西日本新聞が福岡市長選に向け「PoliPoli」に記事提供

株式会社西日本新聞社 2018年10月15日

From PR TIMES

西日本新聞が福岡市長選の記事を政治アプリ「PoliPoli」に提供します



 西日本新聞社(本社:福岡市、社長:柴田建哉)は15日から、福岡市長選(11月4日告示、18日投開票)に関する記事を、市民と政治家がつながる交流アプリ「PoliPoli」に提供いたします。10~30代の利用者が多い「PoliPoli」と連携することで、より幅広い世代に情報を提供でき、福岡市長選への関心が高まることを期待しています。

■PoliPoli(ポリポリ)概要
 ポリポリは、慶応大学2年・伊藤和真さん(19)が開発したアプリです。誰もが政治・行政にアクセスできるコミュニティづくりを目指しています。政治家が政策や経歴を発信するほか、市民と政治家が社会問題や地域課題について自由に議論できるツールです。
福岡市長選では特設ページを設け、立候補者の基本情報や独自コンテンツとともに西日本新聞の記事を掲載します。福岡市の学生団体とも連携し、選挙を盛り上げるためのイベントなどを予定しています。
PoliPoliアプリダウンロードはこちら  (リンク »)

[画像: (リンク ») ]


西日本新聞  (リンク »)
福岡市長選特設サイト  (リンク »)

【本件に関する問い合わせ先】
西日本新聞メディアラボ・デジタル報道部
山田 TEL 092-711-5225

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]