編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

パフォーマンス計測「SpeedCurve」提供のお知らせ

株式会社ドーモ

From: PR TIMES

2018-10-15 11:40

自社Webサイトの表示スピードがどのような状況かを理解されていますか?SpeedCurveは、Eコマースにとって欠かせない表示スピードを測定し、サイト改善を追求し続けるための計測ツールです。



株式会社ドーモ(東京・築地 代表取締役 占部雅一)は、10月15日、Web表示スピードの状態を把握するための、Saas型パフォーマンス計測サービスを行うSpeedCurve社(本社ニュージーランド・オークランド)と業務提携を行い、日本における正規代理店として、同社のSpeedCurveの販売、サポート、およびWebのパフォーマンス改善に対するコンサルタントサービスを提供していくことをお知らせします。

[画像1: (リンク ») ]


9割の利用者が自社Webのパフォーマンスを把握していない現実
Webの表示スピード、つまりいかに速く表示させ、快適に操作できるかは、ユーザー体験(UX)を高めることはもちろん、売上げ、コンバージョンを追求する上では欠かせない条件の1つです。
しかし、日本のモバイルwebの表示スピードは極めて遅いのが現状です。現在、Googleやamazonなど世界のオピニオンリーダーが、操作を開始してから3秒で表示させることを推奨する中、20秒も30秒も表示に時間がかかってしまうサイトは少なくありません。1つの原因には、パフォーマンスを客観的にモニタリングする環境がなかったことがあります。驚くことに、大企業のWeb担当者でも、自社のパフォーマンスの状態をほとんど把握できていません。今後は、Googleアナリティクスなどのアクセス解析に加えて、パフォーマンス計測をおこなっていくことが欠かせないWebマーケティグの条件となってきます。

SpeedCurveの特徴
SpeedCurveには、Syntheticと呼ばれる合成モニタリングとRUM(RealtimeUser Monitoring)と呼ばれる実測を行う2つの機能があります。(現在、RUMは準備中となります。)Syntheticのメリットは正確性であり、インターネット経由で計測しているので、サードパーティの影響もチェックできます。また能動的にWebサイトにアクセスして計測するため、エラーの検出が可能です。
SpeedCurveにはいくつかの特徴がありますが、ひと言でいえば、オープンソースのWebpagetestやGoogleのlighthouseを取り込み、時系列に計測が可能です。しかもビジュアライゼーションにより感覚的に状況を把握しやすいというところにあります。
従来の計測サービスでは、時系列での計測には人的コストがかかりました。メルマガ配信、夜間のピークタイム、土日のセールタイムなど、Eコマースにおいては、ビジネスタイム以外の状態チェックが非常に重要です。
SpeedCurveでは、予め設定を行うことでビジネスタイム以外の計測も実施することが可能です。継続的に計測を行うことで、Webにアクセスするユーザーがどのような状態にあるかを常に客観視することができます。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


その他の特徴
フィルムストリップ機能:モバイル、タブレット、PCのサイト表示の状態を明らかにします。
アラート機能:レンダリングブロックの数々のリソース要因をお知らせします。
競合他社との比較で、どのようにレンダリングされているかを視覚化します。
従来のサービスに比べて低コストで運用可能。月額8万円~ 従量課金制


[画像4: (リンク ») ]

"Webをもっと速く、そのためには正確な計測が重要です"
SpeedCurve CEO マーク・ゼマン氏

Web表示を速くすることは当たり前ですが、ピークタイムやメルマガ配信で起こるスパイク時の表示スピードが、どのようになっているのかを大半のユーザーは把握していないのが現実です。購入(アクセス)が少ない時間帯の計測は意味があまりないのです。私たちのサービスは、人の手を借りるのではなく、時系列にモニタリングし、分析することを手助けします。ぜひ一度SpeedCurveを利用し、貴社の遅延原因をモニタリングしてみてください。

[画像5: (リンク ») ]

計測するだけでなく、実行をともなった唯一のサービスを目指して
DOMOパフォーマンス・エバンジェリスト、エンジニア  種村和豊

SpeedCurveは、他社製品に比べて、ビジュアライズできたり、継続な測定が一般的なツールを利用しながらできる点など、エンジニアに限らずマーケッターでも直感的に把握しやすいところにあります。私自身は、長年、別の事業会社にてスピード改善に取り組んでいますが、その経験を元に、実行プランをともなったスピード改善を提供していきます。


ドーモについて 「U5プロジェクト 5秒以内の表示提供を目指して」
ドーモは、2012年以来、モバイルwebのUI、表示スピードの最適化を実現する「モビファイ」を提供してきました。パフォーマンス改善はeコマースでの売上げに直結する基本性能であることを提唱し続けてきました。
ドーモは、このたび「U5プロジェクト」を立ち上げ、5秒以内での表示をお客様と一緒に実現するサービスを提供しています。従来より培ってきた「UIの改善サービス」と併せて、両面からモバイルWebの改善を提供していきます。

詳しい内容は、
(リンク »)
(リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ドーモ モバイルサービス部
mail:mobify@domore.co.jp
Tel: 03-6228-4616

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]