【11月7日開催】「第13回BPMフォーラム2018(日本BPM協会主催)」にて講演

エル・ティー・エス 2018年10月10日

From PR TIMES

『改革活動の実効性と効果を高める方法~変化に対応できる体制を構築する~』

株式会社エル・ティー・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:樺島 弘明/以下、LTS)は日本ビジネスプロセス・マネジメント協会が主催する「第13回BPMフォーラム2018 “働き方改革”を支える「生産性向上」を追求~BPM/BPMSが「RPA」「AI」の真価を発揮させる~」にて、当社シニアマネージャー島野陽介が「改革活動の実効性と効果を高める方法~変化に対応できる体制を構築する~」をテーマに登壇することをお知らせします。



【フォーラム開催概要】
概要:BPMフォーラムは2006年から毎年開催されており「プロセス変革」の重要性を発信し続けています。
2019年4月に「働き方関連法案」の施行が決まったことを受け、今回のフォーラムでは「働き方改革」を「生産性」の視点でとらえ直し、BPMの技術を活かした向上策を追求する内容となっています。
また、近年、業務改革ツールとして注目されている「RPA」「AI」を活用し業務プロセスの自動化を実現する最新の方策について紹介するコンテンツ構成になっています。
LTSからはシニアマネージャーの島野陽介が登壇し、最新の事例を基に、自律・継続する改革活動の進め方を解説します。

日時:2018年11月7日(水)9:30~17:30
会場:JPタワー ホール&カンファレンス (東京都千代田区丸の内2丁目7番2号)
アクセスマップ: (リンク »)
参加費:有料(※事前登録制)
主催:一般社団法人日本ビジネスプロセス・マネジメント協会
特設ページ: (リンク »)

【セミナー参加申込方法】
以下の申込みフォームから必要事項をご記入のうえお申込みください。
(リンク »)

【セミナー内容】
■テーマ
改革活動の実効性と効果を高める方法~変化に対応できる体制を構築する~

■内容
1. BPMを取り巻く課題 ~最近の事例をもとに紹介~
2. マネジメント・組織の壁を乗り越える
3. 実効性を高めるためのBPRアプローチ
4. 改革に向けた外部の活用方法と役割分担
業務改善に有効なツールやテクノロジーが注目されていますが、効果を出すには「マネジメントや組織の壁」を超えた施策、「個人や部署の限定的な改善」を超えた目的ベースのアプローチが不可欠です。最近の事例を踏まえて、自律・継続する改革活動の進め方を解説します。

■登壇者
島野 陽介 (株式会社エル・ティー・エス Business Development & Insights部 シニアマネージャー)
SIerにて約15年間システムエンジニア、ITコンサルタント、プリセールスなど、サービス開発/販促/営業・提案/業務アセスメント/IT企画・構想/要件定義/設計/開発/テスト/移行/運用支援まで、ITサービス提供の全ての工程を経験。2015年より株式会社エル・ティー・エスにおいて、業務変革支援や事業戦略立案支援などのビジネスコンサルティング業務に従事。

【株式会社エル・ティー・エスについて】
「お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで戦略の実行にコミットする」をサービスポリシーとし、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する企業です。ビジネスプロセスマネジメントと先端テクノロジーへの知見を通じて、自律・継続性を踏まえた実効性のある変革支援サービスを提供しています。
東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:6560)
<会社概要>
代表者: 代表取締役社長 樺島 弘明
設立: 2002年3月
資本金: 459,100,600円(2018年6月30日時点)
所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル3階
URL: (リンク »)
事業内容: プロフェッショナルサービスの提供
(コンサルティング、ビジネスプロセスマネジメント、デジタル活用サービス)
ITプラットフォーム「アサインナビ」の運営
(ITビジネスコミュニティ、採用・人材育成、M&A支援、メディア運営)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]