会実行委員長:稲見昌彦(東京大学 先端科学技術研究センター教授)
実行委員:  遠藤 諭(株式会社角川アスキー総合研究所 主席研究員)
       清水 亮(株式会社UEIエデュケーションズ 代表取締役会長)
       石戸奈々子(NPO法人CANVAS 理事長)
審査委員長: 河口 洋一郎(東京大学名誉教授、アーティスト)

■公式サイト
全国小中学生プログラミング大会  (リンク »)

■参考リンク
U-22プログラミングコンテスト  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]