ビーウィズ、アイブリット、ストックマーク3社が業務提携

株式会社パソナグループ 2018年10月15日

From PR TIMES

AIでコンタクトセンターの対話を解析するサービスで協業

パソナグループのビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西村浩)と株式会社アイブリット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木道一)とストックマーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:林 達)は、10月15日(月)に三社間で業務提携し、コンタクトセンターの対話をAIで解析し経営の意思決定に貢献する対話データ活用ソリューションサービスの提供に向けて協業いたします。

昨今のAI機能の進化により、カスタマーサービス・コンタクトセンタービジネスにおける音声認識による対話内容の自動テキスト化は、普及拡大を続け標準的なシステムとなることが予想されております。
従来の音声録音を元にした人的作業では、膨大な対話内容から様々な傾向を把握する処理には限界がありましたが、音声認識による自動テキスト化により、顧客ニーズを正確かつ迅速に収集する事が可能となりつつあります。

ストックマークは、東京大学大学院情報理工学系研究科におけるテキストマイニングやディープラーニングの研究を元に創業した東京大学初のベンチャーです。最先端のAIテクノロジーを活かし、企業向けWEBニュース配信サービス「Anews」の開発・運営をはじめ、AI関連ビジネスのコンサルティング事業「AIアルケミスト」、及びAIシステム開発事業を展開しています。
ビーウィズは、2017年11月にグループ会社であるアイブリットが開発したテレフォニーシステム「Omnia LINK(オムニアリンク)」にリアルタイム音声認識機能の追加を発表し、これによりコンタクトセンターでの運営において、対話データを解析することが可能となりました。今後は、対話データ解析の充実をより一層図り、クライアント企業の事業戦略の意思決定に提言するソリューションサービスを強化することで、コンタクトセンターエージェンシーとしてさらなる付加価値の提供を目指してまいります。

ビーウィズのコンタクトセンター事業者としてのノウハウ、またアイブリットのクラウド型トータルテレフォニーソリューションにおける技術力、そしてストックマークの自然言語処理における知見を融合することで、新たな付加価値サービスの展開が図れる可能性があると考えております。

この度の業務提携を通じて、顧客の声が集まるコンタクトセンターにおけるお客様の潜在的ニーズをとらえ、企業の経営に貢献するコンタクトセンターを実現すべく、対話データソリューションサービスの提供に向けて取り組んでまいります。

■ 参考
<ビーウィズ株式会社>
所 在 地: 東京都新宿区西新宿3-7-5 新宿パークタワー32F
設 立 : 2000年5月12日
代 表 者: 代表取締役 西村 浩
事業内容: 
BPOサービス(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)コールセンターサービスデジタル/AIソリューション販売


<株式会社アイブリット>
所 在 地: 東京都渋谷区渋谷3-8-10 JS渋谷ビル4階
設  立: 2001年9月10日
代 表 者: 代表取締役 鈴木 道一
事業内容: Omnia LINKの企画開発


<ストックマーク株式会社>
所 在 地: 東京都渋谷区桜丘町31−14 岡三桜丘ビル501号室
設  立: 2016年11月15日
代 表 者: 代表取締役CEO 林 達
事業内容: AI技術を活用したニュース配信及びブックマーク管理サービスの運営

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

株式会社パソナグループ

株式会社パソナグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]