AWSのクラウド型コンタクトセンターサービスAmazon ConnectとAI音声認識ソリューションAmiVoice Communication Suiteが連携

株式会社アドバンスト・メディア 2018年10月10日

From PR TIMES

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)のコールセンター向けAI音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite」とアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のクラウド型コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」が連携し、サービス提供に合意したことをお知らせします。

Amazon Connectは、あらゆる規模の顧客窓口をセルフサービスで構築し、より良いサービスを低コストで提供できるクラウド型のコンタクトセンターサービスです。今回の連携により、Amazon Connectの利用者に対し、AI音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite」を迅速に、より多くのお客様へ提供することが可能になります。

「AmiVoice Communication Suite」は、230社を超える導入実績を誇るコールセンター業界シェアNo.1のAI音声認識ソリューションです。音声認識技術AmiVoiceによる通話の全文リアルタイムテキスト化に加え、感情解析機能、管理者による複数通話同時モニタリング、オペレーター業務支援等、多数の機能を備えており、応対品質と顧客満足度の向上を支援します。
Amazon Connectとの連携により、通話のリアルタイム型、及び、バッチ型STT環境のスピーディーな提供を実現いたします。AWS上に「AmiVoice Communication Suite」のサーバーを全て構築するため、業務の拡大・縮小による席数の増減等は勿論、「AmiVoice Communication Suite」の最新バージョンの提供など、柔軟な提供形態が可能になります。

今回の連携は、これまでの弊社の豊富な実績に加え、認識率・操作性などを総合的にご評価頂き、実現したものです。アドバンスト・メディアでは、業務がますます高度化・多様化していくコールセンター業界に対し、今後も革新的な製品開発と提供を行い、お客様の声が価値となるサービスを展開してまいります。

【AmiVoice Communication Suite 概要】
コールセンターで生まれる“声”をひとつのデータベースに集約し、さまざまな活用を可能にした業界No.1のAI音声認識ソリューション。お客様との会話をリアルタイムで文字化し、VOC(Voice of Customer)分析や通話モニタリング、コンプライアンス対策にも活用することが可能です。また、オペレーターが会話の中で必ず述べなければいけない必須ワードを画面に表示して発話を促したり、あらかじめ設定したNGワードを発話した際には管理者、オペレーターの画面に警告を表示したり、音声キーワード検索なども行うことができるため、応対品質の向上にもつながります。
(リンク »)

以上

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア CTI事業部
TEL:03-5958-1091
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]