Scalar DBをオープンソースソフトウェアとして公開

株式会社Scalar 2018年10月10日

From PR TIMES

分散データベースソフトウェアであるScalar DBをオープンソースソフトウェアとして公開いたしました

株式会社Scalarは、10月10日付で、分散データベースソフトウェアであるScalar DBをオープンソースソフトウェアとして公開いたしました。

株式会社Scalar (本社:東京都中央区、代表取締役社長:村越高王、以下Scalar社) は、10月10日付で分散台帳ソフトウェアであるScalar DLTの構成要素である分散データベースソフトウェアScalar DBをオープンソースソフトウェアとして公開しました。

Scalar DBは分散ストレージの抽象化層と当該ストレージに対する分散トランザクション機構からなるJavaライブラリです。Scalar DBを介してCassandraを始めとするACID準拠でない分散データベースを操作することにより、ACIDなトランザクションの実行を可能とします。

Scalar DBはAffero General Public License (AGPL) のもとで公開されます。詳細については下記リンクをご参照ください。

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]